<< 「がんなんて吹っ飛ばそう! 治った人の話を聴こう!」 2017/12/17 | main | いずみの会 おしゃべりサロン 2017/12/18 >>

第14回 がん治っちゃったよ!全員集合!in高知 2017/12/02

「がん治っちゃったよ!」の趣旨

 

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。


◆がん治っちゃったよブログ!

 

 

 

 

前日高知入りして、イベント当日の朝、高知城、はりまや橋を散歩してきました

 

 

 

初の四国開催は、高知です。現地主催リーダーは、なんと現役の病院勤務医 野田理香先生。出演者の船戸先生とも親交があり、今年1月の東京の会(第10回)に運営の見学を兼ねて、参加頂きました。スタッフ、来場者ともに医療関係者の多い高知大会となった一方、これまでと同じように各地からがん患者さん、ご家族の方々が参集され、会場は150名の熱気に包まれました。

 

会場の高知市文化プラザ

 

 


【オープニング】

よさこいの演舞で幕開け!

 

この日のために準備、練習してくださったそうです。ありがとうございました!

 

 


司会は、乙女(龍馬のお姉さん)姿の近藤有左さん。開会宣言。

 

緊張の面持ちの乙女姉さん

 

ちゃらい龍馬登場!!(笑)

 

 


【野田理香先生の講演】

 

脂質と炎症の関係を解説。炎症は発ガン、ガンの進行による悪液質にも関わります。炎症を起こしにくい食べ方も研究され、臨床に活かされています。

 

 

 

 

 

【杉浦貴之さんのトーク&ライブ】

 

龍馬の魂を胸に、いつもにましてキレキレのトークと熱唱。

 

語りに笑い

 

歌に涙し、湧き立ち

 

 

 

【休憩後は笑いヨガでリフレッシュ!】

 

橋本さんとお仲間のリードで笑いヨガ

 

 

 

【船戸クリニック院長 船戸崇史先生の講演】

 

ご自身も腎臓がんサバイバーである外科医 船戸先生のお話は、各地で大好評。がんができる仕組みと治る仕組みを、わかりやすく解説してくださいました。

 

 


がんは本来の自分に生まれ変わる機会を提供してくれている。

船戸先生の提唱する「Reborn生活」。来年1月23日に開所する「リボーン洞戸」で学び、体感できます。

 

 

 

【トークセッション】

 

トークセッションで来場者の質問に答える出演者の皆さん

 

おきまり(笑)

 

地元ならではの演出も

 

 


【フィナーレ】

 

参加者が自らの決意を表し、会場全体で大丈夫のエールを送りました!

 

 

 

 

 

参加者が会場の全員を前に、自らの言葉で語り前を向く瞬間、全員の細胞が共鳴し響き合います!!

このプログラムが、いちばん好きです!!


 

 

南国土佐 高知色豊かなイベントとなりました! 出演者、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!

 

 

 

 

【第14回 がん治っちゃったよ!全員集合!in高知 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)


Q2.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q3.参加された感想はいかがですか?
Q4.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q5.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。

 

 

高芝 栄子さん ◎
Q2.このイベントに参加したことのある広島在住の友人が強くすすめてくれた。余命宣告された人が生きていて、
生きる希望がわいたと。

Q3.感動しました。講演も良かったです。とても感謝。幸せの輪が広がっていましたね。

Q4.歌。講演会。最後の大丈夫―!良かったです。

Q5.がん(ぽん)の闘病中の方々がいやされますよう、心よりお祈りしております。


塩見 千代子さん ◎
Q2.杉浦さんの活動をフォロー中です。

Q3.初めての参加でしたが、もっと沢山の方に参加して頂きたいと思います。

Q4.杉浦さんの歌は特に心に響きました。毎日カーステレオで聴かせて頂きます。

Q5.野田先生、主催して頂きありがとうございました。船戸先生の教えを実践していきます。杉浦さんに勇気を
頂きました。そして、スタッフの皆さん、ありがとうございました。


西森 孝さん ◎
Q2.興味があったから。

Q3.良かった。

Q4.船戸先生のお話、よかったです。そして、歌も。

Q5.がんの方が長生きしますように。


松村 隆司さん ◎
Q2.妻の提案で、松山についで2回目の杉浦さんに逢いにきました。

Q3.杉浦さんの歌はとても声がよく、心がこもっていて、松山の時よりも声が伸びていてよかったです。
野田先生の話は難しい、専門的でしたが、カラダのしくみ、プロセスがわかってよかったです。
船戸先生のお話はわかりやすく、いま妻(ガン患者)にやっていることを改めて「正しいこと」だと思い、
続けていこうと思いました。

Q4.杉浦さんの最後の歌の歌詞に亡くなった妻の父に私が言った言葉があり、妻へのプロポーズに言ったことも
入っていたので心に染みました。

Q5.また、いろいろなところでやってください。もっと多くの人に伝えてください。


松村 恭枝さん ◎
Q2.杉浦さんの歌がまたききたくて。自分に元気づけをしたかったので。

Q3.何度も涙が出ました。歌で泣き、講演で泣き、本当に感動しました。大丈夫!!宣言、迷いながら勇気がなくて
手をあげれませんでした。次回、チャレンジします。

Q4.船戸先生のガンの言い分をきいてあげる。まさにそれだと感じました。自分で作ったガンは、自分で治せると
改めて思いました。

Q5.皆様の色々な言葉やメッセージ、しっかり受け止めて明日から生かします。いつか、愛媛松山でこの会を主催
できたらと思います。その時は、是非よろしくお願いします。


奥原 恵子さん ◎
Q2.りか先生に誘われたので。

Q3.大変、エネルギー、勇気をもらえた時間でした。ありがとうございました。

Q4.自分の病を許す。

Q5.皆さん・・・参加者の皆さんも含め・・・すばらしく、ありがとうございます。


山本 崇史さん ◎
Q2.チームメッセンジャーの方と知り合いで、その方の魅力を肌で感じ、こういう方が関わっている場を感じて
みたいと思ったから。

Q3.杉浦さんの精一杯の姿が印象的で感動しました。出演者やスタッフの皆さんのチーム感で、場がすごく居心地
よかったです。「マイ大丈夫アイテム」を、一度見直してみたいと思いました。

Q4.杉浦さん:“ビンビンパワー!!” 臨場感たっぷりに繰り返し繰り返しイメージする。どんな時も素晴らしく輝いて
いる。今までは楽しめてなかった⇒楽しむこと。
船戸先生:何でもいいから出来ることをすると、それは立派に病が治っていることと一緒。がんは治るようになって
いる。がんは変わりなさいというメッセージ。薬も有効に使う。

Q5.今日、何かを感じて参加させていただいたのですが、半日、とても楽しく過ごさせていただきました。この
ご縁は、がんサバイバーのとみちゃん、さくらさんからのご紹介で、素晴らしい友がいることに感謝しながら、
杉浦さんが言っていた、自分の(お腹の)中にある自分と対話していきたいと思います。ありがとうございました!


田中 淑子さん ◎
Q2.いろいろな方の話を伺うことと、自分のこと、アウトプットするため。高知にも来たかったので、晴天に恵まれ
あたたかかったです。気候だけでなく、みなさんの気持ちも。

Q3.心が、魂が満ち足りました。自分で決めてやってきたことも、自分だけでなく、そのことを支え受け入れて
下さる方があって、今の自分が生かされていると、改めて思いました。

Q4.船戸ドクターのがんの言い分。がんはたた「変わりなさい」とだけ言っている。

Q5.今日はありがとうございました。がんかもしれないと、わかった時、たたかわないでいようと思いました。
闘病ではなく、問う病しようと(自分に問うことをしようと)。Ponにめぐりあえたことで、世界が広がり、日々
楽しく充実しています。今日、「大丈夫!!」とたくさん浴びて、ますます元気になれました。


高橋 政子さん ◎
Q2.インターネットで知りました。治ったさんの笑顔にあいたいと思い参加しました。友人(病気でない)が、有休とった
よと、背中を押してくださいました。

Q3.勇気をもらいました。これからすばらしい日々がおくれるとスイッチが入りました。とても有意義で大切な日と
なりました。有難うございました。

Q4.病気を治すことを人生の目標にしていた。病気を治すことは通過点であり目標ではない。私はこの言葉に
救われました。開き直る。支える、支えられるは同じ、どっちも上も下もない。

Q5.心こもるメッセージ、有難うございました。


Y・Tさん ○
Q2.杉浦さんの本「命はそんなにやわじゃない」読みました。船戸先生は昔から知り合いです。

Q3.とてもよかったです。癌患者さんに勇気を与えるイベントでした。

Q4. 「ありがとう」よかったです。

Q5.継続的な


K・Sさん ○
Q2.自分が癌で治療や色々なことに不安だったのですが、病気された方のブログでポンと見つけて明るい気持ちに
なれました。それで行きなさい、参加しなさいと言われているんだと思い、楽しみにしておりました。

Q3.とてもわかりやすく、よかったです。パワーもそうですが、気づきを頂けたように思います。

Q4. 船戸先生が、杉浦さんはみなさんのためにやってるんじゃない、自分のためにしてるって言われたのに笑え
ましたし、本当だ!楽しんでやられていると、すばらしいなと、笑顔になれました。

Q5.高知初で参加でき、タイミングもよく、ありがたかったです。もしよかったら、また来て下さい。四国に!


S・Yさん ○
Q2.がんに対する知識の習得。

Q3.期待通りであった。

Q4. がんの言葉を聞く。


O・Rさん ○
Q2.不健康から健康になる為のヒントがあればと思い参加しました。

Q3. まだ途中ですが、元気をいただく講演会だと思います。

Q4.“頑張ることは限界がある” “楽しいことは限界がない”

Q5.また高知で開催いただければうれしいですね!


Iさん ○
Q2.関係者かあの要請。

Q3.命について。

Q4. 夢を持つこと。目標を持つこと。

Q5.元気をもらいました。


K・Kさん ○
Q2.2人に1人がかかると云われるがんに対する考え方(恐怖)を払拭したくて。昨年、主人をガンで看取りました。

Q3.素晴らしかったです。とにかく、すばらしかったです。来てよかったです。

Q4.全部。でも杉浦さんの歌、サイコーです。

Q5.また来て下さい。絶対。


T・Mさん ○
Q2.自分が乳がんで、講演内容にすごく興味があって、聴きたいと思ったからです。

Q3.ほんとうに充実した数時間で、たくさんの気付きもあったり、歌に涙したり、知識も増えました。今日来て
良かったとすっごく思いました。

Q4.船戸先生のがんについてのお話がとてもわかりやすく、すぐにでも実践したいと思いました。

Q5.ほんとうにいい時間でした。また高知でしてもらいたいです。


C・Mさん ○
Q2.自分が乳がんで参考にしたい。心配しすぎないようになりたいから。前向きになった人の話をききたかったから。

Q3.笑顔でらくに考えようと思った。生きるパワーは大事だと思った。心配しすぎないことを心にとめようと思った。
生きている間にいかに楽しむかが大事。船戸先生の説明はわかりやすく共感した。

Q4.楽しもう。人生は有限。1人ではない。生かされている。治すために生きているんじゃない。変わりなさい。

Q5.生きている間は楽しみましょう。


S・Tさん ○
Q2.ずっとアメーバで杉浦さんの活動をみていたから。

Q3.素晴らしかったです。元気になりました。泣いて笑ってストレス発散できました。

Q4.大丈夫。ありがとう。おとめさんの涙。

Q5.またどこかでお会いしたいです。


K・Aさん ○
Q2.身近な友が、がんの経験者なのと、いつ自分もなるかわからないので知りたいことがたくさんあったので。

Q3.うなずける事だらけで、感動、感謝でいっぱいです。

Q4.歌、ステキでした。

Q5.みなさん、ステキでした。来場の方もとてもすばらしいと思いました。


M・Mさん ○
Q2.自分自身がガン体験者だから。

Q3.最高でした。勇気と希望、感動致しました。

Q4.杉浦さんの体験に感動。全てにおいて素晴らしく、勇気をもらいました。

Q5.次回の開催?高知県西部の四万十市あたりで開催はどうか?


H・Kさん ○
Q2.今年2月に子供が乳癌になったから。

Q3.自分もいつ癌になるかも知れないので、その時の自分がどう考えるか。

Q4.杉浦貴之さんの「大丈夫」 命ある限り挑戦する。

Q5.癌等の人々に希望をこれからも与えて頑張って下さい。


K・Aさん ○
Q2.昨年、母を亡くし、まわりにもがんと闘っている人がいます。また、ファイナンシャルプランナーの仕事の中でも
得られることがあると思ったので参加を決めました。

Q3.杉浦さんのパワーを頂きました。また、船戸先生、野田先生の雰囲気、キャラがとてもよかったです。(普通の
ドクターはまじめそうな、おかたいキャラの人が多いので・・・)

Q4.最後の体験談、前向きに生きている、生きていこうとしている方々の言葉に感動しました。

Q5.貴さん、2回目になります。いつも前向きでパワーあふれる言葉やパフォーマンスにパワーもらっています。
またお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。


A・Aさん ○
Q2.自分を少しでも変えたいなと思い参加しました。

Q3.とても良かったです。最後の発表をしなかったことが悔いが残りますが、次回参加できれば発表したいです。

Q4.全部。

Q5.これからも続けて下さい。また高知に来てほしいです。(できれば年1回くらい)


K・Cさん ○
Q2.ガンになり、いろいろな情報を得たいので。

Q3.とても良かった。考え方が楽になった。杉浦さんの言葉には共感できた。

Q4.杉浦さんの歌やお話が楽しく希望にみちていた。ホノルルマラソンに出たいと思った。

Q5.野田先生、杉浦さん、船戸先生のお話はこれからの生き方の道標になったように感じました。
ありがとうございました。


C・Hさん ○
Q2.去年、骨ガンの内視鏡手術。

Q3.とてもお話が良かった。忙しい毎日、楽しくすごして行きます。

Q4.元気が出る歌をありがとうございました。

Q5.私も去年、検診で骨ガンと言われた時、おどろきました。早期ということで内視鏡ですみ、今年1年目の検査で
異常なしでした・毎日楽しく元気にすごして行きます。これからも活動続けて下さい。ありがとうございました。


K・Mさん ○
Q2.知人がガンで、お役に立てることがあるかも!と。

Q3.参加できて良かったです。参考になることが沢山ありました。ガンではない私にも、気づきをいただけました。

Q4.病気を治すのが目標ではなく、その先に夢を。

Q5.1人1人の想いの集まりで、すてきなイベントをされていることが、多くの方の力になっていることと思います。
これからもこのすばらしい集まりが広まっていきますように!予定があり、船戸先生のお話を最後まで聞かせて
もらえず残念です。本を読まさせていただきます。ありがとうございました。


H・Mさん ○
Q2.親友がガンになっちゃいました。今、闘病中です。何か私に出来るヒントがあればと思い参加させて頂きました。

Q3.前向きに・・・ポジティブに・・・とわかっていても、どんな風に考え方を変えていけばいいか、イマイチよく
わからなかったのですが、エロインこともOK!!と具体的に!!教えていただき、自分のワクワクをたくさん作って
いくことがいいんだと少し希望がわいてきました。親友にも伝えて、一緒に夢に向かっていこうと思います。

Q5.今日は本当にありがとうございました。出演者さん達、主催者さん方に感謝します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


スポンサーサイト

  • 2018.11.14 Wednesday
  • -
  • 11:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 image2
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM