<< 刀根健さん 肺原発 全身転移末期がん 2019/12/24 | main | がん哲学外来メディカルカフェ 長久手 たつせカフェ 2020/01/11 >>

「僕は、死なない。」 刀根健 SB Creative

刀根さん、こんな厳しい病状からどうやって切り抜けたんだろう?どんな療法で奇跡的生還を果たしたんだろ?・・・「何が効いたか」を読み解こうとすると、あれれ?と迷い出してしまうかもしれません。

 

刀根さんは、ファイターです(でした)。 ガンに猛然と闘いを挑み、ノーガードの打ち合いをした挙げ句、ガンは全身に勢力を拡大していきました。左右の肺、両眼、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨・・・。

 

あらゆる手を尽くした結果、そうなったのでした。もう何もやることがなくなったその時、刀根さんは清々しい気持ちになり、サレンダー(降参)したのです。サレンダーは悲観的な諦めではなく、すべてお任せしますという“明け渡し”の心境と言えるようです。辿り着いたのは「何をやるか?」ではなく「自分がどう在るか?」だったのです。すると目の前に「鍵」が現われ、鍵穴にスポッとはまったのです。

 

怖れで生きるのか
愛で生きるのか

 

論理一辺倒な本でもないし、感傷的な本でもないし、ハウツー本でもありません。この本は、生命へのリスペクト、そして愛の詰まった本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


スポンサーサイト

  • 2020.08.04 Tuesday
  • -
  • 13:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM