いずみの会 4月定例会 2017/04/01

ガン患者会 いずみの会(名古屋市)の4月定例会にてお話させていただきました。

 

70名のご参加

 

いずみの会は創立27年。ガン患者会の先駆けとなりました。

 

 

 

演題 「治るチャンスを手放さないで!」

 

ダイジェスト版をシェアします。

 

 

 

今日は、昨年12月に発行しました「もったいないケース〜治るチャンスを手放さないで!」というガン克服テキスト(冊子)をベースにお話させて頂きます。

 

ガンを治したくお集まりの皆様からすると、ネガティブなタイトルに聞こえるかもしれません。どうしてこのようなテキストを公開したかと申しますと、今や、治った体験談、治療法はがんサバイバー、医療者から山ほど発信されており、ネットや本で入手可能です。では、望むような結果が得られなかったケースは、価値のない情報なのか? そこから学ぶべきことはないのか? 検証することもなく、「ガンだから仕方ない」で済ませてしまっていいのか? 今までご縁のあった方々が、身をもって残してくださったメッセージを、私のような立場だからこそ汲みとってみよう。そんな思いから、作りました。

 

「ガンは無限に増殖し、死に至らしめる病」というのが、現代医学の定説。社会一般のイメージも同様です。従って、早期発見、早期治療、見つけたら速やかに“退治”する。ところが、治すことに、あまりに前のめりになるばかりに、治す道に潜む落とし穴が見えなくなってしまう危険があるのです。

 

 

 

では、ガン治しの道にあるリスクとは何か?大きく2つに分類してみました。
\弧燭隆靄榲な営みを損なう
不健全な思考に囚われる

 

 

 

,蓮∈挧Δ瞭れ替わりである【新陳代謝】=【栄養摂取・エネルギー産生、合成・循環・排泄】を、人為的に損なってしまうことです。栄養障害、慢性炎症で損傷が亢進すると、ガンより先にあなたの体が営みを停止してしまう。

 

△蓮∧个辰浸弭諭押しつけられた思考を基準に、治療法を選択する、健康法を実践する、人生を生きる。不健全な思考は治癒や、健康の妨げになります。

 

今日は時間の関係で、おもに,砲弔い討話します。ガン治しにおいて、どんなことが生命の基本的な営みを損なってしまうのか?一つは、標準治療を過剰に受けてしまうこと。もう一つは、健康法の不適切な取り組みです。手術、抗ガン剤、放射線をやり過ぎてしまえば、人体の生命活動を損なうのは想像がつくと思います。ところが、安全と思われている自然療法と呼ばれる・・・食事・運動・温熱・・・であっても、不適切な取り組みはリスクになります。

 

体力が低下している状態で全身温熱療法を続け、二度と自力で立ち上がれなくなってしまった女性。健康道場(断食系)から極度の栄養障害で緊急搬送されてしまった患者。「抗ガン剤でとどめを刺しましょう」という医師の勧めで治療を始めると、間もなくしてみるみる衰弱していった男性。これらのケースは、ガンの進行に伴うというよりは、“不適切な取り組み”が原因と考えられます。

 

標準治療も過度な温熱、食事制限も、やり過ぎれば体力の消耗になってしまいます。ガンを切り取る。熱で細胞死させる。栄養を断ってガンを飢死させる・・・これらは、すべて“引き算”(漢方医学の瀉法)の療法ですから、前述のような事が起き得るのです。

 

愛知県豊明市にある藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座教授の東口盪崟萓犬涼書『「がん」では死なない「がん患者」〜栄養障害が寿命を縮める〜』によると、ガン患者の死因の約8割が、ガンではなく感染症で亡くなっている。その感染症を引き起こす免疫機能の低下は、栄養障害による。同大学病院に入院している余命1ヶ月と思われる患者108名を調査したところ、ガンの進行による栄養障害は17.6%。残りの82.4%の患者は、不適切な栄養管理が原因の栄養障害であったと報告されています。

 

私は、同講座が主催するセミナーにも参加しました。栄養障害でタンパク質が不足すると、免疫能障害、臓器障害、サルコペニア(筋肉量減少症)などが発生し、生きる力が奪われていきます。悪液質状態に陥りやすくなります。

 

ではなぜ、生命の基本的な営みを損なうほどのガン治しに、突き進んでしまうのか? 社会一般的なガンのイメージは、「ガン=死」です。死に対する恐怖心が強いと、ガンはとてつもなく恐ろしい病。だから早く治療して消さなければならないという、治療至上主義、延命至上主義の思考に囚われてしまいます。すると、標準治療を過剰に受ける、ガンを消そうと不適切な健康法をやってしまう。

 

しかし、私が取材したガンサバイバーさん達、とくに医学的に厳しい診断をされながらも治癒した人、ガンと共存しながら長期に元気に生きている人の共通点は、“腑に落ちる”ガンとの向き合い方をしています。病気、治療法、人生と健全な関係性を築いています。それを整理分類したのが、「ガン克服のための3つの物差し」です。

 

 

*3つの物差し*
【病気の物差し】
ガンを測る通常の医学の物差し。(病院の検査)

 

【元気の物差し】
健康度、治癒力など、からだ全体に目を向ける物差し。

 

【いのちの物差し】
人生観・死生観(生き様・死に様)。幸せを感じて生きるための物差し。

 

ガンと診断された当初は、ガンが判明したショック、そして病気の物差しで測られた検査結果・・・大きさ、悪性度、進行度、果ては余命・・・に動揺するのは無理なからぬところです。しかし、病気の物差しだけでガンに向き合うと、ガンが[消える:消えない]の二極化思考になる恐れがあります。標準治療はもとより、食事や運動、温熱などの健康法・養生法にまでガンが消えることを求めます。つまり、療法をすべて同じ土俵で比較して、「効く:効かない」を判定しようとします。

 

しかしその比較の仕方には、無理があるのです。なぜなら、標準治療は、短い時間で一時的にガン細胞の数を減らすことを目的にしたツールです。これと同じことを、たとえば食事療法に求めるのは理にかないません。ただし、食事療法で健康体になり、自己治癒力が回復し、ガンが治癒することもゼロではありません。また、健康体なら治療も効きやすくなります。食事療法の本来の目的は、健康体(体内環境を改善する)になることなので、その効果をガンの検査結果だけに求めると、地に足のついた取り組みができません。

 

ですから、
「標準治療で健康になろうとしない」
「健康法でガンを攻撃しない」

 

療法に優劣をつけるのではなく、特性を理解し、自分の治療観、健康観、人生観に照らし合わせ、目的に応じて選択するのが健全です。

 

 


ここで、お二人のサバイバーさんをご紹介します。

 

【事例紹介 −井英代さん(原発不明ガン 余命3ヶ月)】
治療をする、しないの判断が真に主体的。悪液質に近い状態から回復。抗ガン剤の止め方が見事。
*詳細記事→「ガンの辞典 ガン体験者との対談」に掲載(こちら!)

 

【事例紹介 ‐硝楙算劼気鵝2005年 リウマチ+2011 年乳ガン)】
乳ガンは手術をするも、組織は最も悪性で致死率が高いため、医師は術後に放射線、抗ガン剤を勧める。しかし、治療固辞。「ガンもリウマチも免疫のバランスが崩れている。ガンが治ればリウマチも治るはず」という治癒観を信じて、自らがよいと思う健康法に取り組む。3〜6ヶ月で腫瘍マーカー半減。約1年で残存ガンが消える。リウマチは2年かけて減薬〜完全断薬。
*詳細記事→「ガンの辞典 ガン体験者との対談」に掲載(こちら!)

 

 

では、そろそろ今日のテーマ「治るチャンスを手放さないで!」のまとめをしたいと思います。

 

まずは、生命の基本的な営みを損なうことをしない。栄養障害や慢性炎症を助長する過剰治療、不適切な健康法・養生法に気をつけることです。

 

そして、不健全な思考に囚われない。そのためには、〈ガンに対して〉〈治療法・健康法に対して〉〈自分のからだに対して〉〈自分の生き死に対して〉健全な関係性=腑に落ちる解釈・評価を持つことです。

 

そして最も「もったいない」のは、ガンであろうが、なかろうが、自分を信じない、本当の自分を生きないことです。

 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

◆上記テキストの詳細はいずれもこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


いずみの会 体験談&お話し会 2017/02/18

ガン患者会いずみの会、昨年末に移転した新事務でいろいろな催しを企画されています。

 

今日は「土日特別セミナー 目からウロコのがん克服術」の初回。

 

こじんまりとしたスペースならではの、膝を突き合わせた語りあいができます。

 

 

 

体験者さん(小野浩子さん 子宮体ガン 2011年8月)の体験談、および患者同士で語り合う会でした。参加された15名は地元だけでなく、東京や関西からもお越しになられていました。

 

ガン種は様々ですが、ガンと診断されて間もない(1年以内)の方が多く、治療に対する迷い、情報の渦に翻弄されている様子が窺えます。分子標的薬で治療中の方は、思うような結果が出ていない失望、この先の薬が効かなくなった時の不安を吐露されていました。判で押したような病院の対応、治療への不満、不信も話題に上りました。

 

皆さん、日々の中で一人で悩んだり、落ち込む。ですから、ガン患者仲間の会に参加することで、心を落ち着け、また気持ちが上向きになれるようです。少人数での会の良いところですね。

 

今後、定期開催される方向で検討されています。

 

 

◆いずみの会 公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


いずみの会 定例会 2017/02/04

今月は杉浦貴之さんの講演(もちろん歌いました)、質疑応答、その後、部位別交流会。

 

杉浦貴之さんのトーク&ライブ

 

 

僕は後ろの方で、胸部のガン患者さんたちが語り合うのを聞いていました。分子標的治療の話題が主でしたね。地元だけでなく、青森、東京、神戸の方もいらした。

 

同じ臓器の上と下のガンが、一方は特定の遺伝子変異を起こしており、他方は変異なし。使える薬がなくなってきている。免疫チェックポイント阻害剤を使ったが悪化している。腫瘍マーカーと肝機能の数値が上昇して、たった3ヶ月の投与で打ち切られてしまった。12年前から、肺、脳、脳の再発、食道のガンを経験したが、直近の検査ではいずれもガンは認められない。

 

そんなお悩みや近況を、同じ部位の患者さん同士でシェアされていました。

 

部位別交流会。同じ病友だからこそわかりあえる。

 

 

主治医から、「延命治療だよ。治らないよ」と告げられている患者さんも、複数いらっしゃいました。でも、お医者さんが設定する”治る”だけを目指すことないですよ。だってそうすると、知らず知らずにガンに主導権握られてしまいますから。

 

お時間のある方だけで懇談会。けっこう本音がでる場です。

 

 

次回は、4月1日(土)愛知医科大学大学院研究科教授 福沢嘉孝さんとガンの辞典 編集長 小澤が担当です。

僕のテーマは、「治るチャンスを手放さないで!」です。

 


◆いずみの会 公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


いずみの会 定例会 2016/12/10

今年(2016年)最後の定例会。漢方専門薬局薬剤師 高田理恵先生(岐阜県大垣市 林薬局)の講演、および体験発表(神谷喜和子さん)でした。

 

高田理恵先生(右)と編集長

 


高田先生が実父の肝臓ガンを契機に、ガンの漢方養生に本格的に取り組み出されたのが14年前。その後40歳のときに、ご自身も子宮頸ガンと診断されますが、いずれも漢方養生で寛解されています。

 

その後も、熱心に養生法を研究され、全国からの相談を受ける傍ら、地元や名古屋さらに関西からの講演依頼に応えておられます。今日は、「がん治療&養生中の不安解消地図」に沿って、下記の項目についてお話下さいました。

 

1.養生に手おくれなし
2.発がんの原因・・・相手を知ること
3.不安はナビを設定すれば解消
4.がんの治り方
5.手術を迷っているとき
6.抗がん剤をどうするか不安なとき
7.放射線を受けるとき
8.三大療法は対症療法 漢方養生は中身を変える本治療法
9.養生していて体重がどんどん減るとき
10.腹水・胸水の対応の仕方
11.腸閉塞を起こさないように
12.高カロリー輸液より、ひと口の栄養

 

数多くのガン相談と研鑽に裏打ちされた養生法は、日々の生活に馴染みやすいものです。

 

 

ガン患者さんは、いろんな局面で不安を抱えます。この不安解消地図、日常生活に即していてわかりやすいです。

 

 

◆高田先生の記事はガンの辞典にも収載しています(こちら!)

 

 

 


神谷さんは、2009年に直腸ガンの手術を受けました。入院中、この際と検診を受けたところ喉の付近に影が映った。生検で偽陽性となるも、1年9ヶ月後、甲状腺乳頭ガンと診断されます。甲状腺ガンに関しては標準治療を受けず、快療法、漢方などで経過を見ることにしました。以来現在に至るまで、しこりは存在するもののガンとしての活動は確認されていません。

 

いずみの会事務局の要でもある 神谷喜和子さん

 

 

直腸ガンが見つかった時、神谷さんは「大変だ!」とは思わなかったそうです。「あー、来たか!? 仕事辞めよう!」が、すぐに頭に浮かんだそうです。家族のこと、残業続きの仕事・・・背負い込んでいるものが多かった。「このままだと病気になる」・・・そんな感覚があったのです。だから背負っている荷のうち、まず仕事を捨てることにした。そして、食事やウォーキング、10時就寝など自分が腑に落ち納得できる養生を実践されました。

 

いずみの会に入会し、ボランティア活動にいそしむ。夫婦でできる趣味、自分だけの趣味を楽しむ。ガンになって、いっぱいよいことがあると語る神谷さん。とりわけ、「自分にとって何が大切かを見極め、シンプルに生きられるようになったことが、ガンの最大の恩恵」と締めくくられました。

 

 

高田先生のバンド仲間&めぐみ音のコーラス。参加者も一緒に歌いました(^^)

 

 

次回は、2017年2月4日(土)ゲスト講演は杉浦貴之さんです。

 


◆いずみの会 公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


いずみの会 定例会 2016/10/01

名古屋のがん患者会 いずみの会の定例会でした。

 

講演と課題別交流会。

 

100名近くが参加されました

 

 

講師は、寺山心一翁さん。

 

エネルギーに溢れる寺山心一翁さん

 

寺山さんといえば、チェロ演奏付きの講話

 

 

48歳で右腎臓にガンを発症。手術、抗ガン剤、放射線の治療をするも、肺など他部位へ転移。余命数ヶ月ととなり、自宅で死を迎えるため退院。しかし死を前にして、寺山さんは霊的な目覚めにより、意識と生き方が大きく転換します。その後、ホリスティックなアプローチによって、残っていたがんは自然治癒しました。

 

寺山さんは、常々、「がんに愛を送る」という言葉を用いられます。自分自身がつくったがんは、いわば我が子も同然。ならば、がんを含めた自分自身を愛してあげよう! すると、自然治癒が解放される。

 

寺山さんの体験について、統合医療の第一人者 アンドルー・ワイル博士(アリゾナ大学医学部教授)は、次のように綴っています。

「病というものは、もっとも深刻な場合でさえ、あなた自身の変容と霊的な成長をもたらすきっかけであるということです」


*詳細は寺山さんの著書「がんが消えた ある自然治癒の記録」(日本教文社)をご参照ください。

 

 

 

 

課題別交流会は、【講師に聞く】【抗ガン剤・放射線治療】【玄米菜食】【お手当法】に分かれ、懇談しました。

 

 

 

 


次回は、12月10日(土) 講師は漢方専門薬局薬剤師の高田理恵先生です。

 

◆いずみの会 公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 


いずみの会 定例講演会 2016/08/06

講師は春名伸司さんと織田英嗣さんでした。

 

お二人とも「ガンの辞典」では、お馴染みのガンサバイバー。

 

 

猛暑の中、約100名がご参加

 

 

春名さんは、中咽頭ガン4期から15年。ガン専門の気功といわれる郭林気功の指導者として、全国各地で講座を開催。
織田英嗣さんは、食道ガン2aから10年。めぐみの会代表として、患者会運営。各種講座開催。ガン患者の音楽バンド「めぐみ音」を結成。

 

オープニングでは、めぐみ音によるミニコンサート。「365日の紙飛行機」みんなで歌いました。

 

 

ガン治しには、感じる力=感性がたいせつ。盲目的な人まねではなく、自分の体と対話しながら、治す道を極めて行く。お二人に共通する、メッセージでした。

 

 

◆いずみの会の公式サイトはこちら!


◆春名伸司さんのガン体験談記事はこちら!

 

◆織田英嗣さんのガン体験談記事はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


いずみの会 総会記念講演会 「ガン感謝!」 我志普願さん(東将則さん) 2016/05/28

昨年、余命3ヶ月の脳腫瘍克服体験を取材させて頂いた、石川県の我志普願さん(本名 東将則さん)が、いずみの会(ガン患者会 名古屋)で講演してくださいました。

◆我志普願さん(東将則さん)の体験談記事はこちら!


「ガン感謝!」 我志普願さん(東将則さん)
会場風景


実は、いずみの会から我志さんへの講師依頼を託され、仲を取り持ったのでした。末期脳腫瘍サバイバーさんのお話を聴く機会、少ないですもんね。

我志さんが、取り組まれたこと。
・よく噛む
・少食
・睡眠
・呼吸
・排便
・酵素、発酵食
・心の持ち方

「ガン感謝!」 我志普願さん(東将則さん)
スライドを使ってたっぷり1時間超えの熱のこもったお話


【よく噛む】
一口 100〜150回。一口ごとに数えるは大変なので、砂時計を利用した。

【少食】
間食・夜食を止め、1日1〜2食。残りの1〜2食を野菜果物ジュースや酵素飲料にした。ガンになる前は、高カロリー食、肉食、アルコール暴飲。体重は現在より20kg多かった。

【睡眠】
早めの就寝(10時〜2時をはずさない)。お昼でも眠くなったら仮眠(5〜20分)。日中に、軽い運動。就直前に、入浴。

【呼吸】
腹式呼吸。

【排便】
朝、コップ一杯の水を飲む。腹圧を高めた・・・腹式呼吸、お腹マッサージ。食物繊維の摂取。発酵食品摂取。

【酵素、発酵食】
かなり研究され、現在も工夫を重ねている。朝食は野菜果物ジュース。発病後、空腹時に味噌を舐める。酵素・発酵健康食品の利用。

【心の持ち方】
最も重要。手帳サイズのノートを常備して、病気になりやすい心を、瞬間的に病気になりにくい心に切り替える訓練をした。(認知行動療法) 言霊の大切さ。


「ガン感謝!」 我志普願さん(東将則さん)
懇親会で質問に丁寧にお答えされる我志さん



我志さんは、腫瘍マーカーが上がった際も主治医の見解を鵜呑みにするのではなく、自分で勉強され腑に落ちる解釈を採用して乗り切られました。人間の尺度の診断は、遺伝子レベルの尺度(生命の奥深さ、大きさ)からすれば、ほんのササイなこと。自分自信を肯定し、信じ、良くなる条件を揃えてゆくことが、我志さんのガン治しです。


「ガン感謝!」 我志普願さん(東将則さん)
記念にパチリ


◆我志普願さんの著書「ガン感謝!」





◆あぞう鍼灸接骨院の公式サイトはこちら!

◆東将則さんのブログはこちら!









ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

いずみの会 2月定例会 15/02/07

今年、発足25周年を迎えるガン患者会の老舗「NPO法人 いずみの会」。2015年最初の定例会が2月7日(土)に開催されました。

いずみの会 定例会
会場は名古屋から快速で10分 尾張一宮駅ビル内のi-ビル2階 大会議室 アクセス便利です!


100名近くの来場者のうち、1割ほどが初参加。前会長の中山氏の著作やネット検索、口コミから新規入会者が絶えないのは、25年間ブレのない運営方針、役員やボランティアスタッフの尽力に依るものでしょう。

いずみの会 定例会
開始10分前。今日はほぼ満席!

いずみの会 定例会
定例会恒例!参加者みんなで歌ってオープニング!

いずみの会 定例会
副代表 小松さんの開会ご挨拶


【2月定例会のプログラム】
◆講演「生き方をかえれば、がんは治る」
講師:鎌田進さん(NPO法人 ガンの患者学研究所副代表)

いずみの会 定例会

いずみの会 定例会
講演のテーマ は、ガンの患者学研究所が提唱し続ける「治るためにの基礎理論」といったところでしょうか


いずみの会 定例会
切れ味いいお話しっぷりの鎌田さん

いずみの会 定例会
氷山の図 ガンの患者学研究所の定番です
水面から上に出ているガンをつくってしまう水面下の3要素が変わらなければ、またガンという目に見える氷山が出てきてしまいます。



「ガンは新しい自分になるきっかけ!」
「治し方の選択は、生き方の選択=どういう行き方を選ぶか?!」

ホントそう思います。



◆体験発表「思いは叶うと信じて〜修復の遺伝子を目覚めさせるために イメージトレーニング開始」
肺ガン体験者 斎藤康夫さん

肺ガン発症から9年以上経過。手術不適応で、放射線と抗ガン剤治療。入院直後から独自にイメージ療法を開始!

いずみの会 定例会
飄々とした斎藤さんの語りに会場もなごみます

いずみの会 定例会
オリジナルのイメージ療法用テキスト。1日に何回も読んで自分の細胞に染み込ませた!


斎藤康夫さんのガン体験は「ガンの辞典 ガン体験者との対談」にも掲載されています。(こちら!)

【追記】
当日の斎藤さんの肺ガン体験発表を掲載しました!(こちら!)


◆質疑応答

いずみの会 定例会


◆小グループ交流会

いずみの会 定例会

いずみの会 定例会

いずみの会 定例会
現代表 中尾守正さんの閉会のご挨拶


次回の定例会は4月4日(土)です。
いずみの会ホームページの「お知らせ」でご確認ください。


いずみの会 定例会
いずみの会関連書籍、過去の定例会のDVDも会場で購入できます














 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


 

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 ガンの辞典
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM