小西統合医療内科 小西康弘先生 大阪市北区

川の流れに例えると、病気という現象が発生しているのは下流である。いくら下流で対症治療しても、病気の原因となる中流や上流が変わらなければ、根本的な解決にはならない。だから患者さんが中流、上流を探検できる場をつくろう! という理念で小西康弘先生は開院されたのが2013年5月です。

小西統合医療内科 小西康弘先生
地下鉄御堂筋線 中津駅2番出口すぐの立地にあります


自己治癒力を高める中流へのアプローチとしては、分子整合栄養医学、機能性医学、漢方、還元電子治療などを導入。

小西統合医療内科 小西康弘先生
ここで還元電子治療が受けられます


上流のこころ、意識にはカウンセリング、シータヒーリング、サイモントン療法を導入されています。

小西統合医療内科 小西康弘先生
カウンセリングルーム

小西統合医療内科 小西康弘先生
患者さん説明用の資料を見せてくださる小西先生


詳細記事(ガンの辞典に掲載予定)をお楽しみにしてください。

小西統合医療内科 小西康弘先生
受付前で小西先生(左)と編集長


病気という川の流れ・・・下流・中流・上流のことがよくわかる小西先生の著書
「自己治癒力を高める医療」




◆小西統合医療内科の公式サイトはこちら!










 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

e-クリニック 岡本裕 先生 大阪市

e-クリニック


クリニックと名はついているものの治療は行っていません。医療全般を俯瞰し、適切な情報を発信する機関です。著書、セミナー、ネットを介して患者や一般の生活者が自立した健康観、治癒観を養い、実践することを目指した活動をされています。

岡本裕先生は脳外科医として腕を奮いながら、メスだけでは治らないことを痛感していた。現代医療の限界を感じていたところに阪神淡路大震災を経験。無常観を抱きながら、人間としてどう向き合うか深慮された。それがe-クリニックの前身となる「21世紀の医療・医学を考える会」設立のきっかけとなったのです。

独自のスタンスで医療情報発信活動を行っている岡本先生にお会いしてきました。
(記事が出来上がりましたら、ガンの辞典にて掲載します)


◆e-クリニックの公式サイトはこちら!


岡本裕先生の著書「9割の医者は、がんを誤解している!」







 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

みうらクリニック 三浦直樹先生 大阪市北区

みうらクリニック院長 三浦直樹先生を一言で表すなら、「医学に縛られていないお医者さん」

杉浦貴之さんとのコラボイベントの際に面識があり、Facebookでの発信などから三浦先生のイメージは抱いていましたが、インタビューしてみるとまさに上記の表現になります。

ご自身でも「医者であることのこだわりがゼロ(0)」と仰っていましたが、それは診療のキモを患者さんの“人間力"に置いているからではないかと思います。

現代版シャーマンのようなお医者さんですね。

大阪市北区 みうらクリニック
三浦直樹先生(右)と編集長


三浦先生とのガン対談は、後日ガンの辞典にて掲載します。
お楽しみに!


◆みうらクリニックの公式サイトはこちら!











 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

赤坂腫瘍内科クリニック 森吉臣 先生 東京都港区

オゾン療法による血液クレンジングの第一人者 森 吉臣先生が総院長を務められる赤坂AAクリニック(医療法人社団 健若会:東京都港区)は、アンチエイジング専門の医療機関。

赤坂腫瘍内科クリニック 森吉臣先生
クリニックはTBS、赤坂サカスの目の前にあるビルの4階

赤坂腫瘍内科クリニック 森吉臣先生


とはいうものの、アンチエイジングに用いる活性酸素対策や酸素リッチな血液循環、免疫力向上、ミトコンドリア活性化は、ガンが住みにくい体内環境づくりに通じます。ガン患者さんが根本的解決を求めてクリニックを訪れるのも頷けます。

赤坂腫瘍内科クリニック 森吉臣先生
オゾンによる血液クレンジングの説明

赤坂腫瘍内科クリニック 森吉臣先生
がん幹細胞をターゲットにした免疫細胞療法の説明


さすがに同じ場でアンチエイジング目的の方と増え続けるガン患者さんを施術するには限界を感じた森先生は、1年ほど前に4階をガン専門のクリニックにされました。「赤坂腫瘍内科クリニック」の誕生です。この度、森先生に同クリニックにおけるガンへの取り組みについてお話を伺うことができました。

赤坂腫瘍内科クリニック 森吉臣先生
院長の森吉臣 先生


*記事は「ガンの辞典」にて掲載を予定しています。
→こちらに掲載しました!

◆「赤坂腫瘍内科クリニック」の公式サイトはこちら!









 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

なごやかクリニック 岡田恒良先生 14/04/03

4月3日、名古屋のガン患者会「NPO法人 いずみの会」の顧問でもある岡田恒良先生(なごやかクリニック)を訪ねました。15年前、現代医療の第一線を退き、自然医学を探求されています。(現代医学を否定されているわけではありません) 岡田先生は様々な自然療法、自助療法、健康法に精通されており、健康観のベースは千島学説を根幹に据えています。

なごやかクリニック 岡田恒良先生
ご自身の医療観について語られる岡田恒良先生


現在、クリニックでの診療は在宅のみ。今までの医師としての経験、幅広い見識を以って、ガンや難病などの医療相談(有料)をされています。また4年前(2010年)に設立された「名古屋醫新の会」を主宰。月2回ほど、クリニックと同じビルの2階の健康スタジオで健康講座を開催されています。

なごやかクリニック 岡田恒良先生
名古屋市中区丸の内にあるクリニックと健康スタジオ

なごやかクリニック 岡田恒良先生
今月の講座は「ミトコンドリアを高める食事療法」


講座は1月に地元の中日新聞でも紹介されました。『「自立した健康人」を育てる』というタイトルの記事の中で、
「おぼれかけた人に手渡す浮輪のようなものが西洋医療。本当の健康づくりとは、浮輪がなくても大丈夫な泳ぎ方を教えるのが役割だと思っています」
と語られています。(↓)

なごやかクリニック 岡田恒良先生


岐阜県の飛騨木曽川国定公園内の鬼岩温泉(岐阜県土岐市)にて、ガン患者さんのためのリフレッシュツアーも企画中。今後の活躍がますます楽しみなお医者さんです。

ガンの辞典「親身に相談にのってくれる医師」のコーナーに記事掲載予定しています。


◆なごやかクリニックの公式サイトはこちら!

◆名古屋醫新の会の公式サイトはこちら!

◆ガン患者会「NPO法人 いずみの会」の公式サイトはこちら!













 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

堀口医院 堀口裕先生 香川県坂出市

香川県坂出市 堀口医院
香川県坂出市 堀口医院

香川県坂出市 堀口医院
讃岐富士



目の前に讃岐富士がそびえる香川県坂出市の堀口医院。院長の堀口裕先生を訪ねました。2年前の10月に名古屋で開かれた堀口先生の講演会(「細胞内診療〜細胞内検査と還元電子治療〜」)では、病気を生みだす“病気の根っこ”を抜く科学的な手法を解説してくださいました。

香川県坂出市 堀口医院
堀口先生は本当に温厚なお医者さんなんです


終始、物腰の柔らかい穏やかな口調でお話しをされる堀口先生でしたが、その理論はたいへんわかりやすく合点のゆくものでした。この講演の記事をお読みになられたお二人のお医者さんが、坂出市の堀口医院に見学に行かれ、堀口先生の細胞内診療を導入されました。

香川県坂出市 堀口医院
自己防御力診断と改善法について解説する堀口裕先生

坂出市 堀口医院 堀口裕先生

坂出市 堀口医院 堀口裕先生
一週間前の11月8〜10に中国広州で開催された国際学会の「自然療法部会」で堀内先生が発表されています。


という経緯もあり、いずれ四国に渡らねばと思っていたのですが、この度満願成就となりました。(笑)

年内の記事掲載を目指します!
→堀口先生との対談記事、掲載しました!(こちら!)


◆堀口医院の公式サイトはこちら!

◆細胞内診療について書かれている書籍













 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

ささえるクリニック岩見沢院長 村上智彦先生

ささえるクリニック 村上智彦先生
JR岩見沢駅すぐの有料老人ホームに併設されているクリニック



著書から受ける印象そのまま熱血な語り口。しかしながら、その主張は冷静でクリアで理にかなっている。そして人間に寄り添っている。

財政破綻した夕張で体を張った。何に対して? 既得権益、依存体質、過剰医療、管理主義、低い健康意識・・・。

村上先生の活動はシンプルだ。
【必要か必要でないか】
【責任を取るか取らないか】
【しっかり向き合うか目を背けてやり過ごすか】

日本の将来を見据えた「ささえる医療」は、医療・福祉・介護従事者、地域住民が主体となる。地域やそこに住む人々個々の“物語”を重んじることで、各人が地域と住民をささえる。それは取りも直さず病人や要介護者として医療や介護を施すのではなく、一つひとつの人生をリスペクトするケアである。

医療現場に蔓延る治療至上主義、生命至上主義は、時に過剰医療となり、必ずしも豊かな医療とはいえない。そのことを施す側も受ける側も、今こそちゃんと考え見直してみよう。

ささえるクリニック 村上智彦先生
村上智彦先生(中)、地元岩見沢でラフターヨガ活動をされている松川さん(右)と編集長



村上智彦先生は、NPO法人 ささえる医療研究所 代表としても活動されています。
村上先生のブログはこちら!


◆村上智彦先生の著書 「医療にたかるな」













ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

響きの杜クリニック 札幌市中央区


こんもりとした森が佇む札幌 円山公園。その森に寄り添うように、もうひとつの杜があります。

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
円山公園には原始林があるんですね

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
響きの杜クリニック外観

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
8月2日に訪問。札幌はまだ紫陽花が真っ盛り


こころとからだ、こころとこころ、からだと環境の響きあいを願う医療の杜です。

西洋医学と代替医療を採り入れた統合医療を実践。1階は通常診療のクリニック。響きの杜 ポポロという名のついた2階のスペースでは、各種セラピー、セッション、気功教室などが催されます。嵐の湯という温熱ルームも併設されています。ポポロはとっても居心地がいいんですよ。

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
1階のクリニック待合室

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
レストルーム横の洗面台 おしゃれ!

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
2階窓辺 くつろげます。 カフェみたい

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
セラピー、セッション、教室の案内カード

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
やっぱりうまく撮れなかった(--) 15種類の薬石を敷き詰めた床に横たわり温泉ミストに身を包む温熱ルーム



当日は午後6時半から気功教室が開催。西野流呼吸法の先生が指導されていました。参加者が皆さん女性だったので、体験するのは遠慮しました(^^;;

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
2F ポポロにある多目的スペース 当日は午後6時半から西野流呼吸法をベースにした気功教室が開かれました。診療が終わった西谷先生も参加。総合病院勤務時代から患者さんに気功を教えてた。今ではお弟子さんが指導者になっているそうです。



8月に入ったばかりの札幌。この日は夜になると半袖ではちと冷んやりでしたが、響きの杜は温もりに包まれていました。

響きの杜クリニック  西谷雅史院長
西谷雅史先生(左)と編集長  ポーズの取り方、西谷先生に指南頂きました(笑)


西谷雅史院長とのガン対談記事は、後日ガンの辞典に掲載予定。たっぷり語って頂きましたので、編集にはかなり時間がかかります。悪しからず(笑)
→西谷院長とのガン対談記事、出来上がりました!こちら!


◆響きの杜クリニックの公式サイトはこちら!
(現在は産科・婦人科なのでガンの相談は女性が対象になります)








ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


高橋ファミリークリニック 名古屋市緑区

名古屋市緑区の高橋ファミリークリニック。院長の高橋信雄先生の専門は糖尿病です。ガンの辞典の小澤がなぜ糖尿病専門医を訪ねたのか?理由の一つは、こちらのクリニックで「分子整合栄養医学」による診療を行っているからです。

高橋ファミリークリニック
閑静な住宅街の中にあるクリニック


分子整合栄養医学とは、栄養素という分子がどのように代謝され人体内で役割を持ち、正常な細胞をつくること、そして機能させることに関わっているかを追求した医学です。
「参照:栄養療法

分子整合栄養医学の優れた点は、60項目以上の血液検査を生化学に基づいて追求し分析することで、不足している栄養素、病態改善を目的とした積極的な摂取が望まれる栄養素を判断することです。

つまり現在行っている療法(食事、サプリメント、日常生活改善など)を評価する指標としても有用と考えられるのです。ただし、この医学を採用している医療機関は全国にも僅かなのです。

ということで訪問して参りました。(後日、記事掲載予定)


高橋ファミリークリニック
院長の高橋信雄先生



◆高橋ファミリークリニックの公式サイトはこちら!





ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料




【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

ハズしまぶくろクリニック院長 島袋隆先生


昨年10月、大阪府茨木市に開業されたハズしまぶくろクリニック。京都のガン患者の会ASUKA主催の講演会で初めてお会いした島袋隆先生が院長です。

◆講演会の記事はこちら!


ハズしまぶくろクリニック院長 島袋隆先生ハズしまぶくろクリニック院長 島袋隆先生
クリニックはこのビルの3階        エントランス



初回面談に最低2時間はかけるという島袋先生の軸は、「どんな治療をするのかより、いかに患者さんの魂が喜ぶか!」

外科医としてガンに真っ向勝負を挑んできた臨床経験、現代西洋医学とは違った視座からのガン解釈、人体の生理メカニズム、また生病老死という自然の循環の一部にある生命の意義などから、自分が受けたい医療を追求し施そうとしています。

その根底には「人体の素晴らしさ。生命へのリスペクト」が溢れています。
将来は「癌哲学科」を標榜したいと仰る島袋隆先生です。

ハズしまぶくろクリニック院長 島袋隆先生
柔和な島袋隆先生(左)と編集長



記事お楽しみに!
→2013年5月 対談記事掲載完了しました!(こちらから!)


◆ハズしまぶくろクリニックの公式サイトはこちら!








ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 image2
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM