<< いずみの会 定例会 2018/08/04 | main | おしゃべりサロン 2018/08/27 >>

第16回 がん治っちゃったよ!全員集合!in埼玉 2018/08/12

「がん治っちゃったよ!」の趣旨

 

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。


◆がん治っちゃったよブログ!

 

 


関東では昨年1月の東京以来、2回目となるイベント。大宮ソニックホールで開催しました。

 

会場は大宮駅から連絡橋でアクセスできるソニックシティにあるホールで開催

 

たっぷり4時間30分!!

 

 

当日事情があって参加できなかった方のために、録画配信での視聴もご用意しました。

 

*録画配信のお申し込みはこちら!

 

動画からもしっかりと感じ取っていただけると思います。お申し込みいただき、ご入金確認後、動画をアップしたyoutubeの

アドレスを送信させていただきます。何度も繰り返しご覧いただけて、転送制限も設けておりません。ご自由にご活用ください。


☆録画配信プログラム

2018年8月12日(日)第16回 がん治っちゃったよ!全員集合!in埼玉
司会 富田文乃

【第1部】
1、オープニングムービー
2、オープニングソング(杉浦貴之 『命もそれを望んでる』)
3、宮崎ますみ 講演
4、杉浦貴之トーク&ライブ
<セットリスト>
 愨臂翩廚世茵
◆悒咼鵐咼鵐僖錙次
2017がんサバイバーホノルルマラソンムービー
ぁLove song 〜ありがとう』

【第2部】
1、米山玲子 瞑想ヨガ
2、船戸崇史 講演
1、トークセッション (船戸崇史、宮崎ますみ、杉浦貴之、富田文乃)
2、フィナーレ(参加者の決意表明&大丈夫コール)
3、フィナーレソング 『君なら大丈夫』 杉浦貴之

 

 


【オープニング】


杉浦貴之さんの歌「命もそれを望んでいる」で開幕!

 

 


司会は地元埼玉の富田文乃さん。

 

富田さんは食道ガン(ステージ3)から4年経過

 

 


【講演 宮崎ますみさん】

 

◆プロフィール
1968年 愛知県名古屋市生まれ。ヒプノセラピスト・エッセイスト・女優。1984年クラリオンガールに選ばれ、その後女優として、舞台・映画・TVなど幅広く活躍。1995年結婚を機に渡米。米国では二児の息子を育てながらYOGAに傾倒し自己探求に専念。帰国後2005年、乳がんであることを公表。克服後2007年ヒプノセラピーを本格的に学びヒプノセラピストとなる。同年11月厚生労働大臣より「健康大使」 を任命され、乳がん克服の自身の経験を生かし、講演会活動にも取り組む。現在はインストラクターとして、ヒプノセラピスト養成にも精力的に取り組んでいる。主な著書に「ピュア・バランス」(2015年/ヒカルランド)がある。

 

 


「自分の人生を決めるのはあなた」「自分の細胞のひとつひとつは、自分の思いや考えや魂がつくっている」

 

 


【トーク&ライブ 杉浦貴之さん】

 

◆プロフィール
1971年愛知県生まれ、岡崎市在住。1999年、28歳にしてがん宣告。「早くて半年、2年後の生存率0%」。左腎摘出手術後、化学療法2クール。2005年1月、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン「メッセンジャー」を創刊。同年12月、ホノルルマラソン出場、2010〜2017年、がん患者、家族、サポーターたちとともにホノルルマラソン主宰。 「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験アンビリーバボー!」などにも出演。トークライブ、学校での講演と全国を駆けまわっている。2011年12月『命はそんなにやわじゃない』(かんき出版)を出版。公式サイトはこちら!

 

 

トークと歌で会場盛り上がり!

 

 

 

【瞑想ヨガ 米山玲子さん】

 

 

髪への執着を手放したら、すごく楽になったそうです。

 

乳ガンを経験されている米山さん。誘導の声がステキでした。

 

 

 

【講演 船戸崇史先生】

 

◆プロフィール
1959年岐阜県生まれ。 1994年「船戸クリニック」開業。在宅医療に力を注ぐほか、西洋医学のみでなく、東洋医学、ホリスティック医療等を取り入れた統合医療により、独自の診療を続けている。リンパ球点滴、温熱療法、漢方・セラピーなどを取り入れ、施設内では癒やしの音楽会を開くことがあり、自然食レストランも併設。「より地域に密着し、患者さんに効くことは何でも取り入れて、サポートしたい」と意欲を示す。著書多数。映画『つ・む・ぐ』に出演。11年前、腎臓がん手術。2018年、岐阜県関市に滞在型リトリート施設「リボーン洞戸」をオープン。

 

ガンを治す・予防する5つのコツなど、ユーモアをまじえてわかりやすくお話くださいました。

 

がんなおで大人気のサバイバー・ドクター

 


◆リボーン洞戸 公式サイトはこちら!

(がんを通して「自らの生き方を変えたい」と願う方のためのリトリート施設)

 

 

 

【トークセッション】

 

 

トークセッションで来場者の質問に答える出演者の皆さん

 

 

 

【フィナーレ】


参加者が自らの決意を表し、会場全体で「大丈夫〜!!」のエールを送りました!

 

 

 

 

 

 

【フィナーレソング 君なら大丈夫♫】

 

 

 

 

ご来場の皆様、ありがとうございました!!

 

来れなかった方、録画でご覧頂けます!

*録画配信のお申し込みはこちら!

 

 

 

 

出演者、スタッフ、ありがとねー!!

 

 

 

 

 

 

【第16回 がん治っちゃったよ!全員集合!in埼玉 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)


Q2.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q3.参加された感想はいかがですか?
Q4.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q5.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。


漆原 友子さん ◎
Q2.今、乳ガンステージ4で抗ガン剤も始まりました。楽しく、明るく毎日を生きていく力をもらおうと思って
参加しました。

Q3.はからずも最初の歌から、涙がこぼれてしまいました。告知でも、涙流れなかったのに。歌は直球で、心の奥に
ひびきました。感情を出すのって大事だなと思った。涙できたのが嬉しかったです。

Q4.船戸先生のメッセージは、この前の配信(リボーンからの)で聞いていたけれど、実際、生で聞くともっと
「なるほど」と思いました。「自分の命の主導権は自分自身にある」

Q5.船戸先生へ、リボーンに行ってきたいです。ステージ4割引制度ができたら、お知らせくださいませ(笑)


斎藤 美也子さん ◎
Q2.自分を生きる指針となる氣がして。

Q3.生きてるだけで、そこに存在するだけで、すばらしいことであり、それで良いのだ、という力強いメッセージを
もらいました。

Q4.自分のマスターは自分自身である。自分の細胞のひとつひとつは、自分の思いや考えや魂がつくっている。
ということが特に印象深かったです。

Q5.たいへん心に響く内容でした。講演(お話)も歌もどれも素敵でした。


中村 美子さん ◎
Q2.私は看護師で、多くの講演会に参加したことがありますが、「がん治っちゃったよ!全員集合!」
このネーミングの明るい感じがピン!ときました。明るいガン患者さんの会に興味がでて、参加させていただき
ました。

Q3.思っていた以上に楽しくて、前向きの会でした。参加者のみなさんと踊って、ヨガをして、笑って、とても楽しめ
ました。私はガンにまだ出会っていませんが、友人や知人でガン患者にこの会をおすすめしたいと思います。

Q4.杉浦さんのトークはとても楽しくて、キラキラ見えました。男性も女性も楽しめる程度の下ネタ、すばらしいです。

Q5.一緒に富士山に登った友人が50歳で、「死ぬのが怖いよ」と言い続けて亡くなりました。その大切な友人を、
もっと早くこの会に一緒に来たかったなぁと思いました。


石川 ひとみさん ◎
Q2.在宅看護師で、担当の患者さんが人生を変えたステージに是非参加したいと以前から思っていました。

Q3.ガン予防の知識はもちろん、人生において大切なことを教えていただきました。

Q4.生きる力を信じること。ガン治療だけでなく全ての事に通じると思います。

Q5.これからも多くの人へメッセージを届けていただきたいです。


渡邉 昭子さん ◎
Q2.私はカウンセラーです。身近な人やクライアントさんにガンの方が多いのです。誰もがその不安を抱えている
時代ですので、何か助けになるようなことがあればと参加させていただきました。

Q3.宮崎ますみさんのインナーチャイルドのお話は、すごく心に響きました。杉浦さんの元気を与える力は素晴らしい
ですね。

Q4.「大丈夫だよ」の歌、とてもいやされました。夢を持つことの大切さと笑うことの大切さ。夢を叶える力。
信じる力。自分の中で自信と安心が生まれることの大切さ。
 
Q5.船戸先生の実践できるお話、とてもためになりました。杉浦さんの大丈夫アイテム、いいですね。


柳 和二さん ◎
Q2.まわりにガンになっている人が複数いて、誘って一緒に参加。また、自分が元気になるため。以前、杉浦さんの
講演会に出て元気をもらった。

Q3.感情を解放させることの大切さを本気に思った。楽しく、元気をもらった。

Q4.大丈夫だよ・・・素敵な言葉、勇気、元気がわき出す言葉と初めて知った。

Q5.また、関東での開催を期待しています。


澤井 寿子さん ◎
Q2.両親ともガンで亡くなったから。

Q3.お客さん参加のものもあって、あっという間に時間がすぎました。「ガンの人は笑うといい」ってあるけど、
堅苦しい内容になったら笑えません。今日の内容は体も動かすし、笑顔もある。Goodでした。

Q4.私は聞こえないので、杉浦さんのステージが一番わかりやすかったです。

Q5.楽しい開催をありがとうございました。メインの方、楽しませて参加型の方、実践するもの、医療専門家、
バランスのいい内容でした。各地での開催、広めてほしいです。


永井 美咲さん ◎
Q2.主人が5月に肺腺ガン3b、リンパ転移し、6月から抗ガン剤、放射線30回行いました。

Q3.大丈夫と元気いただきました。

Q4.全て。

Q5.ありがとうございました。


川添 道子さん ◎
Q2.去年手術して元気になりましたが、治って活躍している皆さまのお話を聞きたかったから。

Q3.大丈夫と思えた。夢をもって生きる。

Q4.潜在意識の本当の望みをわかってあげること。

Q5.また、この活動を続けてほしい。


シノダ キョウコさん ◎
Q2.実体験のお話が聞けると思い参加しました。

Q3.とても良かったです。これからの人生の自分への気持ち、素直に生きることが大事だなと考えさせられました。

Q4. 全てです。

Q5.良い講演会に参加できました。ありがとうございます。


泉水 繁幸さん ◎
Q2.私自身もがんサバイバーです。みなさんの体験談を聞いて、今後の参考にと思いました。

Q3.みなさんのお話(ヨガも)、大変勉強になりました。


Y・Cさん ○
Q2.近くでなかなか企画されなく。参加しやすいから。

Q3.とてもよかった。

Q4.自分を大切に、楽しく無理なく生きる。


K・Aさん ○
Q2.都内に住んでいるので大宮なら参加できるし、一度、参加してみたかった。宮崎ますみさんと同じ乳がん、
船戸先生と同じ岐阜県出身で、ご縁を感じたし、もともとこの集会にとても行きたかったから。

Q3.思っていたより何倍も元気出ました。スイッチが入った気がします。ずっと、2年前の発覚から肝臓への転移、
抗がん剤・・・気持ちを律するのに必死で、最近はそれに疲れてしまっていました。もう何もかもどうでもいいと。
今日はまた律するのとも、自暴自棄とも違う、夢に向かう気持ちが芽生えました。

Q4.「あなたのマスターはあなたです」 このような言葉はよく聞いたことがありましたが、今日はバチンと納得
しました。もちろん、トークも歌も笑えて最高でした!

Q5.お三方とも本当に、本当に、お話が聞けて、心が震え喜びました。ありがとうございます。


S・Mさん ○
Q2.昨年の東京の会に参加して良かったので。

Q3.また再び、自分はどう生きていきたいかを確認する機会を頂きました。

Q4.自分のマスターは自分です。

Q5.ご自身の経験をわかりやすく、楽しくお話くださりありがとうございます。スタッフの皆様もありがとうござい
ました。


K・Kさん ○
Q2.現在、乳ガン治療中。

Q3.今まで、抗ガン剤治療中。できるだけポジティブにすごして来ました。それでいいと確信しました。今年1年は、
充電期。今、来年度することのリストアップを計画中です。


O・Cさん ○
Q2.自分ががんと診断され、治った人の話を直接聞いて、自分の中確信を強めたいと思ったから。

Q3.空間のエネルギーをしっかりキャッチできたと思います。時間の関係で、全て参加できなかったのですが、一部
だけでも会場に来てよかったと思います。

Q4. 「病気になる前よりも元氣に幸せになる」「喜んでいい、楽しんでいい」「自分でつけた枷を自分ではずす」

Q5.ご縁をいただきありがとうございます。実践ジャーとなり、いつかはメッセンジャーとして自分の経験を伝えて
役に立ててもらえるようになります。


K・Mさん ○
Q2.どんどん元気になる自分に自信がついています。もっともっと面白い人達に会いたいと思って参加しました。
心から幸せそうな人達の顔を見て、時間を共有したかったです。

Q3.体も心もポカポカしてます! スイッチも入り、もっともっと元気に生きていく確信をしました。

Q4.びんびんパワーで会場が一つになって、みんなのエネルギーが一段上がった。

Q5.ありがとうございます。また会いたいです!


N・Mさん ○
Q2.自分も8年前に乳ガンになり、現在は経過観察中ですが、自分の周りにもガンになられる方が多く、このイベント
での情報を流すことが出来たらと思いました。

Q3.杉浦さんのお話し、そして歌(歌詞)が力強くて、とても心に入りました。会場のスペースが熱く感じたのは、出演
された皆様のエネルギーとスタッフの皆様の高い意識、そして会場の皆様の思いだったように感じました。この
スペースにいられて、共有できて本当によかったです。

Q4.お一人お一人のステージに感謝します。とても温かい気持ちになりました。瞑想がとてもよかったです。

Q5.ガンの仲間に、今日の話をしたいと思います。ありがとうございました。


A・Mさん ○
Q2.ご紹介者から勧められて。

Q3. とてもよかった。「再発したら死ぬ」と主治医に常に言われていた。治った人いるのには驚きました。

Q4.船戸先生「ガンは卒業証書」 古い生活習慣、捨てなきゃダメという言葉。

Q5.お忙しい中、元気なメッセージをいただき、ありがとうございました。


Wさん ○
Q2.楽しみたい。同じ体験(がん患者)した人に会いたかった。

Q3.楽しかったです!

Q4.本当の自分になる! したいことをやる! 絶対やる!

Q5.ありがとうございます。


M・Mさん ○
Q2.「がん治っちゃったよ」というネーミングが面白そうだったので。ポジティブな集会はいいなと思い参加しました。

Q3.それぞれの方の存在がユニークに感じられて、とても面白かった。自分が楽しむ側にまわれば、空気が変わるのを
実感しました。

Q4. メッセンジャー マラソン映像に出てきた女性の「がんは私を守ってくれている」その発想が、自分を愛すること
だと思いました。そして、船戸先生の「がんの原因はムリ!」 よくわかりました。自分をふり返ると思い当たる
フシがありました。

Q5.皆様、今日は沢山元気と笑いをありがとうございます。私も今日から笑顔と楽しさをふりまく生き方をします。


H・Aさん ○
Q2.杉浦さんを以前から存じ上げていて、自分ががんになったら是非一度お話しを伺ってみたいと思っていて、
抗がん剤の合間でとてもタイミング良く今回の会があったので参加させて頂きました。

Q3.全てのステージが素晴らしかった。ますみさんの喜びから生きる。インナードクターのお話し。杉浦さんのお母様の
お話し。ビンビンパワー。米山さんのヨガ(生き返った感じ)からの司会の富田さんの「気持ち良すぎてあの世に
行っちゃうかと思いました」が最高でした!! 船戸先生の自分の想いが枷になって力が出せないだけだという
お言葉。くそくらえ!最高です!!

Q4.素晴らしい時間でした。明日、大量の術前検査を控え、そうとうびびっていましたが、リラックスして臨めそうです。
本当に来て良かった!素晴らしい時をありがとうございました!

Q5.この様な素晴らしい会のご開催ありがとうございます。5月に自身の胃がんステージ3が発覚する7年ほど前に
杉浦さんの存在を知り(当時は父ががんでして、とても支えられました) お目にかかれてたいへん光栄です!!
宮崎ますみさん、私ががんになる数年前、アニータムジャーニさんの講演会でお目にかかりました。今回も、
お目にかかれお話しまで聞けて大変光栄です。


M・Hさん ○
Q2.宮崎ますみさんのお話しが聴きたいと思ったので。

Q3.自分はガン患者ではないのですが、すごく元気をもらえました。

Q4.ガンを治すことが生きる目標ではない。歌もよかったです。

Q5. これからも続けてください。


M・Rさん ○
Q2.前向きになりたくて。

Q3.とっても温かいきもちになりました。

Q4.全て。

Q5.今後も元気、笑いを送り続けて下さい。


W・Kさん ○
Q2.自分の心を弱さから強さに変えることができそうな気がしました。お友達がフルマラソンに参加したことで、
大変勇気をもらえました。

Q3.講演された先生の言葉が大変心に伝わり、元気をいただけました。私は病気もなってなく、元気にもかかわらず
気持ちが弱いので、もっと強くならなければと思いました。参加してラッキーで、幸せな気持ちでいっぱいです。
感謝。

Q4.宮崎ますみさんの「自分の心に正直になる」。笑顔。杉浦貴之さんの「笑っていればいい」。
船戸先生「よく寝ることが免疫を上げる」「痛みをとること」「不安を除く」

Q5.同じ病で苦しんでいる人達に対して、このようなイベントを主催して下さったことに敬意を表します。出演者の
方のお話しに大変元気と勇気をいただけて、素晴らしいと思いました。


Y・Tさん ○
Q2.自分がガンなので希望をもらいたかった。

Q3.楽しかった。何か目標をもとうと思った。

Q4.全部。

Q5. また埼玉でお願いします。


U・Mさん ○
Q2.これから医療従事者になるにあたって、がんを体験した人の経験や前向きに生きるための力を知りたいと思い、
参加しました。

Q3. 私は今まで、ガンの勉強をするにあたって、抗ガン剤や副作用にばかり目が行ってしまいましたが、本当に見る
べき必要なことは、患者さんの持つ「原石」や「本来の力」「夢」であることに気づきました。ここに参加できな
かったら、気づいていなかったと思います。ありがとうございました。

Q4.“生きる力とは何か”の質問に対して、皆さんが「本来もっている力」「原石」と表現しており、その言葉で私も
看護師になったら、患者さんの持つ本来の力を引き出し、夢を叶えられるような看護をしたいと思いました。

Q5.貴重なお話や、質問に答えていただき、ありがとうございました。これからもお身体を大切にしつつ、夢へ
向かって下さい!



Q2.地元だったので。

Q3.たくさんの言葉に励まされました。希望を持って生きていきたいと強く思います。

Q4.自分本来の力に気づくこと。夢を持つこと。

Q5.とても力になる時間をありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


スポンサーサイト

  • 2018.11.14 Wednesday
  • -
  • 14:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 image2
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM