<< 上川美智子さん 乳ガン 15/07/14 | main | 直野武志さん(46歳) 10代で骨肉腫 15/08/25 >>

グランソール奈良免疫研究会2015 15/07/18

昨年に引き続き今年も「グランソール奈良免疫研究会」が開催され、参加してきました。免疫療法の最前線について学会レベルのお話が伺える貴重な会です。なお、グランソール奈良は独自の免疫研究所を併設している関係で、このような研究会が開催できるようです。

グランソール奈良免疫研究会2015

2015年7月18日 グランソール奈良 2階 大ホール

プログラム

第1講
演題:「iPS細胞技術を用いた抗原特異的T細胞の再生ー他家移植の系で使えるT細胞製剤の開発に向けてー」
演者:河本宏 京都大学再生医科学研究所 再生免疫学分野 教授


第2講
演題:「キメラ抗原受容体を利用した遺伝子改変T細胞によるがん免疫療法
演者:玉田耕治 山口大学大学院医学系研究科 免疫学分野 教授


第3講
演題:「膵癌集学的治療における免疫療法の役割」
演者:山上裕機 和歌山県立医科大学第2外科 教授



グランソール奈良免疫研究会2015


免疫療法の分野はここ数年、大きくパラダイムシフトしている。いかに免疫細胞を活性化するか?!という“足し算・掛け算”の活性化競争にしのぎを削ったものの効果面の評価は伸び悩んでいた。そこに登場したのが、「免疫チェックポイント阻害剤」である。

免疫が過度に働くと自己免疫疾患など自分自身を傷つけてしまう症状を惹き起こす。ゆえに私たち人間の免疫系は、過剰な免疫反応を抑制する機能を持っている。それが「免疫チェックポイント機能」である。ガン細胞はこの仕組みを使って、免疫から自分の身を守ることがわかってきた。免疫チェックポイント機能を阻害し免疫抑制を解除するのが「免疫チェックポイント阻害剤」である。投与によって一部のガンに有効な成績が報告されたことから、大きな注目を集めている。

従来の免疫細胞を活性化する手法を「+(プラス)の免疫療法」とするなら、免疫チェックポイント阻害剤を用いて免疫抑制を解除する手法は「−(マイナス)の免疫療法」とも呼ばれている。

一方「+(プラス)の免疫療法」については、ガン細胞に対するT細胞の攻撃力を最大に発揮させる仕組みの開発が研究されている。その一つが、T細胞にガン細胞を認識しやすくするセンサーを仕込む方法である。通常のT細胞を遺伝子改変し、ガンを認識するT細胞を作製する。T細胞受容体遺伝子導入、キメラ抗原受容体遺伝子導入などによる免疫療法である。

現在、免疫チェックポイント阻害剤はメラノーマ(皮膚ガン)で、キメラ抗原受容体遺伝子導入免疫療法は小児白血病で高い効果が得られている。今後、固形ガンに対する有効な治療法に発展するか注目される。


◆グランソール奈良の公式サイトはこちら!

◆グランソール奈良の取材記事(樹状細胞ペプチドワクチン治療)はこちら!








ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

スポンサーサイト

  • 2020.05.25 Monday
  • -
  • 11:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

抗がん漢方
image2
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM