<< 健康自然料理教室(名古屋) 2018/03/15 | main | ライフワーク!? 2018/03/30 >>

エドガー・ケイシーを取り上げた映画「リーディング」 2018/03/28

 

 

 

エドガー・ケイシー(1877-1945 詳しい経歴はこちら!)は、アメリカの透視能力者で彼のリーディング(催眠状態で語った内容)は幅広い分野で多くの恩恵をもたらしています。14,306件のリーディングのうち9605件は病気治療や健康法に関するものです。さらにその中の約500件は、ガンについて語られています。これらのリーディングを精査、研究して導き出されたのが「エドガー・ケイシー療法」(以下、ケイシー療法と称す)です。

 

以前、ケイシー療法を取材したことがあり、また実際にお会いした日本エドガー・ケイシーセンター会長 光田秀さん、ドクター、患者さんご家族が出演されていて、たいへん興味深く観ることができました。

 

病気の対処方法だけではなく、肉体と心と魂の三位一体で人となり、この3つが調和することで完全なる健康体になれると述べたケイシーの生き方、考え方、心の持ち方なども紹介されています。


映画では、光田代表の解説、ドクターの見解、患者さんの治癒証言から、ひまし油湿布などケイシー療法の具体的メソッドに目が行きがちです。しかし私が着目したいのは、催眠状態のリーディングによってアクセスされた情報を自分宛てのメッセージとして受け入れた患者さんたちの心です。リーディングで導き出された情報は、「叡智」と考えられます。現代科学を超えたスピリチュアルなアプローチを受け入れ、信じた。

 

叡智は、同時に私たちの内にも存在している、と私は思います。そして私たちは本来、自ら叡智にアクセスできる存在です。必ずしも、ケイシーのような手順を踏む必要はありません。催眠状態にならなくてもいいのです。アクセスを阻害するものが解除されたとき、直感やひらめき、心の叫びとして表出します。

 

アクセスを阻害するのは、執着、囚われ、エゴ、不要な記憶、他人の価値観などです。それらがクリアになって導き出された情報は、ケイシー療法とは異なるかもしれません。でも、それでいいのです。

 

人類の代理として叡智にアクセスしてくださったエドガー・ケイシーの情報も、自分自身でアクセスした叡智も、いずれも尊いものなのです。結果、出て来た情報が標準治療であろうと、何もしないことであろうと、叡智なのです。

 

決して難しい修行を要するものではありません。ほら、清々しく開き直って治った人、いるでしょ。

 


◆リーディングの公式サイトはこちら!

 

◆ケイシー療法の記事はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


スポンサーサイト

  • 2018.11.14 Wednesday
  • -
  • 10:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 image2
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM