堀田式解毒野菜スープ

京都の堀田忠弘先生(堀田医院院長)考案の「解毒野菜スープ」(レシピ等はこちら)を、自分で作ってみることにしました・・・ダイジョウブかッ!(笑)

堀田式解毒野菜スープ
まずは材料を購入。無農薬無肥料がいいのでしょうが・・・手間と予算の都合で近場のスーパー物で調達。堀田先生も「やらないよりマシ」と言ってます(汗)


堀田式解毒野菜スープ
タメネギの皮、マイタケ、パセリを酢水で20分漬ける


堀田式解毒野菜スープ
ゴボウとショウガは昆布で5分下ゆで・・・昆布が主役みたい(笑)


ちゃんと下処理しましたよ!


堀田式解毒野菜スープ
2リットルの水に少々の自然塩を加え、上記を20分とろ火で煮ます


堀田式解毒野菜スープ
はい。できあがり(^^) タマネギの皮以外は食べてもいいそうです。


ボクにもできたッ!(笑) いたってカンタンです。

素材、調理方法からお察しのとおり、特別な風味はありません。いたって飲みやすい。僕は花粉症があるのでどうなるかなぁ〜って・・・もっと早くから飲まなくちゃね!!

◆作るのが面倒ッ! 外出先でも手軽に飲みたいッ! というご希望に応えて堀田先生監修のもと野菜スープを顆粒にした製品が発売されています。→詳細はこちら!



ガン克服テキスト 

ガン克服レポート
ガン克服資料


【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 


京都 堀田医院

JUGEMテーマ:健康

今回のご訪問は正式な取材ではありませんので、簡単なご紹介に留めます。

京都でご開業の堀田忠弘先生は、患者さん本人が持っている“治癒力”を最大に発揮することこそが、病気を治す最も強力な手段だという理念で診療をされています。

人間の心身が備え持つ治癒力が稼動することを邪魔しているモノがあれば、それを取り除いてあげる。そうすることによって、邪魔モノから解放された心身は、本来の治癒力を発揮しだす

独自のSMRテストを駆使して、心や意識へのアプローチ、身体へのアプローチの両面から、封印されていた治癒力を呼び起こします。

詳しくは著書をお読みください!


ガン克服テキスト 

ガン克服レポート
ガン克服資料


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 ガンの辞典
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM