<< 私のフィルター 15/04/06 | main | 「家族のケアでがんは消える 患者を生還に導く48の智恵」 野本篤志 遊タイム出版 >>

「私、どうしてガンになったのでしょう?」〜HOWとWHY〜

ガン患者さんの「私、どうしてガンになったのでしょう?」という問いに対し、ある地域の中核として医療を担う国立病院機構の院長は次のように1分で明確な答えを提示されるそうです。

「細胞の核にあるDNAの遺伝子情報は膨大です。その情報をたゆまなくコピーして細胞は新陳代謝をしている。それは例えるなら、1000頁以上の書類を延々数十年も毎日コピーし続ける作業です。どこかでコピーエラーが起きてもおかしくない。加齢、タバコ、塩分摂取過多、メタボなどでエラーが起こりやすくなるのです」

現代医学的に正しい答えなのでしょう。この答えは、“どのようにガンが発生したのか”つまり“How”を言い表している。そしてガン患者万人に対して、一律に等しく提示される回答です。

しかしながら、ガン患者さんはひとり一人それぞれ異なる人生を歩んでいる。いわば、すべてオリジナルな物語で生きている。その人生の物語において現れたガンに対する“どうして?”は“Why?”を問うているのであり、したがって回答もひとり一人ちがってくる。そこで得られる答えは、ガンが意味するもの、人生が意味するものであり、それこそまさに「私、どうしてガンになったのでしょう?」の腑に落ちる回答なのではないか。

人間は自分の身に起きた物事に対し、腑に落ちる、深く肯ける答えを得たら、物事をちゃんと受け止められる。すると安心立命し、次にどの道を歩んで自分の人生の物語を進めるのか明らかになると思うのです。











 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

スポンサーサイト

  • 2018.09.20 Thursday
  • -
  • 16:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 image2
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM