いずみの会 体験談&お話し会 2017/02/18

ガン患者会いずみの会、昨年末に移転した新事務でいろいろな催しを企画されています。

 

今日は「土日特別セミナー 目からウロコのがん克服術」の初回。

 

こじんまりとしたスペースならではの、膝を突き合わせた語りあいができます。

 

 

 

体験者さん(小野浩子さん 子宮体ガン 2011年8月)の体験談、および患者同士で語り合う会でした。参加された15名は地元だけでなく、東京や関西からもお越しになられていました。

 

ガン種は様々ですが、ガンと診断されて間もない(1年以内)の方が多く、治療に対する迷い、情報の渦に翻弄されている様子が窺えます。分子標的薬で治療中の方は、思うような結果が出ていない失望、この先の薬が効かなくなった時の不安を吐露されていました。判で押したような病院の対応、治療への不満、不信も話題に上りました。

 

皆さん、日々の中で一人で悩んだり、落ち込む。ですから、ガン患者仲間の会に参加することで、心を落ち着け、また気持ちが上向きになれるようです。少人数での会の良いところですね。

 

今後、定期開催される方向で検討されています。

 

 

◆いずみの会 公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


統合医療 クリニック徳 健康自立講座 201/02/16

月例の講座。担当は田中佳医師です。

 

 

 

今月のテーマは、「医療の役割とその関わり方の心得」

 

現代医療ができることは、最悪を防ぐこと。つまり、死に向かわせないのが役割。病気に対して“対処”するが、健康にすることではない。その点を心得て利用する、という内容をわかりやすく、ユーモラスにお話されました。

 

つまり、現代医療に、健康になることまで求めるのは本質的にムリだから、もし“対処”だけで健康を取り戻さないなら、自分で考えて健康になる術と思われるツールを利用しましょう。患者さんには、現代医療を治るきっかけとするのはいいが、健康体に戻したいなら現代医療に頼りっぱなしではダメよ。

 

ガンの場合でも、ガン細胞に直接作用する標準治療は“応急処置”であって、健康にする医療ではないですもんね。【ガンが消える=健康であり続ける】という図式は成立しません。標準治療で凌ぐこと、時間稼ぎはできます。でも、良好な心身の状態にするものでは、ない。

 

医療に対して、自分の健康に対して、自覚と自立、必要です。

 

 

◆統合医療 クリニック徳の公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


奥野病院院長 奥野幸彦先生 大阪市阿倍野区 17/02/10

昨年(2016年)6月、『副作用が出ない IPT抗がん剤療法』を著された奥野幸彦先生を訪問しました。

 

 

奥野幸彦院長

 

 

IPT抗がん剤療法は、インスリンと抗がん剤を組み合わせて治療します。インスリンは、糖尿病の治療に使うことで知られていますが、細胞膜の薬剤透過性を良くする作用があります。

 

がん細胞は、糖を主な栄養源として増殖します。治療前は食事を制限して空腹にします。がん細胞が飢餓状態なったところで、インスリンを使い糖と一緒に抗ガン剤を投与します。飢えたがん細胞は、インスリンの作用も相まって糖と抗がん剤の取り込みが盛んになるのです。

 

結果的に、抗がん剤の腫瘍選択性を高めることになります。つまり、少量の抗がん剤でも効果を発揮しやすくなり、正常細胞のダメージが減るので副作用が抑えられるというメリットがあります。

 

 

 

 

奥野先生は、10年近く実際の臨床で効果と副作用を検証されてこられ、がん治療における一つの選択肢として有用だと確信されました。そしてこの療法を知ってもらうために、一般書として出版されたのです。

 

 

 


奥野先生の取材記事は、出来しだいガンの辞典に掲載します。

 


◆奥野病院の公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


エコロジー&ナチュラルフーズ らんらん亭 岡山市北区 2017/02/10

 

「らんらん亭」ってネーミング、いいですね!

 

 

 

オーナーの松山雅美さんは、私が初めて岡山で講演をした際にご参加くださいました。(2013年11月)それ以来、ご縁をいただいているのですが、この度やっと、松山さんのお店「らんらん亭」を訪問することができました。

 

チャーミングな松山さん

 

松山さんとのちょっとしたお喋りで、リフレッシュされていくお客さんも多いようです。

 

 

 

らんらん亭は、創業19年。環境問題に関心を持たれたお父様が開業され、3年前にリニューアルして今の形態になったそうです。松山さんのフィルターを通して選ばれた商品・・・野菜、お米、調味料、お茶、お菓子、スキンケアなどなど・・・を、豊富に取り揃えています。アレルギーやガンなど慢性疾患をお持ちの方だけでなく、日常のちょとした不調を癒すために、お店を訪れる方も多いそうです。

 

生産者さんの顔が見えるお野菜

 

翌日は徳島へアレルギーの勉強に行くため、お店はお休み

 

 

ガンの辞典の編集長としては、ガン患者さんが自然食品店にどんなことを求め来店されるのか?インタヴューしました。

 

「 すでに勉強や下調べしてご来店される方が、多いですね。お茶や食材など、医療とは別に日常生活の部分でガン治しに役立てようという姿勢をお持ちです。商品をお求めに来られるのですが、自分の取り組みが正しいのか再確認したい、背中を後押ししてほしい・・・そんなお心持が垣間見られます。きっと、安心感がほしいのだと思います。何が正解か?あらかじめ結果がわかっていることはないので、私はその方が前に進む気持ちに寄り添うように心がけています」

 

 

松山さんは、ガンの辞典のテキスト(No.1〜3)もお店で取り扱ってくださっています。

 


◆エコロジー&ナチュラルフーズ らんらん亭の公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


第10回 がん治っちゃったよ!全員集合!in東京 2017/01/29

「がん治っちゃったよ!」の趣旨

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。

 

◆がん治っちゃったよブログ!

 

 

 

記念すべき第10回目は、首都東京。関東初開催です。会場は日暮里駅すぐの「日暮里サニーホール」。収容マックス400席に迫る、370超えのご参加でほぼ満席! 首都圏にとどまらず、北海道、岩手、新潟、静岡、名古屋、高知、長崎などなど、全国からご来場いただきました。皆さま、ありがとうございました。

 

宴会ではありませんが(笑)

 

開場前 コンパクトに見えるけど、この並びで400名収容

 

 

☆出演者☆
【余命数か月の腎臓がんから33年】
ホリスティック経営コンサルタント 寺山心一翁

 

【2年後生存率0%の腎臓がんから18年 メッセンジャー発行】
魂のシンガーソングランナー 杉浦貴之

 

【統合医療に取り組む医師・腎臓がんを体験】
船戸クリニック院長 船戸崇史

 

【5年生存率20%の食道がんから12年 めぐみの会代表】
コーディネーター&司会 織田英嗣

 

【ゲストコメンテーター】
金本栄子(がんサバイバー)、金本肇(ケアギバー)

 

 


◆杉浦貴之さんの歌でオープニング!!

 

冒頭からうるうるしちゃう人も・・・

 

 

 

◆織田英嗣さん(食道ガンから11年 めぐみの会 代表)の開会宣言

 

いまや、がんなおユニフォーム ピンクのジャケット

 

 


◆寺山心一翁さんの講演

 

自分の中に最高の医者がいる!

 

寺山さんの笑顔を見るだけで癒されちゃう人、続出!

 

 


◆杉浦貴之さんのトーク&ライブ

 

熱唱!

 

「頑張るには限界があるけど、楽しみには限界はない。闘うよりも楽しんだほうがいい」

「ガンを治す目的の人生ではなく、治った後のやりたい事を目的にする」

 

会場もノリノリ! えっ!?ガン患者さんのイベント!?

 

 

休憩明けは、滝口聖恵さんの「ありがとうワーク」でリフレッシュ!

 

 

 


◆船戸崇史先生の講演

 

 

とにかく船戸先生の語り口は、一般の方にわかりやすいです

 

「ガンは【死になさい】と言っていない【変えなさい】と言っている」

「人は治るようになっている」

 

 


◆寺山心一翁さんのチェロ演奏

 

お優しい音色です

 

 


◆トークセッション

 

 

ご来場者の質問に出演者がお答えしました

 

金本さんご夫妻 奥様がサバイバー 支えるご主人

 

お決まりの「自分の声を聞く!」(笑)

 

 


◆フィナーレ(決意表明者に会場全体で「大丈夫コール」でエールを送りました!!)

 

 

 

 

◆「がん治っちゃったよ!全員集合!」今後の開催予定

 

2月11日(土・祝)広島県福山市

 

5月21日(日)北海道札幌市

 

 

 


【第10回 がん治っちゃったよ!全員集合!in東京 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)

 

アンケートにご協力頂きありがとうございました! 過去最高 70枚を回収

 


Q2.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q3.参加された感想はいかがですか?
Q4.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q5.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。

 


武笠 隆さん ◎
Q2.母をがんで亡くしているので、昔からガンには関心がありました。

Q3.とてもよかったです。必要としているたくさんの人に教えてあげたいです。

Q4.貴さんのツボが面白かったです。

Q5.ガンは敵じゃない。自分で創ったものは自分でよくなる。楽しむ。ワクワクに従う。全部納得です。
ありがとうございました。


菅原 隆彦さん ◎
Q2.家族にがん患者が2人いるから。

Q3.次回の関東開催も参加したいので、ご案内ください。

Q4.杉浦氏・・・命はやわじゃない。ガンを治す目的の人生ではなく、治った後のやりたい事を目的にする。
船戸氏・・・卒煙、卒酒。リンパ球の1種類はガンを助長する。
寺山氏・・・チャクラ。

Q5.このセミナー、出演者の方々、それぞれの考え方、これらに今日出会えてとても良かったです!
もっと知りたいし、理解したいし、実践したいです!


松本 美智衛さん ◎
Q2.私も癌サバイバーです。2014年3月に乳癌が発覚しましたが、今にいたる3年間、西洋医学にたよらず
自然治癒力を信じて生活しています。

Q3.それぞれのすべてのステージがエネルギーいっぱいで元気になれました。ありがとうございました。

Q4.船戸先生のステージはとても聞きやすく、理解しやすかった。ありがとうございました。

Q5.今後も東京で数をふやしてください。


阿閉(あべ)研一郎さん ◎
Q2.スタッフの方に強くすすめて頂きました。

Q3.面白い!これまで自分なりに試練とは何か?と考えていたことが共鳴しました。

Q4.「治らないがんはない」本当にそう。私は畑をしてますが、自然は絶妙のバランスで成り立っており、
滞るという状態が不自然な状態を生み出します。流れていれば全てが活性化する。

Q5.楽しく生きることが最善の治療。それを笑いで伝えるみなさんが、とてもとても素敵。自分も
メッセンジャーであるならば、笑って伝えていきたい。


中村 健二さん ◎
Q2.生命のエネルギーに触れたかったので。

Q3.元気になりました。

Q4.集団の気。

Q5.素晴らしい活動です。ありがとうございました。


小形 健介さん ◎
Q2.自分も末期ガンで13才の時に、2年生存率0%と宣告されたので。

Q3.すごく落ち込んでいた気持ちが楽になりました。

Q4.タカさんの歌と船戸先生のプレゼン。

Q5.また参加したいです〜。


牛山 裕美さん ◎
Q2.友人や知人ががんになって、織田さんを知るキッカケとなりました。今までの大会も参加したかった
のですが遠方なので、今回東京で開催となったので。

Q3.著書を読んだり織田さんの話を聞いてきましたが、それとは、また沢山の気付きがありました。

Q4.「自分を抱きしめる」

Q5.関東方面で、また開催して下さい。春名さんのお話も聴きたいです。


福島 名奈子さん ◎
Q2.父を大腸がんで3年前に亡くし、今では病気の予防や体調改善、また、がん患者さんと家族のための食事
としてローフードの講師をしております。食事療法のみで治った方を知ったからです。がんの方のマインド、
食事、生活習慣を共に治す施設を将来作りたく、本日は勉強に参りました。西洋医学ではないところで治す
可能性がより広がるといいなと思いました。でも、知識ではなくマインドの大切さがしみました。

Q3.こうしたイベントを恐れずに東京でも開催して下さり、感謝致します。最初の力強い歌も歌詞も想いが
こもっているなと感動しました。チェロの演奏もとても澄んでいて美しく、魂の感動に溢れていて素晴らしく、
命の輝きを感じました。今、治られて感謝にも溢れる杉浦さんの「ひねくれ者の歌」は、今のがん患者さんに
とても説得力があり、他の歌もそうですが、沢山元気と愛を与えてらしたと思います。講師の方々それぞれの
想いが、がん克服へのアプローチが一度に聞けて、私ががんならこの先生のこれならできそうとか思えたかも
しれません。シェアをありがとうございます。

Q4.・命の主導権は自分にある。・フィンドホーン→私も連れていって欲しいです。どんな食事(調理法や味付け)
なのかも知りたいです。・病院の中での喜びリスト。・頑張ることには限界があった。楽しむことには限界が
なかった。・がんは死ねと言ってるんじゃない(リボーン洞戸)

Q5.豊かさの分配とは、こうしたことだと体感致しました。安保先生のこともあり、こうした活動には本当に
頭が下がります。私も恐れずに、ローフードを日本に広めて、食事とマインドの大切さを伝えていこうと
思います。がんを父が患っている時なら、一緒に来たかったです。父が闘病していた時から私も変わり、
病気になりやすい環境にいきやすい現状の選択をやめていきました。今日出会うまでに学んできたことと、
とても重なり答え合わせができたようで嬉しかったです。元気をありがとうございました。


篠崎 一朗さん ◎
Q2.杉浦氏のコンサートに前からいきたいと思っていた。

Q3.とても勇気と感動をいただけました。

Q4.3人ともとても印象に残ってます。

Q5.ぜひまた東京でもやってください。


石川 英人さん ◎
Q2.食道がんが直るために。

Q3.医者の船戸先生の話が聞けてとても良かったです。寺山先生の日の出を見て、太陽の光を眉間から入れる
ことを実践します。

Q4. 寺山先生の日の出を見て太陽の光を眉間から入れる。杉浦さんの病気は自然がくれたメッセージ。
船戸先生の人は治るようになっている。

Q5.杉浦さんの歌の音量がとても大きく、もう少し小さい音の方が聞きやすいと思いました。


野田 理香さん ◎
Q2.高知でこのイベントをできたらと思いまいりました。

Q3.初めて参加しましたが、とても素晴らしいものでした。

Q4. 全て良かったです! Reborn!

Q5.是非、高知でしていただきたいと思いました。


神薗 美香子さん ◎
Q2.自分も乳がんになり、話を聞いてみたかったから。

Q3.とても元気になりました。

Q4. 「がんは自分へのプレゼント」だったという事。


飯塚 友子さん ◎
Q2.近くだったので。そして、ガンになるには、ガンになる意味があると思い参加しました。

Q4. 自分を愛すること、大丈夫が印象に残りました。

Q5.船戸先生の言葉が残りました。かたみのせまいガンの方を見て、心が痛くなりました。


市吉 修さん ◎
Q2.友人にがんの人がいる。

Q3.おもしろかった。安保―福田理論に納得がいった。

Q4. 最後の決意表明の人の生の声。


橋本 広美さん ◎
Q2.癌の看取りの仕事をしているので、勉強に参加しました。10代の頃に家族を癌で亡くしました。1年間で
3人いってしまいました。その思いを役立てたいと思い、今は在宅医療にかかわっています。

Q3.日頃思っていることが、これでいいのだと再確認できたこと。明日から、スタッフ、患者さんに活かして
いけると思いました。


K・Sさん ○
Q2.親友がガンになり、ガンをこくふくされた方々のお話を聞いて、少しでも良いアドバイスができないかと
思い参加しました。

Q3.スゴク良かったです。色んな治療がありますが、大事なのは心だと思いました。がんばりすぎてストレスに
なるのも治りにくくなるんだと。

Q4.皆よかったですが、杉浦さんの「今を楽しく生きること」のメッセージがよかった。

Q5.本日はありがとうございました。次回も参加したいです。


K・Yさん ○
Q2.乳がんが大きく育っています。痛くて辛いけど、命が生きたいとうったえているように思います。
病気をやめる決意がしたくて。

Q3.来てよかったです。頭ではいろいろわかっているつもりだけど、体中にひびきわたってきた何かを
感じます。生きたい。1人でかかえこんでました。

Q4.うたがすごく感動して、たくさん泣くことができました。さいごの全員での声かけもよかったです。

Q5.「がん」だけを見て、みはってる毎日をすごしていたようです。私を見て、私を生きることが、命を
輝かせて生きることなのだと、ストンと腹の奥に落としこむことができた気がします。


Y・Iさん ○
Q2.浜松に続き2回目の参加です。今回もぎりぎり決断の、朝起きて「今日行こう!」って決めて来ました。
やっぱり来てよかった。元気、パワー、気づきをもらえます。

Q3.来てよかったー。何度聴いても、そのつど気づかせてもらえる話しです。

Q4.たかさんの歌は最高です。今日もありがとうございました。船戸先生のお話がとてもわかりやすくて大変
よかったです。「ガンは治るようになっている」は、とても心強い言葉でした。

Q5.このイベントを企画、開催してくださりありがとうございます。このイベントに参加することが目標の一つ
になっています。寺山さんにハグしてもらうと涙が出ます。ありがとうございます。チェロもすてきですね。


T・Sさん ○
Q2.自分で治るしかないと思ったから。

Q3.元気になった。泣けなかったのに泣けた。

Q4.歌。お医者さんの立場からのお話。寺山先生の日の出のお話。

Q5.ありがとうございました。すばらしい企画です。


Y・Yさん ○
Q2.自分が現在治療中の為

Q3.ガンは治るという考えを持てた。ガンを治した方の話を聞くいい機会になりました。

Q4.船戸先生のどちらの立場も知った方の話が聞けて良かった。

Q5.回数が増えたらうれしいです。


S・Yさん ○
Q2.「命はそんなにやわじゃない」の本を読んで、杉浦さんの講演を実際に聞いてみたいと思ったこと、そして
主人が癌になって、癌が治った方の体験談を実際に聞ける良い機会になるなと思った為です。

Q3.いろんな参考になるお話が聞けてよかったし、とても勇気を頂きました。

Q4.すべて良かったです。「ありがとう」のワークの人の自己紹介とか体験談が、もう少し聞けたらよかったなと
思いました。

Q5.参加できてよかったです。ありがとうございました。


K・Nさん ○
Q2.題名に興味を持った。

Q3.こんなに沢山の癌の治療をされている事を目で確認した。医療現場でも疑問を抱いていた事に確信がもてた。

Q4.杉浦さんの歌。私は癌患者さんではありませんが、感動して泣きました。

Q5.癌患者さんたちの可能性を見つける舞台の様な気がしました。皆さん、自分の治療で頑張っている事も
他者に知って欲しいと思っているんだなぁと再確認しました。素晴らしい時間をありがとうございました。


M・Hさん ○
Q2.寺山さんのチェロをもう一度聞きたかった(出来れば、さくらさくら)

Q3.バランスよく、すばらしかったです。

Q4.いっぱい。

Q5.本当にありがとうございます。素晴らしい活動です!


J・Yさん ○
Q2.かねてよりガンは特に精神的なものが深く関わっていると考えていたので。

Q3.とても良かったです。3名の方、それぞれ別の立場、視点からお話をされていたので、ガンについて立体的に
理解することができました。

Q4.船戸先生のガンの原因が、全く私の生活そのものだったので、この会に参加することになったご縁は、
もしかしたら自分への警告だったのでは・・・!!と感じました。私も自分は絶対ガンにならないという自信が
あったので。

Q5.非常に素晴らしい会でした。とてもこい内容で来てよかったです。皆さん、本音トークがよかったです。
歌も良い曲ばかりでよかったです。ありがとうございました。スタッフとしても参加させて頂き感謝です。


T・Nさん ○
Q2.寺山さんにお会いしたかったから。自分のガンについて考えたかったから。

Q3.元気をいただきました。

Q4.杉浦貴之さん、パワーを感じました。

Q5.ありがとうございました。こういう形ではげまされる世界があるのだなと思いました。


C・Uさん ○
Q2.サイモントン療法を勉強しているので。

Q3.とても楽しく、感動しました。

Q4.杉浦さんのライブ、よかったです。

Q5.どうぞいろんなところで続けて下さい。


M・Nさん ○
Q2.前回のがん治(名古屋)に参加して、たくさんの大丈夫パワーをもらい元気になった。この大丈夫パワーを
充電するために参加した。

Q4.寺山さんの癌になる前と後の写真が印象的だった。

Q5.船戸先生へ。私は船戸先生のお話を聞くのは3回目になります。私は愛知県春日井市で看護師をしていて、
乳がんステージ4の1年目です。がん患者の気持ちは、がんになった人にしかわからない。医療関係者で
がんになった人はラッキーだと言うことですが、ホントにそうなのか、もっともっと先生のお話をきいて、
私がこれからも看護師として生きていけるようにしたいと思っています。今度、2/11のお話を聞きにいきます。


J・Fさん ○
Q2.知人からの勧誘。父が肺ガンで亡くなり、母は8年前に大腸ガンが見つかりましたが、無事切除、現在
元気に過ごしておりますが、いつか自分もなるのでは、なった時にどうするかという不安の払拭になればと
思い、参加しました。

Q3.元気・希望の湧く講演だけでなく、チェロの演奏や歌があり、心身共に元気が出て来ました。ガンになって
も、自分を見直す機会と受け止め、治るものだと思えるような講演でした。ありがとうございました。

Q4.寺山さん・・・自分の中に医者(自己治癒力)がいる。自分が心地良いと思えることを何回か唱える。
杉浦さん・・・脳のブレーキを緩める=意識の変化=自分の可能性を広げる
船戸さん・・・本来の自分からのメッセージと思う。本当に自分のしたい事に気付く。何が原因か突き止め、
生活を変える。

Q5.これからも全国で苦しんでいる、悩んでいる方達の希望の灯、励みとなりますように。健康に気を付けて
活動を続けて下さい。


S・Oさん ○
Q2.義母のガンの事が心配できました。

Q3.とても楽しく、きっと母も良くなると思います。特に歌がよかった。

Q5.歌に感動しました。CD買いました。


M・Kさん ○
Q2.妹ががんになり、色々頑張っているので、勇気と元気をもらいたくて。

Q3.とてもよかったです。妹のやっていること、自信ができたし、勇気とパワーをもらいました。

Q4.船戸先生の医学的視点からの講演が印象的。「がんは何も言ってない」という言葉が心に残った。


H・Iさん ○
Q2.せっかく生まれてきた命なので、何か役に立つことが出来ればと思い参加しました。

Q3.かたいイメージがありましたが、ユーモアたっぷり交えてでしたので、とても楽しめました。

Q4.がんを涙に例えていたのが、インパクトでした。

Q5.全国民へ、みなさんの体験を伝えてほしいです。少しでも日本が良くなるように。


T・Tさん ○
Q2.肺がんと診断された。パンフレットを見て、すぐ参加を決断した。

Q3.「すばらしかった」の一語につきます。


T・Hさん ○
Q2.昨年12月に腎癌の手術を受け、クリニックのチラシを見て興味を持ちました。

Q3.3名の講演はとても参考になりました。がんは治る病気であることがわかった。

Q4.杉浦さんの講演は元気をいただけました。やめることを考える。治すことを目的としない、人生の目標を
持つ。がんは治ること。

Q5.「がん治っちゃったよ」の人の症例をデータベース化して情報発信してほしい。


H・Iさん ○
Q2.ずっと名古屋など関西地区で開催されているのを知っていたが、今回は近所で、しかも仕事が休みで
タイミングが合い、運命を感じたから。

Q3.杉浦さんのうたを聞いて涙が出てきました。誰かのうたを聞いて涙が出たのは、生まれて初めてです。
きっと魂がゆさぶられ、喜んだんだと思います。病気された経緯を自己肯定感の低さとか親との葛藤とか、
自分自身と共感する部分が多く、興味を持ちました。CDと本も購入したので、自宅でゆっくり拝見したいと
思います。

Q4.頑張るには限界があるけど、楽しみには限界はない。闘うよりも楽しんだほうがいい。Caは本来で本当の
自分に気付くための手段。ハグが無条件の愛であり、心地良いパワーを与える。自分に心地良い言葉を与える。
自分に今あるものに目を向ける。

Q5.10年間、東京タワーのよく見える大学病院で看護師をしておりました。救命救急センターや腫瘍内科、
婦人科などで沢山のがんサバイバーと向き合い、闘ってきました。しかし西洋医学の限界を感じ、おのれの
未熟さ、無力さを実感し、アロマセラピーやサイモントン療法を知り学んでいる最中です。父や大切な人が、
がんサバイバーとして生きています。私自身も心身共に疲弊しており、自分を見つめ直すたけに仕事をやめ、
旅に出ます。本当の意味で、自分らしく生きていたいです。全てのものが本来のあるべきところへ、あるべき
姿に戻りますように。


A・Nさん ○
Q2.一昨年(9月)に大腸ガンの手術をしたので。

Q3.楽しかった。沢山笑えてすごく良かった。講演の3名の方達がみなさん明るく、元気をもらえた。
ありがとうございました。

Q4.全て心に残っている。ガンは「死になさい」と言っていない「変えなさい」と言っている。
「ガンを治す為の人生ではなく、何の為生きるか、ガンを治した先の事を考える」

Q5.東京で開催していただきありがとうございました。元気をもらいました。明るく元気に過ごしていけば
良いのかと思います。


T・Yさん ○
Q2.杉浦さんの言葉が聞きたかった。

Q3.とても良かった。

Q4.やめるのは覚悟が必要。

Q5.今日はありがとうございました。これから歩く勇気をもらいました。


N・Nさん ○
Q2.とても面白そうだったから。主旨がとても自分に合っていると感じ、ぜひ参加したいと思ったから。

Q3.とても楽しかったし、学ぶところ、気付きがありました。

Q4.杉浦さんのトーク、歌には沢山笑わせてもらいました。楽観力を見せつけられました。船戸先生のお話は、
楽しみながら深く学べました。拝聴できて良かったです。今日きたかいがあると思いました。

Q5.寺山先生の笑顔がとてもステキですね。お腹の顔がサイコーでした!1番笑いました!!!
沢山パワーとエネルギーを頂きました。ありがとうございました!



Q2.私はめちゃめちゃ健康ですが、周りで悩んだり苦しんでいる人に出会ったときに今回のイベントで学んだ
ことを伝えたいと思い、参加させていただきました。

Q3.仕事を休んで参加したかいがありました! 今日学んだこと、多くの人達に伝えたいです!!

Q4.生きてるだけでいいじゃない!

Q5.すばらしい講演をありがとうございました。


A・Hさん ○
Q2.身体に優しく安心安全な食品を扱っているナチュラルハーモニーのお店からの情報にて。オーナーの河名
さんの考え方、生き方を共感、尊敬し、影響を受けたので、共有させて頂きたいと思いました。

Q3.皆さん、絶望的な壁にぶつかっても諦めずに自身と闘う強さを持って、克服されている姿をみて元気、
希望をもらったので、苦しんでいる人にもっと知って頂きたいと思います。乗り越えた方たちの笑顔は
最高でした。

Q4.杉浦さんの歌、詩には、辛いとき、嬉しいとき、さまざまな気持ちが込めてあり、心に響く力が大きかった。

Q5.皆さんも言葉にはたくさん元気、希望を与えてくれる魂がこもっているので、もっと多くの人に届けて
ほしいです。


K・Oさん ○
Q2.友人、知人、父とまわりの人がガンで、手術をする人がいたため。父は、このセミナーを申し込んでから、
ガンがわかり手術することになりました。

Q3.ガンに対しての考えが変わりました。

Q4.「ガンは治っちゃう」「大丈夫!」「気づいて」もう一人の自分、お腹の顔 「夢はかなうよ」

Q5.このようなセミナーを開いてくださってありがとうございました。涙が止まりませんでした。


M・Sさん ○
Q2.貴さんのステージで元気をもらいたかった。

Q3.元気をもらいました。

Q4.貴さんの歌。

Q5.自分を大事にする。腑に落とすことができました。


A・Sさん ○
Q2.妻にさそわれてきました。

Q3.膵臓ガンの妻が10年以上元気でいます。その時の自分の感情が想い出しました。妻の大切さを更に感じ
ました。

Q4.歌がすてきでした。

Q5.今後もこのような会を多くやって下さい。


S・Mさん ○
Q2.自身が乳がん、再発転移したため。西洋、東洋医療のいいとこどりできないか。どうにかして治っちゃった
と言えたらいいなと思って参加しました。

Q3.何事も「自分」次第なのだなーと思いました。生きるエネルギーを分けて頂きました。
ありがとうございました。

Q4.人の真似をしないこと。自分なりの免疫力upをみつけること。生かされていることに気づくこと。
今ここに在ることが奇跡なのでは。

Q5.治った体験、治っちゃうかもよと思わせてくれる話が、スッと入ってきました。自分を許すこと、大事
だなと思いました。


M・Sさん ○
Q2.母ががんで闘病中のため。何をしてあげられるのか?残りの時間をどう過ごしていくのか?治療法は今の
ままで良いのか?何が母にとって良いのか?そんなことを毎日考えてばかりなので。

Q3.楽しかったです。眠ってしまうかもと思っていましたが、あっという間に時間が過ぎました。Reborn

Q4.「ありがとう」の歌に自然に涙しました。ぐちを言っても良い→はき出す→笑顔になる

Q5.これからも活動を広げていって下さい。苦しんでいる人が沢山いると思います。がんでも、がんじゃなく
ても、“どのように生きる?”をみんな知りたがっています。


A・Kさん ○
Q2.父がステージ4bの膵臓ガンになり、家族として娘として、どう向きあうかヒントがいただければなと
思い参加しました。

Q3.たくさんのパワーをいただきました。

Q4.自分らしく生きること。癌がなおったとしても、みんないずれは死ぬということに立って生きる。

Q5.今すぐに言葉にならない思いがあふれています。今日の体験を父に家族に周囲の人に、なにより自分自身に
しっかりしみ込ませていきます。ありがとうございました。


K・Yさん ○
Q2.術後10年たった。自分の姿を術後10年のビジョンとして体現していく。20年後の自分に向かっていく
ために「10年たったら10年前より元気に美しくなれる」その姿を見せ、その方法を伝える。

Q3.体験のお話されることが、「私もやっていた」という確認ができた。

Q4.自分で立ちあがる。

Q5.乳ガン術後、または他のオペのひきつれ、拘縮ケアをしています。


M・Kさん ○
Q2.去年の1月、胃ガンが見つかり、肺、脳にもガンがみつかり治療中です。治った方の話をききたいと思い、
エネルギーをいただきたいと思い参加しました。

Q3.みなさまの実際の経験したことが聞くことができ、とても良かったです。

Q4.自分の生き方を変える。意識を変える。

Q5.杉浦さんの歌に感動しました。私もあきらめずに前に進んでいきたいと思います。感謝です。

 

 

出演者、スタッフのみなさん、ありがとねー!!

 

 

 

 

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


いずみの会 定例会 2017/02/04

今月は杉浦貴之さんの講演(もちろん歌いました)、質疑応答、その後、部位別交流会。

 

杉浦貴之さんのトーク&ライブ

 

 

僕は後ろの方で、胸部のガン患者さんたちが語り合うのを聞いていました。分子標的治療の話題が主でしたね。地元だけでなく、青森、東京、神戸の方もいらした。

 

同じ臓器の上と下のガンが、一方は特定の遺伝子変異を起こしており、他方は変異なし。使える薬がなくなってきている。免疫チェックポイント阻害剤を使ったが悪化している。腫瘍マーカーと肝機能の数値が上昇して、たった3ヶ月の投与で打ち切られてしまった。12年前から、肺、脳、脳の再発、食道のガンを経験したが、直近の検査ではいずれもガンは認められない。

 

そんなお悩みや近況を、同じ部位の患者さん同士でシェアされていました。

 

部位別交流会。同じ病友だからこそわかりあえる。

 

 

主治医から、「延命治療だよ。治らないよ」と告げられている患者さんも、複数いらっしゃいました。でも、お医者さんが設定する”治る”だけを目指すことないですよ。だってそうすると、知らず知らずにガンに主導権握られてしまいますから。

 

お時間のある方だけで懇談会。けっこう本音がでる場です。

 

 

次回は、4月1日(土)愛知医科大学大学院研究科教授 福沢嘉孝さんとガンの辞典 編集長 小澤が担当です。

僕のテーマは、「治るチャンスを手放さないで!」です。

 


◆いずみの会 公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


健康古民家かのう 2017/01/30

子宮体ガンの自然排出を経験された谷口実知子さん(2016年4月取材)が、ご主人とともに築60年の古民家を再生されました。昨年秋より貸しスペースとして、健康イベント、企業研修、お料理会、セミナーなどに利用されています。取材時にはまだ着工されておらず、いつかお訪ねしたいと思っておりました。

 

 

子供の時分に戻ったみたい。こんな立派な家ではありませんでしたが(笑)

 

硝子戸、風情があります

 

訪問した日の東京は4月上旬の暖かさ。思わず梅の蕾もゆるんだね

 

セミナーでは20人を収容

 

天井の四隅には風水で「気の通り道」が造られています

 

 

 

健康古民家かのうは、JR巣鴨駅から徒歩8分の閑静な住宅街にあります。その様は、移りゆく街並みを見守ってきた長老のような佇まいです。


2月26日には、これまた取材にご協力いただいた横浜のこじまもとこさん(2度の子宮頸ガンを自然治癒)のお話会が、企画されています。時を忘れ寛げる空間で、よいお話会になることでしょう。

 

 

 

 

オーナーの谷口ご夫妻(右・中)とこじまもとこさん(左)

 

 

◆健康古民家かのうの公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


櫻井英代さん 原発不明ガン 余命3ヶ月

15cmの腫瘍の正体は、不明でした。受けた治療はすべて“早く仕事に復帰する”ため。検査数値が正常範囲内に納まると、脇目も振らず

休んだ分まで取り戻そうと仕事に没頭する。体が発する悲鳴は封印して・・・。

 

挙げ句の果てが、再々入院・・・栄養障害・・・余命3ヶ月。

 

櫻井さん、ここに至って、ついに自分を最優先させることにした!余命宣告を聞くと、すぐさま病院からタクシーに乗って職場に向かい辞意を伝えた。

 

抗ガン剤を一時的に受けながら、自然療法、免疫ワクチン、ラフターヨガなどで発見から2年半、腹水はまだ少しあるものの、腫瘍マーカー、炎症反応、貧血はすべて正常値になる。

 

車椅子生活を余儀なくされるまでになっていた櫻井さんは、いまや地元でラフターヨガクラブを運営し、5月21日の「がん治っちゃたよ!全員集合!」札幌開催に向け、精力的に活動されています。

 

笑顔が絶えない櫻井英代さん(右)と編集長

 


◆櫻井英代さんの体験談記事が出来上がりましたら、ガンの辞典「ガン体験者との対談」に掲載します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


『余命半年、僕はこうして乗り越えた!〜がんの外科医が一晩でがん患者になってからしたこと〜』 西村元一 ブックマン社

著者の西村元一医師は、大腸ガンを専門とする外科医。2015年3月に〈肝転移を伴う根治が難しい進行胃ガン。治療をしなければ余命半年〉と診断される。

 

医療関係者が読まれるとよい本だというのが、率直な感想。患者の視点も含まれるが、「患者になった医者の視点」として、ガンという病、医療、患者心理を“考察”している部分が、医師や看護師にとって参考になるだろう。「患者と医師の間にあるフリと、ズレ(122頁)」は、患者になったことで得られた貴重な気づきだと綴られている。抗ガン剤の副作用についても、「理解しているようでイメージと違っていた」「想像以上にしんどかった」と振り返っておられる。

 

本書が、医療関係者が患者目線を模擬体感する一助になり、患者さんとのコミュニケーション向上に役立つことを願う。

 

なお、西村先生は「金沢マギー」(イギリスのマギーズキャンサーケアリングセンターをモデルとした)を開設し、医療関係者と患者さん、市民の垣根を取り払った関わり合いの場を提供する活動もされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


第9回 がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松 2016/12/25

楽器の街 浜松での「第9回がん治っちゃったよ!全員集合!」。クリスマスの12月25日(2016年)に、開催されました。

 

楽器博物館内の音楽工房ホールは設備も音響も素晴らしく、杉浦貴之さんの歌、寺山心一翁さんのチェロが一段と響きました。

浜松市の後援をいただき、地元のスタッフさんのがんばりもあって、160名の満席となりました!

 

 

JR浜松駅から直結 アクトシティに併設されている楽器博物館

 

こじんまりとしていますが、清らかな雰囲気が漂う音楽工房ホール

 

160名のご参加 満員御礼!!

 

 

 

 

杉浦貴之さんの歌でオープニング!!

 

織田英嗣さん(食道ガンから11年 めぐみの会 代表)の開会宣言。

 

立っているだけで“クリスマス”の織田さん(笑)

 


開催に尽力された山中圭子さんがご挨拶。

 

自分と同じ咽頭ガンを患った同窓生との再会。生きる気力を失くしていた彼が、紹介した書籍『『命はそんなにやわじゃない』を読んで、「この人に会いたい!」と渇望した。それが、杉浦貴之さんだった。彼のステージを見るためなら、名古屋でも、大阪でも、東京でも出かけよう!そう意気込んでいたところ、なんと地元浜松でのイベントがあった。会場は、楽器博物館 音楽工房ホール。それから彼は激変し、ガンから逃げることなく、生き抜きました。だから、何としても「がん治っちゃったよ!全員集合!」を、この会場でやりたかった!!

 

万感の思いで挨拶される山中圭子さん

 

 

 

◆精神科医 宮島賢也先生の講話

 

サンタクロース姿で、人の意識の三層構造や満月の法則を語る宮島先生

 

 

 

◆杉浦貴之さん(腎臓ガン体験者)のトーク&ライブ

 

軽妙なトークが笑いをさそいます

 

 

1971年愛知県生まれ。28歳にしてがん宣告、手術。進行が著しく、余命は「早くて半年、2年後の生存率0%」。2005年、がん克服者の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。同年12月、ホノルルマラソン出場、2010年〜2014年、がんサバイバーホノルルマラソンを主宰し、全員完走・完笑! 「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験アンビリーバボー!」などにも出演。トークライブ、学校での講演と全国を駆けまわっている。(杉浦さんの体験談記事はこちら!)

 

*杉浦貴之さんの公式サイトはこちら!

 

まじめな話もできます(笑)

 

ビンビンパワー!

 

 

*杉浦さんの著書

 

 

 

 

 

◆休憩を挟んで笑いヨガ

 

 

 

 

◆寺山心一翁さん(腎臓ガン体験者)講話とチェロ演奏

 

貴重な寺山さんのサンタクロース姿 お宝画像です(笑)

 


1936年東京生まれ。1984年に腎臓がんを患う。手術、抗がん剤、放射線による治療を続けたが、がんが肺など他部位への転移で末期状態になる。「数か月の命」と言われながら、多くの気づきから、ホリスティックな癒しの中でがんが自然治癒。その後、世界各地で、自らの体験発表や自然治癒に関する講演、愛と癒しのワークショップを行っている。現在、(有)寺山心一翁オフィス代表取締役、日本ウェラー・ザン・ウェル学会副理事長。フィンドホーン財団評議員(スコットランド)、ISSSEEM理事(米国)

 

「ガンは自分の子供です。愛してあげてください」

 

 

 

◆トークセッション

 

ご来場者の質問に、出演者がお答えしました。

 

 

自分の体との対話は大切!(笑)

 

 

 

◆フィナーレ(決意表明者に会場全体で「大丈夫コール」でエールを送りました!!)

 

 

 

壇上から、参加者全員から、治るエネルギーをプレゼント!!

 

 

ご来場の皆様、出演者、スタッフの方々、ありがとうございました!!!

 

 

 

スタッフは午前9時に集合しミーティング

 

イベント終了後、出演者・スタッフで記念撮影

 

 

今後の開催予定

 

◆2017年1月29日 東京 日暮里
 

◆2017年2月11日 広島県福山市
 

◆2017年5月21日 札幌

*詳細→がん治っちゃったよブログ

 

 

 

 

【第9回 がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)

 

Q1.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q2.参加された感想はいかがですか?
Q3.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q4.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。


Y・Iさん ◎
Q1.がんを治した人に会いたかった。希望をもらいたかった。パワーをもらいたかった。そして、楽しい時間に身を置きたかった。

 

Q2.とても充実した楽しい4時間でした。ありがとうございました。また参加します。

 

Q3.治す力は己の中にある。100人いたら100通りの治し方がある。ガンになった原因をしっかり見つけようと思います。

 

Q4.貴さんの歌、大好きです。勇気をありがとう。

 


M・Mさん ◎
Q1.がんの知り合いに誘われて、初めてこのイベントに参加させて頂きました。私は去年末、大腸がんになって手術をし、がん治っちゃった・・・って、どうしてか?ほんとなのか?知りたかったから。

 

Q2.お話された方の笑顔がとても素晴らしかった。そして、お話もひき込まれてしまいそうでした。今日、参加させて頂いてほんと良かったです。最高のクリスマスでした。皆さん、ありがとうございました。

 

Q3.杉浦さん、若いのに考え方が素晴らしいです。帰りに本を買って、もっともっと杉浦さんを知りたいです。歌声も素晴らしい。元気が出ました。

 

Q4.ホノルルマラソン、出ようかと思いました。ありがとう!

 


T・Mさん ◎
Q1.過去に、今回講演される宮島賢也先生の本を購読したことがあり、たいへん興味がわきました。先月(11月)、友人をすい臓がんで亡くしました。がんは人ごとではなく、身近なものだと強く感じています。

 

Q2.15年前から「うつ病による不眠症」と診断され、現在も通院服薬を続けています。もう一度、病気を見つめなおし、薬なしにしていきたいと思います。杉浦さんのトーク、歌はとても楽しく盛り上がった。ビデオもよかった。笑いヨガも楽しくできた。寺山心一翁先生の「日の出(太陽)」の話は、とても勉強になった。

 

Q3. 命はそんなにやわじゃない! LOVE SONG ありがとう。ビンビンパワー。三日月・満月。潜在意識イメージ。治る力(生きる力)は己のなかにある。寺山流直るヒント「がんになって良かったですね。おめでとう」

 

Q4.貴重な講演会に参加させていただきありがとうございました。日の出が見れるような生活をしたいと思う。

 


H・Mさん ◎
Q1.夫より教えてもらい、夫と一緒に参加しました。(病気ではありませんが)

 

Q2.とても良かったです。生きてゆく方向性を教えて頂けました。

 

Q3.杉浦さんの歌。歌詞の言葉がとても入ってきました。ほんとうの自分につながる大切さを、さらに確認させて頂きました。寺山さんのチェロの音が響いて入ってきました。

 

Q4.人間の一番大切にしなければいけないことを、教えて頂けました。実践して生きられるようになりたいし、生きてゆきます。

 


K・Sさん ◎
Q1.私も1999年、乳がんになり左乳房を切除しました。そんな中で、一人で生きていけない自分を知っています。

 

Q2.とても考え方が大切なんだ!と痛感しました。

 

Q3.今の自分は今までの自分よりも楽だ。

 

Q4.とても自然でありがとう。良かったですね。

 


A・Mさん ◎
Q1.ガンの治療をする上で、心に力をつけたかった。

 

Q2.いろいろよいお話が聞けてよかったです。歌もよかったです。

 

Q3.「幸せ」に向かって夢をイメージすることが大事だというお話。

 

Q4. 「生きる力」をありがとうございました。

 


A・Sさん ◎
Q1.妻の友人に誘われて。私もがんが治ったから。(ステージ3b)

 

Q2.体を使う話は楽しいですね。

 

Q3.笑いヨガ。寺山さんの話で神社の気の使い方に通じる話は、合致しました。

 

Q4.各地域で反応は違うでしょうが、精力的にがんばって下さい。

 


Y・Sさん ◎
Q1.前々から寺山心一翁氏の話を聞きたいと思っていたから。

 

Q2.やはり本当に楽しかった。大笑いでした。

 

Q3.寺山先生の笑顔。

 


Y・Mさん ◎
Q1.現在、母親治療中。「メッセンジャー」にとても勇気づけられてます。また力をわけてもらいたい。

 

Q2.貴さんはやっぱり色々うまい。楽しかったです。

 

Q3.家族の間でも、満月の前提で接してみる。

 

Q4.また力をもらったと思います。ありがとうございました。また機会が合えば参加したいと思います。また両親と参加できたら良いな。

 


Mさん ◎
Q1.友人の勧めで。寺山さん、宮島さん、杉浦さんのお話を是非お聞きしたいと思いました。

 

Q2.とても良かったです。内臓から元気になった気がします。胃腸の動きも良くなった気がします。

 

Q3.自分の幸せな未来を描きたいと思います。病気でなくても、トキメキを持っていない人達が大勢います。妄想でもいいからトキメキたいです。寺山さんの笑顔とチェロのひびきが心の中にしみわたりました。

 


Y・Eさん ◎
Q1.ガン患者の患者会に出席すると、なぜか気分が落ちてしまいます。明るい希望の会があればと・・・そう思いこちらに出席してみようと考えました。

 

Q3.寺山先生はサンタクロースみたいでした。

 

Q4.宮島先生、寺山先生、大変きょうみ深く聞きました。もっとお話を聞きたかったです。貴さんの言葉を大切にしながらの歌、とても良かったです。織田さん、司会ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 ガンの辞典
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM