<< がんなんて吹っ飛ばせ!治った人と話そう! 岡山 2016/12/18 | main | 『余命半年、僕はこうして乗り越えた!〜がんの外科医が一晩でがん患者になってからしたこと〜』 西村元一 ブックマン社 >>

第9回 がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松 2016/12/25

楽器の街 浜松での「第9回がん治っちゃったよ!全員集合!」。クリスマスの12月25日(2016年)に、開催されました。

 

楽器博物館内の音楽工房ホールは設備も音響も素晴らしく、杉浦貴之さんの歌、寺山心一翁さんのチェロが一段と響きました。

浜松市の後援をいただき、地元のスタッフさんのがんばりもあって、160名の満席となりました!

 

 

JR浜松駅から直結 アクトシティに併設されている楽器博物館

 

こじんまりとしていますが、清らかな雰囲気が漂う音楽工房ホール

 

160名のご参加 満員御礼!!

 

 

 

 

杉浦貴之さんの歌でオープニング!!

 

織田英嗣さん(食道ガンから11年 めぐみの会 代表)の開会宣言。

 

立っているだけで“クリスマス”の織田さん(笑)

 


開催に尽力された山中圭子さんがご挨拶。

 

自分と同じ咽頭ガンを患った同窓生との再会。生きる気力を失くしていた彼が、紹介した書籍『『命はそんなにやわじゃない』を読んで、「この人に会いたい!」と渇望した。それが、杉浦貴之さんだった。彼のステージを見るためなら、名古屋でも、大阪でも、東京でも出かけよう!そう意気込んでいたところ、なんと地元浜松でのイベントがあった。会場は、楽器博物館 音楽工房ホール。それから彼は激変し、ガンから逃げることなく、生き抜きました。だから、何としても「がん治っちゃったよ!全員集合!」を、この会場でやりたかった!!

 

万感の思いで挨拶される山中圭子さん

 

 

 

◆精神科医 宮島賢也先生の講話

 

サンタクロース姿で、人の意識の三層構造や満月の法則を語る宮島先生

 

 

 

◆杉浦貴之さん(腎臓ガン体験者)のトーク&ライブ

 

軽妙なトークが笑いをさそいます

 

 

1971年愛知県生まれ。28歳にしてがん宣告、手術。進行が著しく、余命は「早くて半年、2年後の生存率0%」。2005年、がん克服者の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。同年12月、ホノルルマラソン出場、2010年〜2014年、がんサバイバーホノルルマラソンを主宰し、全員完走・完笑! 「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験アンビリーバボー!」などにも出演。トークライブ、学校での講演と全国を駆けまわっている。(杉浦さんの体験談記事はこちら!)

 

*杉浦貴之さんの公式サイトはこちら!

 

まじめな話もできます(笑)

 

ビンビンパワー!

 

 

*杉浦さんの著書

 

 

 

 

 

◆休憩を挟んで笑いヨガ

 

 

 

 

◆寺山心一翁さん(腎臓ガン体験者)講話とチェロ演奏

 

貴重な寺山さんのサンタクロース姿 お宝画像です(笑)

 


1936年東京生まれ。1984年に腎臓がんを患う。手術、抗がん剤、放射線による治療を続けたが、がんが肺など他部位への転移で末期状態になる。「数か月の命」と言われながら、多くの気づきから、ホリスティックな癒しの中でがんが自然治癒。その後、世界各地で、自らの体験発表や自然治癒に関する講演、愛と癒しのワークショップを行っている。現在、(有)寺山心一翁オフィス代表取締役、日本ウェラー・ザン・ウェル学会副理事長。フィンドホーン財団評議員(スコットランド)、ISSSEEM理事(米国)

 

「ガンは自分の子供です。愛してあげてください」

 

 

 

◆トークセッション

 

ご来場者の質問に、出演者がお答えしました。

 

 

自分の体との対話は大切!(笑)

 

 

 

◆フィナーレ(決意表明者に会場全体で「大丈夫コール」でエールを送りました!!)

 

 

 

壇上から、参加者全員から、治るエネルギーをプレゼント!!

 

 

ご来場の皆様、出演者、スタッフの方々、ありがとうございました!!!

 

 

 

スタッフは午前9時に集合しミーティング

 

イベント終了後、出演者・スタッフで記念撮影

 

 

今後の開催予定

 

◆2017年1月29日 東京 日暮里
 

◆2017年2月11日 広島県福山市
 

◆2017年5月21日 札幌

*詳細→がん治っちゃったよブログ

 

 

 

 

【第9回 がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)

 

Q1.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q2.参加された感想はいかがですか?
Q3.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q4.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。


Y・Iさん ◎
Q1.がんを治した人に会いたかった。希望をもらいたかった。パワーをもらいたかった。そして、楽しい時間に身を置きたかった。

 

Q2.とても充実した楽しい4時間でした。ありがとうございました。また参加します。

 

Q3.治す力は己の中にある。100人いたら100通りの治し方がある。ガンになった原因をしっかり見つけようと思います。

 

Q4.貴さんの歌、大好きです。勇気をありがとう。

 


M・Mさん ◎
Q1.がんの知り合いに誘われて、初めてこのイベントに参加させて頂きました。私は去年末、大腸がんになって手術をし、がん治っちゃった・・・って、どうしてか?ほんとなのか?知りたかったから。

 

Q2.お話された方の笑顔がとても素晴らしかった。そして、お話もひき込まれてしまいそうでした。今日、参加させて頂いてほんと良かったです。最高のクリスマスでした。皆さん、ありがとうございました。

 

Q3.杉浦さん、若いのに考え方が素晴らしいです。帰りに本を買って、もっともっと杉浦さんを知りたいです。歌声も素晴らしい。元気が出ました。

 

Q4.ホノルルマラソン、出ようかと思いました。ありがとう!

 


T・Mさん ◎
Q1.過去に、今回講演される宮島賢也先生の本を購読したことがあり、たいへん興味がわきました。先月(11月)、友人をすい臓がんで亡くしました。がんは人ごとではなく、身近なものだと強く感じています。

 

Q2.15年前から「うつ病による不眠症」と診断され、現在も通院服薬を続けています。もう一度、病気を見つめなおし、薬なしにしていきたいと思います。杉浦さんのトーク、歌はとても楽しく盛り上がった。ビデオもよかった。笑いヨガも楽しくできた。寺山心一翁先生の「日の出(太陽)」の話は、とても勉強になった。

 

Q3. 命はそんなにやわじゃない! LOVE SONG ありがとう。ビンビンパワー。三日月・満月。潜在意識イメージ。治る力(生きる力)は己のなかにある。寺山流直るヒント「がんになって良かったですね。おめでとう」

 

Q4.貴重な講演会に参加させていただきありがとうございました。日の出が見れるような生活をしたいと思う。

 


H・Mさん ◎
Q1.夫より教えてもらい、夫と一緒に参加しました。(病気ではありませんが)

 

Q2.とても良かったです。生きてゆく方向性を教えて頂けました。

 

Q3.杉浦さんの歌。歌詞の言葉がとても入ってきました。ほんとうの自分につながる大切さを、さらに確認させて頂きました。寺山さんのチェロの音が響いて入ってきました。

 

Q4.人間の一番大切にしなければいけないことを、教えて頂けました。実践して生きられるようになりたいし、生きてゆきます。

 


K・Sさん ◎
Q1.私も1999年、乳がんになり左乳房を切除しました。そんな中で、一人で生きていけない自分を知っています。

 

Q2.とても考え方が大切なんだ!と痛感しました。

 

Q3.今の自分は今までの自分よりも楽だ。

 

Q4.とても自然でありがとう。良かったですね。

 


A・Mさん ◎
Q1.ガンの治療をする上で、心に力をつけたかった。

 

Q2.いろいろよいお話が聞けてよかったです。歌もよかったです。

 

Q3.「幸せ」に向かって夢をイメージすることが大事だというお話。

 

Q4. 「生きる力」をありがとうございました。

 


A・Sさん ◎
Q1.妻の友人に誘われて。私もがんが治ったから。(ステージ3b)

 

Q2.体を使う話は楽しいですね。

 

Q3.笑いヨガ。寺山さんの話で神社の気の使い方に通じる話は、合致しました。

 

Q4.各地域で反応は違うでしょうが、精力的にがんばって下さい。

 


Y・Sさん ◎
Q1.前々から寺山心一翁氏の話を聞きたいと思っていたから。

 

Q2.やはり本当に楽しかった。大笑いでした。

 

Q3.寺山先生の笑顔。

 


Y・Mさん ◎
Q1.現在、母親治療中。「メッセンジャー」にとても勇気づけられてます。また力をわけてもらいたい。

 

Q2.貴さんはやっぱり色々うまい。楽しかったです。

 

Q3.家族の間でも、満月の前提で接してみる。

 

Q4.また力をもらったと思います。ありがとうございました。また機会が合えば参加したいと思います。また両親と参加できたら良いな。

 


Mさん ◎
Q1.友人の勧めで。寺山さん、宮島さん、杉浦さんのお話を是非お聞きしたいと思いました。

 

Q2.とても良かったです。内臓から元気になった気がします。胃腸の動きも良くなった気がします。

 

Q3.自分の幸せな未来を描きたいと思います。病気でなくても、トキメキを持っていない人達が大勢います。妄想でもいいからトキメキたいです。寺山さんの笑顔とチェロのひびきが心の中にしみわたりました。

 


Y・Eさん ◎
Q1.ガン患者の患者会に出席すると、なぜか気分が落ちてしまいます。明るい希望の会があればと・・・そう思いこちらに出席してみようと考えました。

 

Q3.寺山先生はサンタクロースみたいでした。

 

Q4.宮島先生、寺山先生、大変きょうみ深く聞きました。もっとお話を聞きたかったです。貴さんの言葉を大切にしながらの歌、とても良かったです。織田さん、司会ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.09.05 Tuesday
  • -
  • 17:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 ガンの辞典
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM