『「がん」では死なない「がん患者」 栄養障害が寿命を縮める』 東口盪屐仝文社新書

7〜8年前、分子整合栄養医学をかじった(程度です)経験から、本書(代謝栄養学をベース)の内容には合点しました。当時、医療機関が分子生物学的アプローチを導入すれば、医療は患者さんの負担を軽減でき、より効率的な治癒を為し得るだろう。そう感じました。だって、現代医学は化学的な反応を求める手法ですから、生化学(生体の化学)をないがしろにしてはいけないでしょ。

 

ですから、本書を読み始め、僭越ながら、嬉しくなりました。

 

研修医当時、東口先生は、肝臓ガンの患者の術前術後も管理を任せられます。すると、術後の回復に差があることに気付く。やせて筋肉が細った人ほど術後の合併症が多く、さらにやせていく。「どうすれば術後の回復が順調にいくのだろう?」「患者さんを歩いて家に帰れるようにするには、どうすればいいのだろう?」 東口先生は栄養に着目し、代謝栄養学の勉強を始めます。その後、米国シンシナティ大学で2年間、代謝栄養学の研究をされました。

 

帰国後、勤務先の病院で栄養管理の重要性を提唱するも、“栄養軽視”の日本の医療現場では賛同を得にくかった。それでも、予後の改善、終末期患者さんの生存期間延長、院内感染予防など、徐々に成果が出てきました。

 

ガン患者さんの8割がガンそのものでなく、感染症が原因で亡くなっている事実。それは、ガンだからしょうがないのではなく、栄養不良による代謝障害がもたらす免疫機能の低下に因を発している。適切な栄養管理によって、「寿命が尽きる前に死んでしまう人を減らす」ことができる! 東口先生は、次のようなことに取り組まれました。

 

・臨床の場に代謝栄養学に基づく栄養管理を導入
・全科型栄養サポートチーム(NST)設立
・術前からの栄養管理
・口から栄養を取ること目指す(適宜、経静脈栄養、経腸(管)栄養も利用する)
・口腔ケア
・栄養剤の開発

 

本書には、参考になる点が多々ありますが、一つご紹介しましょう。

 

「肺ガンやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の場合、呼吸が苦しく、一生懸命息をしなければならないため、呼吸筋が大量のエネルギーを消費してしまう。体力や食欲が低下していて栄養を十分に摂れないと、呼吸筋が細ってさらに呼吸が苦しくなるという悪循環に陥いる。加えて、免疫機能が低下して肺炎など感染症にかかるリスクも高くなる」

 

栄養管理は、本来の生体機能を損なわないためのメソッドです。ガンがあっても、人として人生を生き切るための基本条件を整える。それは、とても幸せな医療と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


「最期の晩餐〜がん治癒へのターニングポイント」 藤岡靖也+藤岡典代 グッドブックス

熊本県上益城郡で開業されている藤岡医院の取り組みに、脳ではなく臓腑が頷く!

「がん」×「最後の晩餐」というキーワードの掛け合わせからは、終末期のがん患者さんが人生最期にいただく食事のことか?!、と早合点してしまうかもしれない。しかし表紙のメインタイトル横には、「〜がん治癒へのターニングポイント〜」と添えられている。本道佳子さん(料理人、NPO法人 国境なき料理団代表)提供の「最後の晩餐・食事会」は、“食を通して力強く今を食べ、今生きていることを感じてもらう”ことをテーマにしている。それは、ガンに縛られ、治療に縛られ、食生活に縛られている患者さんたちの心をゆるめ、今を生きることに喜べる感謝の食事となる。生きることへエネルギーを注ぐことに転換した患者さんは、本質的な治癒が開花することも稀ではない。

藤岡医院は、地元に根差した医療機関でありながら、がん治療部門が設けている。温熱療法、心理療法、免疫療法などを導入されている。標準治療だけでカバーできない患者さんに、対応できるツールを持っている。しかし最大の特徴は、靖也院長と典代夫人(薬剤師・サイモントン療法認定スーパーバイザー)の立ち位置が、一歩も二歩も、いやそれ以上、患者さん側に寄っていることである。









ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 

末期ガン科学者の生還 向井楠宏 カロス出版

10年前(2006年8月)、末期の胸腺ガンで余命を宣告された著者は、金属学を専門とする工学博士。長年、九州工業大学の教授として精力的に研究に教鞭に携わってこられた、いわば“バリバリ”の科学者である。

しかしながら、自身のガン治しについては、西洋科学を見限ったのである。もっとも、そこは筋金入りの科学者。代替医療の見極めに、研究者魂を発揮されている。ガンという病気対象視点から、いかに健康になるにはというテーマに視点を移行すると、西洋医学が必ずしも満足のいく回答を出していないことを看破した。

できてしまったガンだけではなく、ガンが発生するメカニズムに着眼すると、代替医療の背景となる理論に納得できたのだ。そしてリサーチと実践を重ね続けることで、余命3〜6ヶ月と診断されてから10年(2016年現在75歳)が経過している。(本書の上梓は2012年)

あなたのお近くにいる「科学至上主義」の患者さんが、治療にちょっと迷いを持たれていたら、お勧めしたい一冊である。


 





ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料


「がんでも長生き 心のメソッド」 保坂隆 今渕恵子 マガジンハウス

聖路加国際病院 精神腫瘍科部長 保坂隆医師と、2014年11月にステージ4の乳がんと診断された今渕恵子さんの共著。今渕さんが、コピーライターとして活躍されていることもあって、出版に至りました。

「精神腫瘍科」は、がんによってダメージを受けた患者さんの心のケアを専門に行います。患者さんのメンタルケアや精神状態を評価し、サポートや治療をします。さらに、ご家族や周囲の人たちのケア、サポートもカバーします。

本書は、問答形式になっています。

第一章:いちばん聞きたいこと。がん=死ですか?

第二章:落ち込まない心の持ち方

第三章:がんで死ぬということについて教えてください

第四章:がんは新しい人生を始めるチャンス

冒頭、今渕さんが精神腫瘍科を受診するきっかけを述べています。

・・・自分ががんを告知されて真っ先に感じたのが、「きっと壮絶な闘病生活を経て、過酷な死を迎えるにちがいない」という恐怖心でした。がんという病気そのものより、むしろこのイメージのほうが恐ろしかったと言っても過言ではなく・・・。

そうですよね。僕も長年、【自分が主体】がテーマの患者会のお手伝いしているものですから、がんビギナーさんが診断されて最初に浮かべるイメージは薄らいでいました。でもこれこそが、がん患者を呪縛し、治癒やがんであっても健全に生きることの妨げになっている。読了して、再度認識しました。このイメージを和らげる活動、これからもお手伝いしてまいります。





*関連サイト

日本サイコオンコロジー学会








ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

「遺伝子スイッチ・オンの奇跡」 工藤房美 風雲舎

〜「ありがとう」を十万回唱えたらガンが消えました!〜

この副題を見て、あなたは「胡散臭い」と拒絶するか、「どういうこと?!」と関心を持つか、「実際にあるんだ!」と嬉しくなっちゃうか。

僕は嬉しくなっちゃいました。だってこれまで取材してきて、“細胞は空気読める”って確信するようになったから(笑)

著者の工藤さん、2006年 48歳で子宮ガン発症。主治医に「きみはガンだよ!なんでこがんなるまでほっとったんだ!」と怒鳴られた。(工藤さん、熊本にお住まい) 手術不能で、しかも肺と肝臓に多発転移。余命1ヶ月を告げられる。工藤さん、観念して3人の息子宛に遺書を書いて渡した。放射線治療で入院中、知人から一冊の本を贈られた。筑波大学名誉教授で遺伝子研究の第一人者 村上和雄先生の「生命の暗号」 。

遺伝子という言葉さえ知らなかった工藤さんは、いつしか無我夢中でページをめくっていた。そして、「人間のDNAのうち、実際に働いているのは全体のわずか5%程度で、そのほかの部分はまだよく分かっていない。つまりまだオフになっているDNAが多い」という行を読んで、「バンザーイ!」と病床で大声で叫んだそうな。

「まだ眠っている私のよいDNAの1%でもオンになったら、私は元気になるかもしれない!」

そして今まで支えてきてくれた自分の60兆個の細胞にある遺伝子一個一個すべてにお礼を言うことにした。
「ありがとう」「ありがとう」「ありがとう」・・・・・

ガンと診断されて1年後、工藤さんのガンは消えました。この間の治療は子宮への放射線と効く確率1%の抗ガン剤治療(6回)のみ。「ありがとう」という尊い生命への感謝の祈りを素直に繰り返した。でも決して、ガンが消えてなくなるようにとは祈らなかった。最初は、病んでいない目、鼻、耳、その他の臓器に対して。はじめからガンに対して「ありがとう」という心境には、さすがになれなかった。しかし感謝できることに「ありがとう」と言っているうちに、ありがたい気持ちが積り溢れだした。すると、「ガンもまた今まで支えてきてくれた。ありがとう」という意識になった。

それからの工藤さん、自分の遺伝子が喜ぶことを毎日選択して生きて行くことに決めたのです。










ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

「パウル・シュミットのドイツ波動健康法」 ヴィンフリート・ジモン ビオ・マガジン社刊

「パウル・シュミットのドイツ波動健康法」を聞きなれない言葉で表すなら、「バイオレゾナンス・メソッド(生体共鳴法)を用いた振動医学」となる。

バイオレゾナンス法とは、「波動の共鳴現象を利用した、生命エネルギーの流れを整える方法」。まだわかりにくい(笑)

「生命エネルギー」とは、東洋医学の「気」、チベット医学の「プラーナ」と同義である。生命エネルギーが全身をスムーズに流れていると人は健康であり、流れが滞ると不調や病気になる。この説明だと、なんとなくわかりかけてくる。

「気」や「プラーナ」は感じることはできても目に見えない。世の中、「気が見える」という優れたセンサーの持ち主がいらっしゃるようだが、凡人の私なんぞ、いっこうに家人の気配を察することさえできない(笑)

パウル・シュミットさんは、そんな目に見えぬ「生命エネルギー」を測定し数値化した。滞りの固有周波数を突き止め、それと同じ周波数の波動を用いて、滞りを見つけ波動の共鳴によって流れを塞いでいるブロックを解除する。すると本来の治癒力や生命力が発揮されるという健康法である。

日本ではドイツ振動医学推進協会日本支部、バイオレゾナンス医学会が活動している。









ガン克服テキスト
 


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

「がんを自分で治したい人のセルフケア実践ノート」 野本篤志 プレジデント社

著者は、「NPO法人 緑の風ヘルスサポートジャパン」代表の野本篤志さん「がんが自然に消えていくセルフケア」「家族のケアでがんは消える 患者を生還に導く48の智恵」に続く3冊目です。製薬会社で新薬創出を担当していた野本さんは、身内のガンを契機に治療一辺倒ではなく自らの治癒力を発動させる重要性に気づかれた。

患者本人ができるセルフケア、家族ができるセルフケアについては既刊書で概説されている。本書は、「データ編」「基礎編」「実践編」の三部構成。ガン患者さんやご家族は溢れる情報に戸惑い、袋小路に迷い込んでしまうことも少なくない。具体的に書き込むことで、セルフケアを整理、実践しやすくするのを目的に本書は製作されました。本書をベースに自分オリジナルのノートを作成するのもよろしいでしょう。











 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

「がんと生きる わたし流」 松尾倶子 編著 NPO法人がんを学ぶ青葉の会 監修 せせらぎ出版

福岡を拠点に活動するガン患者会「NPO法人がんを学ぶ青葉の会」は、設立から12年を迎えました。(2015年現在) これを機に、立ち上げからの足跡をまとめたのが本書です。

会誕生の経緯を代表の松尾倶子さん(余命5ヶ月のスキルス胃ガンから20年経過)とホリスティック医学の第一人者 帯津良一先生が対談。松尾さんのガン体験談。青葉の会の活動。安保徹先生など医師やガン体験者、会員からの寄稿。一人の闘病記、ひとつの療法を記述した本では表しきれない、幅広いガンと生きるためのヒントがちりばめられています。会員、医師のみならず、地元マスコミの賛同も得ながら、活動を大きな潮流にしている青葉の会は、ガン患者会のトップランナーの一つです。

私も九州からのお問い合わせには、もれなく青葉の会の存在をお知らせしています。











 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 

「がんに克つ 医師ではなく患者が主役のがん治療」 内藤康弘 幻冬舎MC

患者さん自身の免疫細胞を体外で培養する免疫細胞治療。今でこそ施術する医療機関は都市部を中心に増えましたが、内藤先生と初めてお会いした当時は“半信半疑〜胡散臭い”に分類される療法、というのが大方の見方でした。

しかし今や国が推進する再生医療の一翼として、その将来性に期待が寄せられています。それゆえ、免疫細胞治療を検討される患者さんやご家族は、医療機関選びに腐心されることでしょう。

内藤先生が免疫細胞治療に取り組まれて20年弱。当初から導入されている活性NK細胞療法に加え、HLAの全タイプに適応するWT1ペプチドを用いた新樹状細胞ワクチン療法についてわかりやすく解説されています。

また内藤先生は、何よりも患者さんの心の状態に目を向け、ガンを自ら克服しようとする意欲を持てるようエネルギーを注いでいます。のべ18000症例と向き合ってきた内藤先生。それがいちばんの私の仕事だと言い切っています。その様な精神があってこそ、免疫細胞治療も功を奏するのだと。第5章には、余命宣告されながらあきらめずにガンと闘った患者さんの記録も収載されています。















ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 

「長生きする がん治療」 上園保仁 ワニブックス

タイトルの「長生きする」は“延命治療”を目指すものではありません。副題の〜自己治癒力を高めて、心と体を回復する!〜は、特定の先進医療や代替治療の解説ではありません。

がんと診断された当初から、科学的エビデンスに基づく補完的医療・ケアで良好なQOL(生活の質)を維持しましょう。それこそが治療の継続、もしくはがんと共存しながら生き長らえる要素ですよ!というのが本書の主題。

その手段として「緩和ケア」「漢方薬」「腸の活用」を提示しています。著者は国立がんセンター研究所 がん患者病態研究分野の分野長。それだけに具体的ツールは科学的な根拠があるものに限られますが、日常の場では多くの方がその応用の健康法、養生法されています。(漢方薬に関しては、科学的なエビデンスより漢方医学の弁証(診立て)で処方するほうが奏功するように思いますが)

科学的手法であろうが、伝統的・民間的な手法であろうが、癌にばっかり目くじら立てず、毎日頑張ってくれている体を労り、細胞たちが正常に働きやすい環境をつくることは、とても大事ですね。










ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 image2
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM