第15回 がん治っちゃったよ!全員集合!in名古屋 2018/06/09

「がん治っちゃったよ!」の趣旨

 

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。


◆がん治っちゃったよブログ!

 

 

 

名古屋 丸の内オフィス街にある東京海上日動ビルのホールをお借り致しました

 

 

 

「がん治っちゃったよ!全員集合!」(通称 がんなお)発祥の地 名古屋で4回目となるイベント。今回は、当日事情があって参加できない方のために、録画配信での視聴もご用意しました。

 

*録画配信のお申し込みはこちら!

 

 

出演者は、がんなおの原点に戻り、サバイバーさんのみ。しかも、医学的に厳しい診断をされた方々です。

 

 

 

杉浦貴之さんの歌「命もそれを望んでいる」で開幕!

 

 

 

司会の織田英嗣さん(5年生存率20%の食道がんから11年 めぐみの会主宰)が開会の挨拶

 

 

 


【講演 松野三枝子さん】

 

◆プロフィール

宮城県南三陸町在住。12年前、末期のスキルス性胃がんと宣告され、食道、胃、胆管、胆嚢、脾臓、片腎を摘出。5年後、入院治療中に東日本大震災が起こり、津波に遭いながら九死に一生を得る。心身ともに変化が起こり、避難所で懸命に炊き出しを行い、再入院した病院でがんの消失がわかる。2014年1月、心の拠り所を作りたいと、夢を叶え、レストラン「農漁家レストラン松野や」をオープン。松野さんの存在を知った多くのがん患者さんが訪れている。

 

松野さん、ちょーパワフルなお話!

 

 

 

【トーク&ライブ 杉浦貴之さん】

 

◆プロフィール

1971年愛知県生まれ、岡崎市在住。1999年、28歳にしてがん宣告。「早くて半年、2年後の生存率0%」。左腎摘出手術後、化学療法2クール。2005年1月、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン「メッセンジャー」を創刊。同年12月、ホノルルマラソン出場、2010〜2017年、がん患者、家族、サポーターたちとともにホノルルマラソン主宰。 「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験アンビリーバボー!」などにも出演。トークライブ、学校での講演と全国を駆けまわっている。2011年12月『命はそんなにやわじゃない』(かんき出版)を出版。公式サイトはこちら!

 

椅子に立ち上がった!

 

ビンビンパワー!

 

しばらくの間、履けず(笑)

 

 

 

【講演 工藤房美さん】

 

◆プロフィール

宮崎県生まれ、熊本県在住。48歳で子宮頚がんを発病、放射線治療を受け子宮のがんは消失。しかしのちに肺と肝臓に転移。余命1ヶ月を宣告される。病床で村上和雄著の「生命の暗号」に出会い遺伝子の働きに深く感銘。抗がん剤治療を受けながら、60兆個の細胞や抜け落ちる髪の毛1本1本にも「ありがとう」と感謝できる心境に。発病から10ヶ月後、全身のがんは綺麗に消えた。完治後、村上和雄教授の勧めで自らの体験を語り歩く。以来、自分の遺伝子が喜ぶ生き方を選択。「遺伝子スイッチオンの奇跡」(風雲舎)を出版。

 

*工藤さんの体験談記事はこちら!

 

終始、穏やかながら芯のある語り口の工藤さん

 

工藤さんのお話に聞き入る参加者

 

 

*松野さん、工藤さんの講演のミニレポートはこちらのブログを!

 

 

 

【トークセッション】

 

トークセッションで来場者の質問に答える出演者の皆さん

 

 

 

【フィナーレ】

 

参加者が自らの決意を表し、会場全体で「大丈夫〜!!」のエールを送りました!

 

 

 

 

「この世は愛に充ちている この世は悦びに充ちている」

 

 

 

出演者、スタッフ、ありがとねー!!

 

 

 

 

 

【第15回 がん治っちゃったよ!全員集合!in名古屋 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)


Q2.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q3.参加された感想はいかがですか?
Q4.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q5.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。

 

盒 政子さん ◎
Q2.in高知参加し、元気いっぱい頂き感動しました。又、新たな感動を!希望を!治ったさんに会いに来ました。治ったと、治ったと、感じたいです。治ったさんになった過程を感じとりたく、参加しました。気が付けば電車に乗っていました。

Q3.人の為に自分の体をさておいて行動された松野さん、無償の愛、他の人の為に行動される、それが一番大切なんだと教えていただきました。この言葉を今後、胸に留めて生きて行きたいです。自分の為ばかり考えず、病気を治そうととらえずに生き、心安らかに生きたいです。

Q4.涙したっていい、甘えたっていい、すべてを受け止めるから。生きているだけで素晴らしい。病気が出来たからこそ、ああしたい、こうしたい。70兆分の1の命。人間の素晴らしい命を輝かしてくれれば言う。自分が病気を作ったのだから治していけばいい。

Q5.いつも元気を下さり感謝しています。


青木 宏道さん ◎
Q2.ガンになっており、治す為の参考に色々と勉強したかった。

Q3.皆さん、感動的な話を聞かせていただきました。すばらしいパワーを感じました。自己を見つめなおす。先々の夢をもつことの大切さを痛感しました。また、感謝の大切さを再確認できました。(ありがとう)

Q4.松野さんの震災後のパワー。杉浦さんの感情のこもった歌とトーク。生きているだけで価値がある。「言葉」「映像」「刺激」の3つの言葉。工藤さんの「ありがとう」の深い感謝の思い。

Q5.素晴らしい企画をありがとうございました。大変有意義でした。大変参考になりました。


市川 英子さん ◎
Q2.ガンを直す勉強会で船戸先生と出会い、そして本日を迎えました。娘も妹もガンを克服しました。感謝だけです。多くの人に知って頂きたいと思いました。

Q3.多くの人に伝えて行きたい。お医者様の諸説をいっぱい聞きました。言われた中の「ふしぎ」を、皆様が体験され言葉にされました。私の中でつながったこの大切な想いを、どうやって病気でたたかっている人に伝えていけたらと思います。

Q4.心にひびいて来ます。私も元気になり、明るく感謝してこれからの人生をすごしたいと思います。

Q5.ぜひ続けて頂きたい! 大きな大きな和になる事と思います。


扇子 智里さん ◎
Q2.がんに対してのイメージを変えたかった事と、がんになった本人の気持ちを知って、家族として何が出来るのか考えたかった。

Q3.前向き、頑張る、と言うよりは、出来る、大丈夫、と言う気持ちになれた。楽しんでいいんだ、楽しもうと心から思えました。

Q4.初めての参加でしたが、「たかさん」←思っていた人と全く違いました(笑) ビンビンパワーは斬新ですね。松野さんの働き方にもおどろきでした。

Q5.生きているだけでいい、、、本当にそうですね。楽しんで生きましょう。そして、たくさんの人にメッセージを送ってください。


飯田 万次さん ◎
Q2.楽しみにしていました。

Q3.大変よかったというか勇気をいただきました。ありがとうございました。

Q4.松野さんのお話しは初めてでしたので、そのパワーに驚きました。
Q5.自分だけが重症と思っていましたが、スタッフで病状が重いのにがんばっている方が多く、勇気をいただきました。


石川 二三子さん ◎
Q2.皆さんのお話を聞いて、元気と勇気をいただきたいと思って。時として、この状態いつまで続くんだろうとめげてしまうこともあり、夢と希望を持って前に向かっていくパワーをチャージしにきました。

Q3.参加できて良かったです。それぞれの方の思いや生き方が、とても力強く伝わってきました。私も自分の意識を治す、痛みを取ることだけでなく、その先へ向けて夢をもって、そこに向けて行きたい!行こう!と思えました。

Q4.大丈夫。ひとりじゃない。ありがとう。

Q5.ありがとうございました。本当に励みになりました。感謝です。


石川 秀一さん ◎
Q2.身近な親友をがんで失っているのと、最近また別の友人ががんになったり、仕事上でもがんの方と接する中で、自分は何か出来ないかと思い、キッカケをつかみたいと思い参加させて頂きました。

Q3.参加して本当に良かったです。やっぱり、身の回りの人の協力と自らの考え方、病気を治そうというより、夢を見ることが大切なんだと思いました。

Q4.それぞれのステージが大変素晴らしいステージでした。松野さんの震災の話は胸がいたくなりました。とにかく、自分を治すのも自分だという事。素晴らしい事を発信して、悪いニュースを上回る事。気付く感性をみがくこと。

Q5.今日は本当にありがとうございました。大変貴重な気付きを頂きました。


原 ふみ子さん ◎
Q2.末期ガンから生還された方の話を聞きたかった。

Q3.松野さんの話は笑いと涙、満載でした。バイタリティと使命にカンパイ!! 病になるのは大切な気付きをえるチャンスだと思いました。三者三様のお話しが聴けて、有意義な時間でした。

Q4.笑いは眠っている遺伝子をONにする。感謝は大事。レベルの高い会で満足でした。

Q5.杉浦さんの声、すてきです。特に高音部分(^^) 工藤さん、すてきです!!お話し聞けてよかった。


M・Yさん ○
Q2.以前より、お話しを聞きたかった松野三枝子さんのお話を聞きたく参加しました。不思議ですが、今回はチラシを見て、どうしても行きたいと思いました。(現在、介護中の為、時間に制約があるのですが)

Q3.「闘うよりも楽しめばよい」杉浦さんのオープニング曲、ステキです。「命の無限の可能性」前向き、後ろ向きに生きた5年後の生存率は同じだけど、絶望しなければいい。杉浦さんの言葉に勇気づけられます。幸せな気持ちになれました〜。ありがとう〜!!

Q4.松野さんのパワー、すごいですね。がん患者とは思えない程、お元気です。人生に前向きに進んでいけば、おのずと道は開けると確信しました。「どんな自分でもオッケー」杉浦さんの言葉、いいですね。自分を一番支えてきたのは自分、という杉浦さんの言葉、ありがとうございます。

Q5.杉浦さんの歌は、聞き手に本当に伝わります。


S・Yさん ○
Q2.私も卵巣ガン、子宮体ガンの治療をしました。手術の前に苦しんでいた時に、いずみの会の方からメッセンジャーの松野三枝子さんの体験談を読んでごらんといわれました。松野さんが気になり、直接お話しを聞きたくて参加しました。

Q3.まず松野さん、とても元気な方でびっくりしました。お声が大きくて腹の底から声を出されている感じで、キセキを起こされる方って、こういう方なんだと思いました。杉浦さん、入院中のナースの話がとても印象的でした。現在、私は抗ガン剤治療中ですが、この状況を実は楽しんでいます。

Q4. 松野さんのお話の全般。杉浦さんのナースのお話、ご両親のお話。工藤さんのありがとうの意味。元カノさんの何かスゴイ話。印象的でした。工藤さんの息子さんの言葉。

Q5.貴重な体験を語って頂き、ありがとうございました。ガン告知受けた時は真っ暗でした。ガンになって失ったものもあります。でも一方で、ガンになって得たものもあります。ガンになって得たものを大切にしていきます。


A・Hさん ○
Q2.ガン告知されていますが、決定的なのは14日です。偶然、工藤さんの本を知ることになり、講演会があることを
知りました。ガン告知は、昨日、先生から可能性大といわれました。

Q3.ありがとうございます。引っ込み思案な私ですが、がんばります。子供達のためにも。

Q4. 日本は水道を使っても安心して使える恵まれた国。(工藤さん)

Q5.娘に引きつられ大阪から来ました。(工藤さんの本は知っていました) 工藤さんのお話を実際耳に出来て、誤解が解けました。そして、松野さん、杉浦さん、ありがとうございました。


I・Kさん ○
Q2.妻が以前、杉浦貴之さんのライブに行き、感動したと聞いたので参加しました。

Q3.がんになっても、自分らしく生きる前進力があることに感銘しました。

Q4.生きていることには意味がある。70兆分の1の命を輝かせる。


K・Tさん ○
Q2.ガン体験者、ガン生還者の皆さんの体験、情報を得たかったから。

Q3.非常に良かった。感動した。

Q4.杉浦さんの歌、トーク、大丈夫。松野さんの大震災体験。工藤さんのサムシング・グレート、大丈夫。

Q5.感動しました。


O・Yさん ○
Q2.浜松でのがんなおで、とても元気をもらったのでまた参加したいと思いました。

Q3.本当に感動しました。イベントに来る度に、何かスイッチが入る気がします。

Q4.気にしない。私は私。すべてのステージに感動しました。

Q5.たくさんの元気をくださって、ありがとうございます。ずっと続けてください。


O・Rさん ○
Q2.私はいま元気で病気はないですが、兄弟、母、叔母、祖母など、母親の身内がみなガンでした。ガンという病を
のりこえた人たちの話をききたいと思いました。

Q3.「治る力は自分にある・・・」 病にならないための日常生活を送ることが大切だと思いました。松野さんの話、最高です。涙がでました。

Q4.「言葉がとても大事」 言葉が意識を変える、楽しもうとする。「思いを言葉にしてゆこう」「生きているだけでよい」


K・Kさん ○
Q2.がんの手術後、しばらくして家族の病気もあり、こういうイベントには行けなかったのですが、家族が少し落ち着いたら、自分の体のことが心配になってきて、地元なので参加しました。

Q3.本で読むのも元気になれたり、感動もあるのですが、とても生の声には力があると思いました。パワーのある言霊を、また再発の恐怖が頭をよぎった時に想い出して元気になれたらと思います。

Q4. 沢山あり過ぎて・・・ 気にしない ありがとう 大丈夫

Q5.こういうイベントなのに、とにかく明るい!!ところが素晴らしいと思いました!!


A・Sさん ○
Q2.母の誘いがきっかけでしたが、とても興味深かったので、是非お話を聞きたいと思いました。

Q3.私はがん患者ではないですが、どの方のお話もとても胸に響きました。これからは全てのことに感謝できるような自分でいたいと思いました。

Q4.「病は気から」 元々、この言葉は自分でも思っていたのですが、工藤さんがおしゃっていて、どこか裏付けしてもらえたような気持ちでした。


A・Mさん ○
Q2.進行ガンで手術できず、1年経ちました。少しずつ進行して、使える薬もあと少しとなり、いずれ死ぬことを前提に過ごしてしまっています。皆さんのパワーをもらいに来ました。細胞が変わるきっかけになれば。

Q3.笑いあり、涙ありの忙しい、充実した時間でした。皆さん、壮絶な体験をされているのに、それを感じさせないパワー、エネルギーに驚きました。どうぜ手術できないし、余命を受け入れないといけないし・・・と、どうしても思ってしまう私でも「変われる!生きられる!大丈夫!」と思えました。ありがとうございます。

Q4.たくさんありすぎて、ドンドン忘れていってしまいました・・・(汗) 配信で、また見直そうと思います。お三方、みなすばらしかったです。

Q5.楽しいパワーあふれるイベントを、ありがとうございます。兵庫県での企画があれば、スタッフで参加したいと思いました! ホノルルマラソンも歩いてみようかしら・・・!?


I・Rさん ○
Q2.スタッフとして参加されている先輩に、“私も3年前にこの会に参加して、たくさん知恵を授けてもらったの”と教えてもらいましたので。

Q3. 元気をもらえました。楽しんで生きていこうと思えました。ありがとうございます。

Q4.杉浦さんのトーク&ライブ。まだまだ私は自分を解放できなかったですが、もっと聴きたいと思いました。

Q5.今日は楽しかったです。ありがとうございました。また参加したいです。


K・Mさん ○
Q2.元気な気持ちで治るあとおしがほしかったのですが、数日前に治療再開宣告があり、生きぬくために来ました。

Q3.パワーをもらいました。うまく言葉にならないですが、参加できてよかったです。

Q4.最後のコールの治っていない人たちの、覚悟の言葉。

Q5.ありがとうございました。また参加します。


D・Nさん ○
Q2.自分の中の、ガン=死 というイメージを払拭して、イメージを書きかえたかったから。

Q3.治った人は特別なのではなく、自分と同じ人間なのだ。そして、自分の中にも治る力はあるということ、に気付きました。

Q4.70兆分の1の奇跡で生まれてきた。そしてその奇跡で生んでくれた両親や先祖に感謝する。ガンになっちゃったではなく、私だからこそ引き受けられて乗り越えられていく。

Q5.希望の光となるお話や、映像、歌、刺激をありがとうございました! 自分の中のイメージが少しずつ変わってきたことを実感できました。


K・Yさん ○
Q2.私には懐かしい故郷のようなイベントになってます。私もずっと支えていただいていますが、他にもたくさんの人の心に灯をともしていると信じます。もっと広がり、もっともっと続いてほしいです。

Q3.久しぶりの「息子との再会」のようでした。ありがとうございます。すでに私の「生き方指南の場」になってますね。

Q4.私はこの人生で「支える」ことを学びに来た・・・「そうなのかな?ずいぶんハードル高いな。『離れて見守り続ける』って結構ハードだよ」・・・って本音です。でも、信じます。〈息子のいのちの力〉 あきらめないで、命の輝きとりもどしてー心はそばにいるよ。Something Great ここで出会えるとは!!感謝します。

Q5.いつもありがとうございます。お疲れさまです。これからもよろしくお願いします。


U・Nさん ○
Q2.医療関係者として患者さんの本音が聞けると思ったため。

Q3.大変ためになりました。明日からの仕事にいかしていきたいと思います。

Q4.「ありがとう」 感謝の言葉。スイッチを入れるのに大事な言葉だと思いました。

Q5. また参加します。


U・Kさん ○
Q2.松野さんのお話を、どうしても聞きたかったため。

Q3.松野さん、よかったです。杉浦さん、今日もすばらしかったです。感動でした。工藤さん、とても勉強になりました。本買います。

Q4.ツボがよかった。みなさんの明るさ、よかったです。ありがとう、という言葉です。

Q5.また行きます。


M・Iさん ○
Q2.工藤さんと松野さんのお話を生で聞いてみたかった。

Q3.感動しました。参加してよかったです。寺山さんの時の浜松に参加してから、今回2回目ですが、さらに良かった。

Q4.杉浦さんのお母さんの言葉が、自分の母からのことのように感じました。その後の「大丈夫」がまた良かった。工藤さんのスイッチも良かったです。メッセンジャーを見て、すごくスピリチュアルな方と思っていたけど、普通の(スミマセン)主婦の方だった。勇気ビンビンもらいました。

Q5.皆様、私も生かされた命を全うします。ありがとうございました。


E・Aさん ○
Q2.同病のスキルス胃ガン経験者の松野さんの講演が聞けると知ったので。

Q3.4時間は少し長いと思いました。

Q4.ありがとう!!感謝の気持ちを忘れないこと。

Q5. Takaさんへ、いつも素敵な笑顔、トーク、ライブありがとうございます。迷ったけど名古屋に来てよかったです。


Kさん ○
Q2.杉浦さんのファンなのと、工藤房美さんの本を読んでとても感動し、お会いしたいと思っていました。この前のイベントで杉浦さんが話して下さった松野三枝子さんにも会いできるなんてうれしいです。織田英嗣さんのお話もまた聞くことができてうれしいです。

Q3.杉浦さんの歌で涙が止まらなくなりました。感動すると治っていく気がすごくします。ありがとうございます。また参加したいです。

Q4.全部。再発し全身に広がっているのを、今は病院の治療はあまりしていません。細胞は毎日生まれ変わっているということを聞き、やっぱり大丈夫だと思いました。陶板浴の竹屋さんに通って、自分の好きな事をして治っていこうと思います。

Q5.ものすごく治る気がしてきます。このような素晴らしいイベントを開催して頂き、感謝の気持ちで一杯です。皆さん、お体に無理のないよう活動を続けていって頂きたいです。


T・Yさん ○
Q2.貴さんのライブには参加したことがありましたが、タイミングが合わずがんなおに参加したことがなかく、今回いいタイミングで参加することができました。松野さんに会いたかった!会えてお話し聞けてうれしかったです。

Q3.夫とともに申し込みましたが、夫婦関係が微妙で、本当に一緒に行けるのか・・・?というこの頃でしたが、一緒に来られて良かったです。

Q4.それ程上手くない(すみません)貴さんの歌に、又、泣かされました。(笑) 空気みたいになっているけど、ずっと側にいてくれる人(夫)の存在に改めて気付かされました。

Q5.石川のがんなおも、ぜひ参加したいと思います!


T・Yさん ○
Q2.身内をがんで亡くしているので、がんの予防、治療などに関心があって。

Q3.生き方や心の持ち方の変化が大切なことを感じた。

Q4.大丈夫。ありがとう。70兆分の1の奇跡の生命(私)

Q5.ありがとうございました。


Y・Iさん ○
Q2.工藤さんに会いたくて(母に工藤さんに会って欲しくて)

Q3.考え方がすごく大事だと感じました。でも、それに自分が気づかなければ良い方向に向いていかないのかな?とも思います。母にも気づいて考え方、行動が変わると良いと思います。

Q4.工藤さんのお話の中で村上先生の「生命の暗号」のお話がありましたが、休眠中の遺伝子の1個でもいいからスイッチが入ったら、今より元気で居られるという言葉。

Q5.この様な会を開催して頂ける事に感謝です。家族にとっても、とても勇気がもらえました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


2018年6月9日「がん治っちゃったよ!全員集合!名古屋」キックオフミーティング 2018/03/13

通算15回目、イベント発祥の地 名古屋では4回目となる「がん治っちゃったよ!全員集合!」6月9日の開催に向けて、キックオフミーティングを行いました!

 

12名+エア1名の参加(笑) 地元イベント経験者がコアスタッフなので、心強いです。今回は、出演者全員が一般サバイバーさん。しかも医学的には、厳しい診断をされた方々。がんなおの原点回帰的キャスティングです。

 


あらためて、【「がん治っちゃったよ!」の趣旨】

 

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。

 


そうです。本来の自分に“リボーン”するきっかけになって頂ければという想いで、発起人、出演者、スタッフ一同、皆様をお迎えする所存です。

 

ミーティング参加スタッフ(ほぼ体験者)も、いろんなきっかけでリボーンしてます。

 

救急車リボーン!
笑っていいともリボーン!
ガンでも仕事あるぞリボーン!
リボーン洞戸でリボーン!

 

発起人の杉浦貴之さんのライブでリボーン。織田英嗣さんのめぐみ音でリボーン。則武謙太郎さんの己書でリボーン。

 

そして、「がん治っちゃったよ!全員集合!」でリボーン!

 

Yes! This is me!


来てね(^^)/

 

 

◆イベント詳細・お申込みはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 


【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


今年の「がん治っちゃったよ!全員集合!」ミーティング 2018/01/30

発起人3人(杉浦貴之さん、織田英嗣さん、私)で、今年のイベント計画についてミーティングをしました。

 

 

 

4会場での公演が決定しています。

 

 =6月9日(土)名古屋=

【出演者】 松野三枝子さん(3.11の津波で九死に一生を得、末期がんからも生還・宮城県)、工藤房美さん(熊本県)、織田英嗣さん、杉浦貴之

 

=8月12日(日)埼玉=

【出演者】 船戸崇史医師(船戸クリニック)、宮崎ますみさん(女優・ヒプノセラピスト)、富田文乃さん(司会・埼玉県)、杉浦貴之

 

=11月23日(金・祝)浜松=

【出演者】 未定

 

=11月25日(日)石川(能美市)=

【出演者】 船戸崇史医師(船戸クリニック)、東 将則さん(脳腫瘍から生還の鍼灸師・能美市)、織田英嗣さん、杉浦貴之

 

多くの方のご来場をお待ちしています。
地元でお手伝い頂けるスタッフも募集しております。宜しくお願い致します。

 


◆過去の「がん治っちゃったよ!全員集合!」ダイジェストはこちら!

 

◆がん治っちゃったよブログ!

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 

 


第14回 がん治っちゃったよ!全員集合!in高知 2017/12/02

「がん治っちゃったよ!」の趣旨

 

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。


◆がん治っちゃったよブログ!

 

 

 

 

前日高知入りして、イベント当日の朝、高知城、はりまや橋を散歩してきました

 

 

 

初の四国開催は、高知です。現地主催リーダーは、なんと現役の病院勤務医 野田理香先生。出演者の船戸先生とも親交があり、今年1月の東京の会(第10回)に運営の見学を兼ねて、参加頂きました。スタッフ、来場者ともに医療関係者の多い高知大会となった一方、これまでと同じように各地からがん患者さん、ご家族の方々が参集され、会場は150名の熱気に包まれました。

 

会場の高知市文化プラザ

 

 


【オープニング】

よさこいの演舞で幕開け!

 

この日のために準備、練習してくださったそうです。ありがとうございました!

 

 


司会は、乙女(龍馬のお姉さん)姿の近藤有左さん。開会宣言。

 

緊張の面持ちの乙女姉さん

 

ちゃらい龍馬登場!!(笑)

 

 


【野田理香先生の講演】

 

脂質と炎症の関係を解説。炎症は発ガン、ガンの進行による悪液質にも関わります。炎症を起こしにくい食べ方も研究され、臨床に活かされています。

 

 

 

 

 

【杉浦貴之さんのトーク&ライブ】

 

龍馬の魂を胸に、いつもにましてキレキレのトークと熱唱。

 

語りに笑い

 

歌に涙し、湧き立ち

 

 

 

【休憩後は笑いヨガでリフレッシュ!】

 

橋本さんとお仲間のリードで笑いヨガ

 

 

 

【船戸クリニック院長 船戸崇史先生の講演】

 

ご自身も腎臓がんサバイバーである外科医 船戸先生のお話は、各地で大好評。がんができる仕組みと治る仕組みを、わかりやすく解説してくださいました。

 

 


がんは本来の自分に生まれ変わる機会を提供してくれている。

船戸先生の提唱する「Reborn生活」。来年1月23日に開所する「リボーン洞戸」で学び、体感できます。

 

 

 

【トークセッション】

 

トークセッションで来場者の質問に答える出演者の皆さん

 

おきまり(笑)

 

地元ならではの演出も

 

 


【フィナーレ】

 

参加者が自らの決意を表し、会場全体で大丈夫のエールを送りました!

 

 

 

 

 

参加者が会場の全員を前に、自らの言葉で語り前を向く瞬間、全員の細胞が共鳴し響き合います!!

このプログラムが、いちばん好きです!!


 

 

南国土佐 高知色豊かなイベントとなりました! 出演者、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!

 

 

 

 

【第14回 がん治っちゃったよ!全員集合!in高知 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)


Q2.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q3.参加された感想はいかがですか?
Q4.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q5.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。

 

 

高芝 栄子さん ◎
Q2.このイベントに参加したことのある広島在住の友人が強くすすめてくれた。余命宣告された人が生きていて、
生きる希望がわいたと。

Q3.感動しました。講演も良かったです。とても感謝。幸せの輪が広がっていましたね。

Q4.歌。講演会。最後の大丈夫―!良かったです。

Q5.がん(ぽん)の闘病中の方々がいやされますよう、心よりお祈りしております。


塩見 千代子さん ◎
Q2.杉浦さんの活動をフォロー中です。

Q3.初めての参加でしたが、もっと沢山の方に参加して頂きたいと思います。

Q4.杉浦さんの歌は特に心に響きました。毎日カーステレオで聴かせて頂きます。

Q5.野田先生、主催して頂きありがとうございました。船戸先生の教えを実践していきます。杉浦さんに勇気を
頂きました。そして、スタッフの皆さん、ありがとうございました。


西森 孝さん ◎
Q2.興味があったから。

Q3.良かった。

Q4.船戸先生のお話、よかったです。そして、歌も。

Q5.がんの方が長生きしますように。


松村 隆司さん ◎
Q2.妻の提案で、松山についで2回目の杉浦さんに逢いにきました。

Q3.杉浦さんの歌はとても声がよく、心がこもっていて、松山の時よりも声が伸びていてよかったです。
野田先生の話は難しい、専門的でしたが、カラダのしくみ、プロセスがわかってよかったです。
船戸先生のお話はわかりやすく、いま妻(ガン患者)にやっていることを改めて「正しいこと」だと思い、
続けていこうと思いました。

Q4.杉浦さんの最後の歌の歌詞に亡くなった妻の父に私が言った言葉があり、妻へのプロポーズに言ったことも
入っていたので心に染みました。

Q5.また、いろいろなところでやってください。もっと多くの人に伝えてください。


松村 恭枝さん ◎
Q2.杉浦さんの歌がまたききたくて。自分に元気づけをしたかったので。

Q3.何度も涙が出ました。歌で泣き、講演で泣き、本当に感動しました。大丈夫!!宣言、迷いながら勇気がなくて
手をあげれませんでした。次回、チャレンジします。

Q4.船戸先生のガンの言い分をきいてあげる。まさにそれだと感じました。自分で作ったガンは、自分で治せると
改めて思いました。

Q5.皆様の色々な言葉やメッセージ、しっかり受け止めて明日から生かします。いつか、愛媛松山でこの会を主催
できたらと思います。その時は、是非よろしくお願いします。


奥原 恵子さん ◎
Q2.りか先生に誘われたので。

Q3.大変、エネルギー、勇気をもらえた時間でした。ありがとうございました。

Q4.自分の病を許す。

Q5.皆さん・・・参加者の皆さんも含め・・・すばらしく、ありがとうございます。


山本 崇史さん ◎
Q2.チームメッセンジャーの方と知り合いで、その方の魅力を肌で感じ、こういう方が関わっている場を感じて
みたいと思ったから。

Q3.杉浦さんの精一杯の姿が印象的で感動しました。出演者やスタッフの皆さんのチーム感で、場がすごく居心地
よかったです。「マイ大丈夫アイテム」を、一度見直してみたいと思いました。

Q4.杉浦さん:“ビンビンパワー!!” 臨場感たっぷりに繰り返し繰り返しイメージする。どんな時も素晴らしく輝いて
いる。今までは楽しめてなかった⇒楽しむこと。
船戸先生:何でもいいから出来ることをすると、それは立派に病が治っていることと一緒。がんは治るようになって
いる。がんは変わりなさいというメッセージ。薬も有効に使う。

Q5.今日、何かを感じて参加させていただいたのですが、半日、とても楽しく過ごさせていただきました。この
ご縁は、がんサバイバーのとみちゃん、さくらさんからのご紹介で、素晴らしい友がいることに感謝しながら、
杉浦さんが言っていた、自分の(お腹の)中にある自分と対話していきたいと思います。ありがとうございました!


田中 淑子さん ◎
Q2.いろいろな方の話を伺うことと、自分のこと、アウトプットするため。高知にも来たかったので、晴天に恵まれ
あたたかかったです。気候だけでなく、みなさんの気持ちも。

Q3.心が、魂が満ち足りました。自分で決めてやってきたことも、自分だけでなく、そのことを支え受け入れて
下さる方があって、今の自分が生かされていると、改めて思いました。

Q4.船戸ドクターのがんの言い分。がんはたた「変わりなさい」とだけ言っている。

Q5.今日はありがとうございました。がんかもしれないと、わかった時、たたかわないでいようと思いました。
闘病ではなく、問う病しようと(自分に問うことをしようと)。Ponにめぐりあえたことで、世界が広がり、日々
楽しく充実しています。今日、「大丈夫!!」とたくさん浴びて、ますます元気になれました。


高橋 政子さん ◎
Q2.インターネットで知りました。治ったさんの笑顔にあいたいと思い参加しました。友人(病気でない)が、有休とった
よと、背中を押してくださいました。

Q3.勇気をもらいました。これからすばらしい日々がおくれるとスイッチが入りました。とても有意義で大切な日と
なりました。有難うございました。

Q4.病気を治すことを人生の目標にしていた。病気を治すことは通過点であり目標ではない。私はこの言葉に
救われました。開き直る。支える、支えられるは同じ、どっちも上も下もない。

Q5.心こもるメッセージ、有難うございました。


Y・Tさん ○
Q2.杉浦さんの本「命はそんなにやわじゃない」読みました。船戸先生は昔から知り合いです。

Q3.とてもよかったです。癌患者さんに勇気を与えるイベントでした。

Q4. 「ありがとう」よかったです。

Q5.継続的な


K・Sさん ○
Q2.自分が癌で治療や色々なことに不安だったのですが、病気された方のブログでポンと見つけて明るい気持ちに
なれました。それで行きなさい、参加しなさいと言われているんだと思い、楽しみにしておりました。

Q3.とてもわかりやすく、よかったです。パワーもそうですが、気づきを頂けたように思います。

Q4. 船戸先生が、杉浦さんはみなさんのためにやってるんじゃない、自分のためにしてるって言われたのに笑え
ましたし、本当だ!楽しんでやられていると、すばらしいなと、笑顔になれました。

Q5.高知初で参加でき、タイミングもよく、ありがたかったです。もしよかったら、また来て下さい。四国に!


S・Yさん ○
Q2.がんに対する知識の習得。

Q3.期待通りであった。

Q4. がんの言葉を聞く。


O・Rさん ○
Q2.不健康から健康になる為のヒントがあればと思い参加しました。

Q3. まだ途中ですが、元気をいただく講演会だと思います。

Q4.“頑張ることは限界がある” “楽しいことは限界がない”

Q5.また高知で開催いただければうれしいですね!


Iさん ○
Q2.関係者かあの要請。

Q3.命について。

Q4. 夢を持つこと。目標を持つこと。

Q5.元気をもらいました。


K・Kさん ○
Q2.2人に1人がかかると云われるがんに対する考え方(恐怖)を払拭したくて。昨年、主人をガンで看取りました。

Q3.素晴らしかったです。とにかく、すばらしかったです。来てよかったです。

Q4.全部。でも杉浦さんの歌、サイコーです。

Q5.また来て下さい。絶対。


T・Mさん ○
Q2.自分が乳がんで、講演内容にすごく興味があって、聴きたいと思ったからです。

Q3.ほんとうに充実した数時間で、たくさんの気付きもあったり、歌に涙したり、知識も増えました。今日来て
良かったとすっごく思いました。

Q4.船戸先生のがんについてのお話がとてもわかりやすく、すぐにでも実践したいと思いました。

Q5.ほんとうにいい時間でした。また高知でしてもらいたいです。


C・Mさん ○
Q2.自分が乳がんで参考にしたい。心配しすぎないようになりたいから。前向きになった人の話をききたかったから。

Q3.笑顔でらくに考えようと思った。生きるパワーは大事だと思った。心配しすぎないことを心にとめようと思った。
生きている間にいかに楽しむかが大事。船戸先生の説明はわかりやすく共感した。

Q4.楽しもう。人生は有限。1人ではない。生かされている。治すために生きているんじゃない。変わりなさい。

Q5.生きている間は楽しみましょう。


S・Tさん ○
Q2.ずっとアメーバで杉浦さんの活動をみていたから。

Q3.素晴らしかったです。元気になりました。泣いて笑ってストレス発散できました。

Q4.大丈夫。ありがとう。おとめさんの涙。

Q5.またどこかでお会いしたいです。


K・Aさん ○
Q2.身近な友が、がんの経験者なのと、いつ自分もなるかわからないので知りたいことがたくさんあったので。

Q3.うなずける事だらけで、感動、感謝でいっぱいです。

Q4.歌、ステキでした。

Q5.みなさん、ステキでした。来場の方もとてもすばらしいと思いました。


M・Mさん ○
Q2.自分自身がガン体験者だから。

Q3.最高でした。勇気と希望、感動致しました。

Q4.杉浦さんの体験に感動。全てにおいて素晴らしく、勇気をもらいました。

Q5.次回の開催?高知県西部の四万十市あたりで開催はどうか?


H・Kさん ○
Q2.今年2月に子供が乳癌になったから。

Q3.自分もいつ癌になるかも知れないので、その時の自分がどう考えるか。

Q4.杉浦貴之さんの「大丈夫」 命ある限り挑戦する。

Q5.癌等の人々に希望をこれからも与えて頑張って下さい。


K・Aさん ○
Q2.昨年、母を亡くし、まわりにもがんと闘っている人がいます。また、ファイナンシャルプランナーの仕事の中でも
得られることがあると思ったので参加を決めました。

Q3.杉浦さんのパワーを頂きました。また、船戸先生、野田先生の雰囲気、キャラがとてもよかったです。(普通の
ドクターはまじめそうな、おかたいキャラの人が多いので・・・)

Q4.最後の体験談、前向きに生きている、生きていこうとしている方々の言葉に感動しました。

Q5.貴さん、2回目になります。いつも前向きでパワーあふれる言葉やパフォーマンスにパワーもらっています。
またお会いできることを楽しみにしています。ありがとうございました。


A・Aさん ○
Q2.自分を少しでも変えたいなと思い参加しました。

Q3.とても良かったです。最後の発表をしなかったことが悔いが残りますが、次回参加できれば発表したいです。

Q4.全部。

Q5.これからも続けて下さい。また高知に来てほしいです。(できれば年1回くらい)


K・Cさん ○
Q2.ガンになり、いろいろな情報を得たいので。

Q3.とても良かった。考え方が楽になった。杉浦さんの言葉には共感できた。

Q4.杉浦さんの歌やお話が楽しく希望にみちていた。ホノルルマラソンに出たいと思った。

Q5.野田先生、杉浦さん、船戸先生のお話はこれからの生き方の道標になったように感じました。
ありがとうございました。


C・Hさん ○
Q2.去年、骨ガンの内視鏡手術。

Q3.とてもお話が良かった。忙しい毎日、楽しくすごして行きます。

Q4.元気が出る歌をありがとうございました。

Q5.私も去年、検診で骨ガンと言われた時、おどろきました。早期ということで内視鏡ですみ、今年1年目の検査で
異常なしでした・毎日楽しく元気にすごして行きます。これからも活動続けて下さい。ありがとうございました。


K・Mさん ○
Q2.知人がガンで、お役に立てることがあるかも!と。

Q3.参加できて良かったです。参考になることが沢山ありました。ガンではない私にも、気づきをいただけました。

Q4.病気を治すのが目標ではなく、その先に夢を。

Q5.1人1人の想いの集まりで、すてきなイベントをされていることが、多くの方の力になっていることと思います。
これからもこのすばらしい集まりが広まっていきますように!予定があり、船戸先生のお話を最後まで聞かせて
もらえず残念です。本を読まさせていただきます。ありがとうございました。


H・Mさん ○
Q2.親友がガンになっちゃいました。今、闘病中です。何か私に出来るヒントがあればと思い参加させて頂きました。

Q3.前向きに・・・ポジティブに・・・とわかっていても、どんな風に考え方を変えていけばいいか、イマイチよく
わからなかったのですが、エロインこともOK!!と具体的に!!教えていただき、自分のワクワクをたくさん作って
いくことがいいんだと少し希望がわいてきました。親友にも伝えて、一緒に夢に向かっていこうと思います。

Q5.今日は本当にありがとうございました。出演者さん達、主催者さん方に感謝します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


第13回 がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松 2017/11/23

「がん治っちゃったよ!」の趣旨

 

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。

 


◆がん治っちゃったよブログ!

 

 


昨年に続き2年連続の浜松開催。今回も音楽の街 浜松にちなんだ楽器博物館内の音楽工房ホールで開催しました。プログラムも、音楽演目を増やしました。船戸崇史先生の講演共々、参加者の心に響いたと思います。

 

JR浜松駅直結の楽器博物館

 

エントランスには、こんな民族楽器も展示されています

 

 


【「めぐみ音」によるコーラス】

 

めぐみの会代表 織田英嗣さん(食道がんサバイバー 「がん治っちゃったよ!全員集合!」発起人の一人)が結成した、がん患者・がん体験者のコーラスグループ。プロのミュージシャンのサポートを得て、オリジナル曲もリリース。病院でのボランティアコンサートもされています。(めぐみ音のサイト)

 

オリジナル曲を披露

 

 

曲の合間に体験談を挟まれて・・・元気になったから歌うのではなく、歌うから元気になった!!

 

 

 


【杉浦貴之さんのトーク&ライブ】

 

全国で大活躍の、腎臓がんサバイバー 杉浦貴之さん。ファンも大勢来てくれました!

 

トークに笑い

 

歌に涙し

 

 

発起人でもあり、レギュラー出演者の杉浦くんの言葉。

「ここは治し方を学ぶ場ではなく、自分らしい生き方に気づき、それを行動に変えていく場でもあります」

 

◆杉浦貴之 公式サイト

 

 

 

 

【休憩後はおっさまの笑いヨガでリフレッシュ!】

 

 

 

 

 

【船戸クリニック院長 船戸崇史先生の講演】

 

ご自身も腎臓がんサバイバーである外科医 船戸先生のお話は、各地で大好評。がんができる仕組みと治る仕組みを、わかりやすく解説してくださいました。

 

がんは本来の自分に生まれ変わる機会を提供してくれている。

船戸先生の提唱する「Reborn生活」。来年1月23日に開所する「リボーン洞戸」で学び、体感できます。

 

 

船戸クリニックのスタッフの方々も、お手伝いに来てくださいました

 

 

 

 

【トークセッション】

 

トークセッションで来場者の質問に答える出演者の皆さん

 

 

 


【フィナーレ】

 

 

参加者が自らの決意を表し、会場全体で大丈夫のエールを送りました!

 

 

 

 

【エンディング】

 

 

出演者、会場、一緒になって「365日の紙飛行機」を歌いました!

 


人生は紙飛行機
願いを乗せて飛んでいくよ
風の中を力の限り
ただ進むだけ
その距離を競うより
どう飛んだか どこを飛んだのか
それが一番 大切なんだ
さあ 心のままに
365日

 

 

出演者、スタッフの皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

【第13回 がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)

 

33名の方がアンケートにお答えくださいました

 

 


Q2.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q3.参加された感想はいかがですか?
Q4.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q5.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。

 

佐々木 拓哉さん ◎
Q2.がんを体験された方々のお話を実際に聞いてみたかったから。

Q3.大丈夫だと改めて思えるようになった。杉浦さんの声がすてきでした。

Q4.船戸先生のお話。大丈夫という言葉。

Q5.参加させて頂くたびに元気になります。


佐々木 清美さん ◎
Q2.生きるヒント、活力をもらう為。

Q3.トーク&ライブに何回か参加させて頂きましたが、「めぐみ音」の歌をたのしみにしてました。当事者にしか
わからないコトバ、日常の素晴らしさがリアルにつたわり感動しました。

Q4.確信を積み重ねる。病気を治すコトが目標ではなく、夢をかなえる為に病気を治す。たのしむ心を大切に。

Q5.新潟にもぜひ来てください。今日はじめて「大丈夫だよ」を泣かずに最後まで聞けました。何か、自分の中の
変化を感じました。


永井 清久さん ◎
Q2.がんが治って元気になった方が集まるイベントがあると聞いて参加しようと思った。

Q3.参加して良かった。がんについてより深く解りました。常の生活をみなおしてみようと思います。

Q4.笑いがあり、歌があり、楽しいステージがあり、良かったです。


小倉 治さん ◎
Q2.知人に癌の人がいる。

Q3.楽しさあり、笑いあり、勉強もあり、幅広い内容で参考になりました。

Q4.杉浦さんは初めてでしたが、面白かったです。船戸先生の講演は、以前ホリスティック医学講演会でお聞きした
ことはありますが、何度聞いてもいいので勉強になりました。

Q5.終了時間はもう少し早い方がありがたい。


尾崎 敦子さん ◎
Q2.今、ガン治療中の為。

Q3.元気になりました。元気、パワーをもらえました。

Q4.大丈夫!! 病は気から!! Reborn
 
Q5.ありがとうございました。病気の先を見て、楽しいことを考えます。


小宮山 友季子さん ◎
Q2.杉浦さんに会いたかったから。めぐみ音の勝又さんに会いたかったから。

Q3.めぐみ音のみなさんの歌う姿に「うれしさ」を強く感じました。あの冷たい、がんセンター中央病院の中を
ゆきかう患者さんたちー「孤独な人々の群れ(私と息子もそうでした)」としか見えなかったーの中から、こんな
すてきなグループが出来たなんて・・・救われた気分です。医療の場に(患者の側から)いのちの息吹を吹き
ぬけさせるー何てすごいんでしょう!! 貴さん、いつもありがとうございます。本、買いましたからね!
(ただし、ネット)

Q4.睡眠、笑う、自分を許す、今を楽しむ・・・とっても大事なことですね。がんの言い分、変わりなさい・・・耳新し
かったです。なるほどと思いました。勉強になりました。

Q5.この会を開いていただいたことに感謝します。貴さんの歌声、トーク、やっぱり生がいいですね。


M・Yさん ○
Q2.現在64歳、あとの人生、健康に楽しく幸せに生きていきたいと思っている今、興味がありました。

Q3.様々な方の話、生き方、活動を知ることができて、たいへん刺激になりました。

Q4.生き方を変える。


H・Sさん ○
Q2.たかさんや船戸先生のおはなしを聞き、勇気・元気をもらいたかった!

Q3.たかさんの歌声を聞いていると、不安だった気持ちなどを許してもらえる。かくしていた思いがでてきて
涙が止まりませんでした。

Q5.本日は元気を頂き、ありがとうございました。


H・Mさん ○
Q2.有効な情報が得られるのと、元気をもらえる。

Q3.同上です。

Q4. 最後は自分の“直感”で決める。

Q5.これからも希望の集まりお願いします。


H・Eさん ○
Q2.1月の東京に参加して、とてもよかったので。貴さんの顔を見て、歌を聞くと元気が出ます。

Q3.とてもよいお話が聞けました。船戸先生の説明を聞くのは2回目ですが、前回より理解が深まりました。

Q4.大丈夫だよ、という歌が大好きです。365日の紙飛行機は、歌うのが楽しかったです。

Q5.また、関東でも開催してください。


O・Yさん ○
Q2.ガンになった方のお話を直接ききたかったので。

Q3.とても楽しかったです。手術や治療の不安が大きかったけど、とても気が楽になりました。又、みんなのパワー
って、すごいと思いました。

Q4.どのステージも楽しかったです。全部。

Q5.また遊びにきます。そしてパワーをまたもらいに(+こちらからも)きます。


E・Yさん ○
Q3.前回、今回、参加して本当によかった。心からそう思いました。もっと聞きたかったです。

Q4.船戸先生です。

Q5.入金して参加致しましたが、入金確認が出来ていない?!ようで、受付時モタモタ。スタートから残念な気持ちに
なってしまいました。大丈夫ですか?確認とれましたか?会場内が寒くて、ホッカイロを持ってきたけど寒くて。


S・Tさん ○
Q2.圭子さんから、お声掛け頂きました。

Q3.とても深く学ぶことができました。参加して本当に良かったと思います。ガンに対する考え方が大きく変わり
ました。

Q4.全て印象に残りました。大きな感動を頂きました。

Q5.全ての出演者の皆様へ。深く感謝いたします。私はタッチフォーヘルスという家庭の医学のインストラクター
ですが、これからの活動に役立つ情報を沢山頂きました。ありがとうございます。


K・Kさん ○
Q2.がんを克服した方と会いたいという思いで参加しました。

Q3.とても楽しく参加できました。本当に楽しかったです。治療に広がりが持てました。

Q4. やっぱり杉浦さんのステージと船戸先生のお話がとても参考になりました。

Q5.元気になるきっかけになると思います。


K・Tさん ○
Q2.希望を持ちたかったので来ました!

Q3.すごく心が温まりました。お話がすべてとてもわかりやすくて、心に入りました。
Q4. 歌。リンパ球の話(船戸先生)。

Q5.どうもありがとうございました。今日来れて本当によかったです。たくさん笑って、毎日過ごしていこうと
思います。


Yさん ○
Q2.病気をして治していく過程で、気持ちの浮き沈みがはげしく、どのように気持ちを切り替えていくかを
知りたかった。

Q3.多くの人が同じ悩みをかかえている事を知り、一人ではないと思えるようになった。

Q4.杉浦貴之さんの歌、すばらしいです。涙が止まりませんでした。


H・Kさん ○
Q2.自分ががんになり、病気をどう受け止めるかを模索している中で「命はそんなにやわじゃない」に出会いました。
そこに書かれている考えに刺激を受け、どう生きるのかが大切と思えるようになりました。ホノルルマラソンにも、
来年は是非参加したいと思っています。

Q3. 直接、杉浦さん他がんサバイバーの方と出会い、希望と元気を頂けたと思います。本日夕方から、大学の
同窓会があって参加なので、途中で席を立つことになり申し訳ありませんでした。

Q4.杉浦さんのトークと歌に、パワーと人間愛を感じました。

Q5.企画主催して下さり、ありがとうございました。参加させて頂けて、とっても良かったです。メッセンジャーに
のりたいと思っています。



Q2.自分の固い殻を抜け出したかったからです。背中を押してくれた大切な仲間がいました。乗り越えている人たちに
たくさん会いたかったからです。

Q3.元気をいただけました。ひとりじゃないと思いました。いろいろな情報があり迷うことが多いです。このような
場に、これからも足を運びたいです。

Q4.全てよかったです。タカさんの唄とことばが、いつもよりパワーがありました。船戸先生の講演はとてもよかった
です。リボーン行きたいです。最後に皆で唄ったことがとてもよかったです。

Q5.愛をたくさん、ありがとうございます。楽しんで生きるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


第12回 がん治っちゃったよ!全員集合!in北海道 2017/05/21

「がん治っちゃったよ!」の趣旨

 

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。

 

◆がん治っちゃったよブログ!

 

 

 

札幌で初の北海道開催。出演者でもあり、現地リーダーの櫻井英代さんの周到な告知と準備、呼応したスタッフの協力によって、270名のご参加を頂きました。ありがとうございました。

 


【小田原真理子さんの舞で幕開け】

 

小田原さんのスピリチュアルな舞

 

 


【杉浦貴之さんのご挨拶代わりの歌に続き、司会の織田英嗣さんが開会を宣言】

 

司会はお馴染み 織田英嗣さん(食道ガン体験者 めぐみの会代表)

 

 


【1番手は、北海道チームのリーダー 櫻井英代さん】

 

◆櫻井英代さん プロフィール
北海道帯広市生まれ。札幌市在住。2013年骨盤内悪性腫瘍摘出。原発不明のがんと診断され、治療法も不明。抗がん剤治療をうけるが、がん性腹膜炎、胸膜炎、腸閉塞を繰り返し、余命宣告を受ける。抗がん剤、民間療法などを受けながら、笑いヨガの仲間にも恵まれ、辛くても笑っているイメージをもって毎日を過ごすことで回復。現在、笑いヨガリーダーとしてがん患者会、がん緩和病棟などでも笑いヨガを行っている。

 

茶目っ気たっぷりに登場! たいへんな思いをしたガン体験の語りもお茶目

 

6月2日付けの北海道新聞に掲載されました!

 


◆櫻井さんの体験談記事はこちら!

 

 

 

【続いて、がんなおレギュラーの杉浦貴之さん】

 

トーク・歌・映像に、涙、笑い、拳突き上げ!

 

◆杉浦貴之さんの公式サイト「命はやわじゃない!」はこちら!

 

 

 

【休憩後は、笑いヨガチームが会場をリフレッシュ!】

 

ほっほっ、ハハハ! イエーイ!!☺☺☺

 

 

 

【熊本から駆けつけてくださった工藤房美さん】

 

◆工藤房美さん プロフィール
宮崎県生まれ、熊本県在住。48歳で子宮頚がんを発病、放射線治療を受け子宮のがんは消失。しかしのちに肺と肝臓に転移。余命1ヶ月を宣告される。病床で村上和雄著の「生命の暗号」に出会い遺伝子の働きに深く感銘。抗がん剤治療を受けながら、60兆個の細胞や抜け落ちる髪の毛1本1本にも「ありがとう」と感謝できる心境に。発病から10ヶ月後、全身のがんは綺麗に消えた。完治後、村上和雄教授の勧めで自らの体験を語り歩く。以来、自分の遺伝子が喜ぶ生き方を選択。「遺伝子スイッチオンの奇跡」(風雲舎)を出版

 

語りで会場を抱擁する工藤さん

 


◆工藤さんの体験談記事はこちら!

 

 


【響きの杜クリニック(札幌市)院長 西谷雅史先生が登壇】

 

◆西谷雅史医師 プロフィール
1956年東京生まれ、札幌市在住。北海道大学医学部卒業。医学博士、日本産婦人科学会専門医、玄心流日本拳法師範。更年期障害の治療にかかわる中で「気」の世界に興味を持ち太極拳、西野流呼吸法を実践し、「気」の存在を確信。人間の自己治癒力に働きかける代替医療を現代医療に取り入れた統合医療を行うクリニック「響きの杜クリニック」を開院。2016年「血流は“静電気デトックス”でよみがえる」

 


時間の都合で15分という短い持ち時間にもかかわらず、宇宙的観点からお話しくださいました

 

 


【トークセッション】

 

トークセッションで来場者の質問に答える出演者の皆さん

 

おきまり(笑)

 

 


【フィナーレ】

 

参加者が自らの決意を表し、会場全体で大丈夫のエールを送りました!

 

 

 

 

 

 

【次回開催予定】

11月23日(木・祝)浜松

12月2日(土)高知(四国初開催)

 

 


【第12回 がん治っちゃったよ!全員集合!in北海道 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)

 

55人の方が、アンケートにお答えいただきました

 


Q2.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q3.参加された感想はいかがですか?
Q4.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q5.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。

 


川崎 代氣子さん ◎
Q2.がんが本当に治っちゃった人の話を聞いて、まわりのがん患者さんに良いことを伝えたい。

Q3.歌あり、笑いあり、質問・トークあり、とっても有意義でした。

Q4.不安になると息が浅くなる。呼吸は自律神経に働きかける。

Q5.このようなイベントを全国各地で行ってほしいです。今日はありがとうございました。


佐藤 治さん ◎
Q2.妹からの入場券、プレゼントされて参加します。昨年9月、膵臓がんの手術しました。現在、抗がん剤治療中です。
昨日、退院しました。

Q3.最初は、(誘われて)困ったり、迷惑がったりしていましたが、本日参加して、がんに対する気持ちが変わりました。
“覚悟”の仕方が違った気がする。死ぬ覚悟は出来ていたと思っていたが、本当に必要なのは生き抜く覚悟だと、
強く思います。

Q4.櫻井さんのガン克服の考え方、杉浦さんの唄、講演には非常に感動した。自然体がすばらしい。

Q5.生きる力をありがとう!!


木村さん ◎
Q2.妻のため。

Q3.色々な常識の変わり、気づきが感じました。

Q4.70兆分の1。

Q5.これからも続けてください(ぜひ)。


沼口 奈津子さん ◎
Q2.家族をがんで亡くしたり、身近な人ががんになったりして、病気について色々考えることが増えました。
がんと宣告されても、自分らしく生きている方々の話しを聞きたいと思ったからです。

Q3.帯広から参加してとても良かったです。笑いあり、涙あり、感動あり。どの方のお話しも感動しました。
特に杉浦さんの歌は、感動して涙が出ました!!ありがとうございました。

Q4.杉浦さんの歌と笑いヨガ。小田原真理子さんの舞い。

Q5.素敵なお話しをありがとうございました。


泉水 繁幸さん ◎
Q2.私もガンを患っております。みなさんが、どんな風に伝えられているかと思って参加しました。

Q3.みなさんのお話を聞いて、元気をもらった方が多かったと思います。私も元気をもらいました。
ありがとうございました。

Q4.笑い。ありがとう。大丈夫。
 
Q5.みなさん、ありがとうございました。感謝です。


小林 弥生さん ◎
Q2.ご本人の体験、経験を直接聴いてみたいと思った為。

Q3.心の底から参加させてもらって良かったー!!と思いました。数日前に道新に載っていましたが、もっともっと
告知をして、この会の存在、催しを沢山のガン患者に知ってもらいたかったなと思いました。

Q4.全てです。ノートがいっぱいになりました。

Q5.力、勇気をもらいました。また是非、是非、開催して下さい。


鳴海 秀子さん ◎
Q2.千歳のトーク&ライブに行って、とても感激して良かった。メッセンジャーを読んで、生の声を聞きたくなった。

Q3.メッセンジャーで見た工藤さんのお話を聞けて良かった。皆さんの愛をいっぱいいただきました。
今回も感動で、泣き笑いの4時間半でした。

Q4.ぜんぶ!

Q5.がんばりすぎないで。また、会いたいです。


木村 利英子さん ◎
Q2.11月に大腸がんの手術をして、千歳の杉浦さんのライブ参加したのですが、きっと絶対いいお話が聞けると
思い参りました。

Q3.とっても良かったです。次回、連れて来たい人と一緒に来たいです。

Q4.小田原さんのパフォーマンスがすごく、力強さを感じました。そして、やさしさも感じられました。

Q5.がんで苦しんでいる人はたくさんいると思います。益々、みなさんお元気で、たくさんの方々にメッセージを
伝え続けていただきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。


斉藤 ゆかりさん ◎
Q2.自分自身が乳がんで、友人からイベントをおしえてもらったから。

Q3.元気、勇気、パワーをもらいました。

Q4.95%の細胞が、まだ眠っている。西谷先生のお話。

Q5.今日は楽しい時間を、ありがとうございました。


高橋 亜矢子さん ◎
Q2.友人ががんになり、治すヒントがあるのではと参加しました。

Q3.とても心強いお話ばかりで、友人にもこのことを伝えて元気になってもらいたいと思いました。体験した本当の
お話なので、すごく感動しました。ありがとうございました。

Q4. 大丈夫。70兆分の1の確率の自分なのだ、命なのだという、命のいとおしさを感じました。感謝の気持ち、
心からの思いが体に反応して答えてくれるのだと実感しました。

Q5.また、このようなイベントをぜひぜひ毎年開催があればと思いました。がん以外の病気の人にも希望が
元気が、治し方がわかると思います。


木村 花菜さん ◎
Q2.治っちゃいたいから。

Q3.楽しいトーク、すばらしい歌、笑いヨガあり、本当に来てよかったです。

Q4. 楽しいことはころがってる。自分で見つけるだけ。いっぱいあって、書ききれません。

Q5.すばらしいお話し、ありがとうございました。このような機会を与えて下さって、ありがとうございました。
みな様にエネルギーを頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これでもう大丈夫―!!


A・Kさん ○
Q2.自分自身が「がん治っちゃったよ!」なので。

Q3.大変、同感するところが多かったです。

Q5.すべての出演者の方へ、ありがとうございました。感謝を込めて。


N・Aさん ○
Q2.もし、がんにかかっても焦らないで対応する術(すべ)を知っておけるのではないかと期待した。

Q3.期待通りだった。

Q4.がんを治すことに焦点を合わせるのでなく、その先(治った後)の夢に焦点を合わせた生き方をすることが大切。

Q5.よい企画でした。これを実現しようと思い、がんばってきた櫻井さんに拍手します。


K・Mさん ○
Q2.自分自身がガンになり、ガンの事について勉強したり、知りたいと思ったため。

Q3.生きる希望が持てました・毎日を楽しみたいと思います。

Q4.すべてのステージ、言葉が印象的でした。意識を変える事が大切だなと思いました。

Q5.ありがとうございました!! 今日は来れて良かったです。


Y・Kさん ○
Q2.父母ともガンでしたし、私自身もガン経験者でしたので。

Q3.とても興味深いお話しばかりで、本当に心強くなり、これからの生活の中でも役立てたいと思います。
病気以外のことでも、いろいろなご意見を活用していきたいと思います。

Q4.全て印象に残りました。

Q5.皆さん、不安とたたかいながら、本当に意志が強く、ポジティブ精神が素晴らしいと感じました。
本当に感動しました。


O・Rさん ○
Q2.元気をいただく為。これから、苦しみのある人に役立てたい。

Q3.大変有意義な、勉強と涙をいただきました。

Q4. 出演された皆様、一人一人に力づけられました。

Q5.これからも、よりよく広め聞かせて頂きたい。


S・Tさん ○
Q2.がんが恐いイメージをなくしたくて。親友と父が患っているので、治っちゃってほしく。

Q4.・目標達成した後に、何をするかしたいかのワクワクイメージを腹(潜在意識)に落とすこと。
・笑いのパワー。 ・ありがとうパワー、感謝の心。

Q5.お医者様の立場から、素粒子や宇宙意識の話がきけ、とても納った気持ちになりました。


T・Yさん ○
Q2.6年前に父を、3年前に母を、どちらも肺ガンで亡くしました。特に遺族の会などには入っていませんが、ガンで
亡くなる人やガンにかかる人が減っていったらいいなぁと思い、そのヒントがある気がして参加しました。

Q3.いっぱい泣けました。でもそれ以上に、たくさんのパワーをいただいた気がします。

Q4.「大丈夫アイテム」「ありがとう」「逆腹式呼吸」「頭で考えず、愛と光にみたされる」「TFT」

Q5.家におきっぱなしになってる「SWITCH」をはやくよまなくちゃと思いました。


A・Wさん ○
Q2.ガン治療中でとほうにくれていたから。

Q3. たくさん笑って泣いて、来てよかったです。まぐろが好きでした。

Q4.大丈夫。

Q5.励ましや気づき、ありがとうございました。一人で不安なことも多い。でも・・・ゆっくりがんばる!


T・Yさん ○
Q2.仕事の休みがちょうどこの日だったのと、このイベントに参加することで、自分の中に気付きがあり、新しい
自分に出会えると思ったからです。

Q3.愛のエネルギーが沢山あふれた会場で、自然と涙が出てきました。体験者の話、歌のパワーはすごいなぁーと
感じました。

Q4.櫻井さんの言葉の“耳から愛が伝わってくる”“愛を受けとり感謝する” 杉浦さんの“総合力”のパワー。
想いが届くとき愛が溢れるときを信じる。工藤さんのDNAに話しかける、細胞へありがとう。

Q5.今日は本当にステキな時間をありがとうございます。出演者さん一人一人の愛の溢れるパアーやシャワーを
浴びてとても幸せです。出逢いにも感謝です。


S・Sさん ○
Q2.18日の集団検診でガンの可能性ありと言われてしまい、今日は友人からさそわれて行くという、どちらかと
言えば消極的な動機でしたが、何か病気に対する勇気がもらえるかもと思って参加しました。

Q3.とても良かったです。皆さんの元気な姿を見て、私もがんばろうと感じました。

Q4.最後の悪性リンパ腫の女の人の姿が、とても印象的でした。隣でお母様が泣いていらしたのが、涙が出てしまい
ました。

Q5.これからも、このような講演会があればすばらしいです。

 

 

スタッフ、出演者、みなさんのおかげです! ありがとねー!!

 

 


第11回 がん治っちゃったよ!全員集合!in福山 2017/02/11

「がん治っちゃったよ!」の趣旨

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。

 

◆がん治っちゃったよブログ!

 

 

 

中国地方も雪が心配された当日、風は冷たかったですが快晴となりました。広島での初開催は、県南東部の福山市。150名近くにご来場頂きました。山陰方面から大雪にもかかわらず、お越しくださった方も。ありがとうございました。

 

会場の福山市東部市民センター サンキュー!青空(^^)/

 

会場の椅子はすでに設置済みで助かりました

 

 


☆出演者☆
【乳がん ガールズトーク】*中川美穂さん代役
竹本裕子(乳がん 医療用帽子niko代表)
松本昌子(乳がん+リウマチ 体験者)

 

【2年後生存率0%の腎臓がんから18年 メッセンジャー発行】
魂のシンガーソングランナー 杉浦貴之

 

【中咽頭がん4期から15年 NPOいきいき健康長寿研究会 主宰】
郭林気功の達人 春名伸司

 

【5年生存率20%の食道がんから12年 めぐみの会代表】
コーディネーター&司会 織田英嗣

 

 

実は前日にアクシデントが発生しました。絨毛がん体験者で出演予定だった中川美穂さんが、インフルエンザのため登壇できなくなりました。急遽、代役として白羽の矢をたてたのが、竹本裕子さんと松本昌子さん。

 

竹本さんは、2010年 38歳で乳がんが発覚。温存手術、抗ガン剤治療、放射線治療の経験を何か形にして、現在がんと向き合っている人に喜んでもらいたい。そんな思いから医療用帽子づくりを始められました。(竹本さんの体験談記事はこちら!)

 

松本さんは、2005年からリウマチを発症。以来、全身の関節が炎症を起こし、絶叫するほどの痛みを抱えながらもハードに仕事を続けてこられた。2011年、免疫抑制剤を使うに至っていた松本さんを、性質の悪い乳がんが襲いかかります。手術後は、医師が強く勧める標準治療を辞退し、リウマチと乳がんを同時進行で克服されました。(松本さんの体験談記事はこちら!)

 

 


◆杉浦貴之さんの歌でオープニング!!

 

この曲、イントロがオープニングにぴったり!

 

 

 

◆織田英嗣さん(食道ガンから12年 めぐみの会 代表)の開会宣言

 

織田さん、雪の影響を考慮して福山入りを前日に変更

 

 

 

◆竹本裕子さんと松本昌子さんのガールズトーク

 


冒頭、クリスタルボウルの音色で会場を柔らかな空間にしてくださいました

 

 

即席コンビとは思えない息の合った掛け合いで。このまま終わらないんじゃないかと何度も時計を気にしていました(笑)

 

 

 

◆杉浦貴之さんのトーク&ライブ

 

軽妙ながら生命の真髄に触れるトークは、大好評!

 

会場も一体となって、拳を突き上げる!

 

 

「ガンは通過点、ナビの目的地はその先へ設定する」
「ガンをなおす事が目標ではなく、幸せになるためのプロセス」
「今を楽しく生きること」

 

 


休憩明けは、藤川恵さんの呼吸法でリフレッシュ!

 

気持ちよさそう

 

藤井さんは、しなやかな心と体をつくる呼吸法の指導者(藤井さんのブログはこちら!)

 

 

 

◆春名伸司さんの講演

 

自分が主体となって現代医療と健康法の取捨選択をし、双方の良いとこ取りをしています

 

いつも穏やかな語り口の春名さん

 

 

「情報を捨てる能力」
「情報に流されず、信じた事をこつこつ継続し脳に伝わる空想を変えることで、現実を変える」
「出来る事を後悔のない様やりきる事により不安の軽減、自信につながる」

 

 


◆トークセッション

 

ご来場者の質問に、出演者がお答えしました

 

これも答えの一コマ(笑)

 

 


◆フィナーレ(決意表明者に会場全体で「大丈夫コール」でエールを送りました!!)

 

 

 

 

 

 

◆「がん治っちゃったよ!全員集合!」今後の開催予定


5月21日(日)北海道札幌市

 

 

 

【第11回 がん治っちゃったよ!全員集合!in福山 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)

 

58枚のアンケート 回収率としては過去最高の約40% ありがとうございました!

 


Q2.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q3.参加された感想はいかがですか?
Q4.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q5.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。


藤田 展子さん ◎
Q2.子どもが癌で、ぜひ連れて行きたかった。

Q3.参加してよかったです。患者からの立場も分かり、支える側がどうしたらよいか考える一つとなりました。
子ども自身には、今日の話で自分らしく生きることができたらと思いました。

Q4.幸せに生きる。1日1日を幸せに。治ることは過程。

Q5.本当に有難うございました。広島まで来たかいがありました。


渡辺 ふさ代さん ◎
Q2.友人、知人がガンの人が多い。良い情報をお知らせ出来れば。

Q3.それぞれの方の違う体験で感銘しました。

Q4.色々な状態があるけど、お金かけずとも出来る事。


今福 絵美さん ◎
Q2.仕事柄、ガンだけでなくいろんな病気の方にお会いすることが多いので。

Q3.とってもあたたかくて心地よかった。生きること、命にもっと向き合おうと思った。

Q4.たすのではなくひく。自分を信じる。ガンは通過点、ナビの目的地はその先へ設定する。

Q5.とてもすてきなイベントをありがとうございました。


三宅 亜矢さん ◎
Q2.主人が大腸ガンになり、元気に前向きに生きている方の話を聞きたかったから。

Q3.気持ちの持ちようや、意識を少しずつ変えて行く事の大切さを再確認できました。

Q4.ガンをなおす事が目標ではなく、幸せになるためのプロセスだという事と、決めた事をコツコツと続けて
いく事が大切。

Q5.沢山の元気や、いいお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。


三宅 貴斗さん ◎
Q2.自分もガンになり、色々な方の意見を聞きたくて参加しました。

Q3.笑いありナミダあり、とても参考になりました。

Q4.貴さんの病気を治すのはプロセスで、夢を持って前向きに生きるという言葉が、胸にささりました。

Q5.いつもおつかれさまです。今日はありがとうございました。ボクもガンを治して、メッセンジャーとして
ガンになられた方たちの力に少しでもなれたらと思いました。


高田 理恵さん ◎
Q2.岡山の会で知りました。以前から、一度参加したいと思いつつ、なかなか予定が合わなかったので、今回、
娘と姉と共に参加しました。

Q3.杉浦さんの歌とライブをはじめておききして、とても心が和み、涙が出ました。

Q4.最初のお二人のガールズトーク、ハッとさせられる事、多かったです。ありがとう。春名さんのお話、何度
きいても味があり、心の中に入ってきます。

Q5.命のリレー、すばらしいです。自分も楽しむことに罪悪感とトラウマありました。でも今は、今を楽しむ
ことをモットーとしています。自分も自分でできる範囲で、命のリレーをし、お役に立ちたいです。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。


M・Kさん ○
Q2.ガンという病気をどのようにとらえるか、その新しい考え方を得られるのではないかと感じたので参加
させて頂きました。ポジティブなパワーが溢れている気がしたので。主人がガン宣告されたのは結婚2年目。
最初の頃は、会話の中で“ガン”という言葉すら口に出来なかった。ガンのTVも見られなかった。でもこの
イベントに参加する気持ちに、昨日、なれたことに感謝しています。

Q3.生きた言葉に溢れていて力強く感じました。杉浦さん、、、きっと歌が特別得意という訳ではない(失礼、笑)
でしょうが、心をこめて、本気で、思いきり、楽しんで、やりたいからやっているということが伝わってきて
胸打たれました。

Q4.「自分の命が望む選択を」「自分が楽しむことを忘れない」「ビンビンパワー!」「人生に希望を、目標を」
「病気は心が作っている」「空想を変える。それが事実になる」「行動が脳を変えていく」「情報は捨てる
ことが能力」

Q5.“がん”という、日常では出しにくい言葉。普段の会話では話しにくいこと。そうではなく、前向きに
とらえている方々のお話を聞いて良かったです。出演者の方々のタイプがそれぞれ違っていたことも良かった
です。素敵な会を催して下さり、ありがとうございました!


E・Fさん ○
Q2.私とよく似た名前の出演者さんがいらっしゃったから(笑) 前に1回聴いたことのある貴さんの面白い
話を期待して。

Q3.以前に大病を患ったような方のほうがむしろ、一応健康な我々より心身ともに健康に生きている!!という
スゴさ。心の持ち方にその理由があるのだろうと思っていましたが、まさにそうした部分を感じることが
できました。

Q4.一度は歩けない車椅子状態の方が、その気になることでフルマラソンの完走?できたことにびっくり。
今の自分に、フルマラソンなんて絶対無理って言いそうだけど、潜在的にはその力があって、ただやろうと
しないだけ、なのかと。


S・Tさん ○
Q2.家族ががんで、何かの気付きを得られればと思い参加しました。

Q3.素晴らしい会で、前向きになれました。

Q4.やめるという選択。

Q5.本日は有り難うございました。明るい未来が見えてきました。


Tさん ○
Q2.何かの気づきがあるのか、ヒントを得たくて参加しました。

Q3.これからの生き方、考え方の参考になりました。

Q4. 本来の自分を取り戻すこと。

Q5.大変、勉強になりました。参加できたことに感謝したいと思います。


N・Oさん ○
Q2.自分が病気になったから。

Q3.前向きになった。良かった。


J・Tさん ○
Q2.私もステージ4も乳ガン患者なので、治療の参考にしようと思いました。22年前に、胸中広がった乳ガンは、
3ヶ月で消えました(イオン針という針治療を自分で朝夕、2時間ずつしました。ワタ菓子のようなものは
簡単ですが、5-3センチのかたいのは、なかなかむずかしいです)

Q3.元気もらえてよかった。

Q4. 最後の元気コールがよかった。

Q5.皆さん、いつまでも元気で。又、福山に来て下さい。


H・Kさん ○
Q2.情報収集の為。

Q3.元気をもらってがんばろうと思います。がんばっちゃ、いけないんですっけ。食事療法の食事作りが
しんどく思えることがありますが、楽しいよと脳に教えて、たのしいメニューをアレンジしておもしろい
食事作りをしようと思います。

Q4.今を受け入れること。

Q5.ありがとうございました。


T・Fさん ○
Q2.竹本さんのブログ等で告知されていて、自分の考え片、想いにピッタリ合う会だと思ったので、参加しよう
と思いました。再発乳がんの治療中です。

Q3.今まで、ネットや書籍等、文字で情報に触れていましたが、今日、実際に会場に来てみたら、更に心に
「大丈夫!!」がしみ込みました。これからは、少しずつ自分なりの「大丈夫アイテム」を増やしていき
たいと思います。それと、一歩を踏み出す勇気をもらえましたー!!

Q4.クリスタルホウルの音色に、とてもいやされました。貴さんの「ビンビンパワー♪」素敵でした。元気が
伝わってきました。呼吸法、家でも取り入れてみます。春名さんのおだやかな話し方・・・素敵すぎて
ウトウトzzzしてしまいました・・・スミマセン。幸せになった時には「ガン」は治ってる!!

Q5.自分が、がんになってみてビックリした事は、情報が世の中に多すぎて、不安な時には振り回されてしまう
人がたくさんいるってこと。「治る」とか「治す」とかにこだわらない、幸せに生きる方法を伝えていただけ
て、ありがたいです。これからも全国の必要な方に、届け続けてほしいです。ありがとうございました。


M・Aさん ○
Q2.がんをどのようにして治されたのか、お聞きしたいと思いました。自宅で宝石温熱サロンをしていますので、
お客さんに参考になる話が聞ければと思いました。

Q3.末期のガンから考え方を変え、人生の目標をもち、それに向かって楽しみながら生きていく姿が、すばらし
いと思いました。がんの人にかかわらず、健康な人でも同じだと思いました。過去にとらわれず、今を感謝
して幸せに生きる、楽しく生きる大切さがわかりました。

Q4.やるだけの事はすると結果はまかせる、そうする事により心を安定させる。不安な時がんが固く、安心感の
ある時はやわらかくなっている。心と体はすごく連動していて、病気は心がつくっている。

Q5.皆様の体験から、素晴らしい言葉をありがとうございました。


M・Hさん ○
Q2.主催者のめぐちゃんに誘われた。ねーさん(中川美穂さん)の話をききたかった。(これは残念でしたが、)

Q3.よかったです。みなさん、すてきだった。生きるってすばらしいと思えた。それに気づくのは、その人
それぞれだけど、そのキッカケがたまたまガンだったんだな・・・。なかなか、キツかったでしょうけど・・・。

Q4. ビンビンパワー(笑) なんでも生きる力に変えるタカさんがすばらしい。なぜか笑いながら泣いていま
した。直すが治るbyおださん。

Q5.タカさんと春名さんのお話は、以前、福山に来られた時にきいてはいましたが。今回の方が時間が長く、
くわしく聞けてよかったです。お二人とも、すばらしい活動をされていますね。またお会いしたいです。


M・Yさん ○
Q2.現在治療中なので、元気をもらいに来ました。

Q3.今日からまた明るく過ごします。参加してとても良かったです。

Q4.「情報を捨てる能力」:たくさん情報を持つことが大切だと思っていましたが逆でした。気持ちがらくに
なりました。
「再発しないために大切なこと・・・」:すでに再発していて頑張っている者にとっては、うれしくなかったです。
再発しても大丈夫のメッセージがあるといいな〜と思います。

Q5.お話を聞くことによって「がんは治る!」という気持ちになれます。ありがとうございました。


S・Kさん ○
Q2.2人に1人?がガンといわれる時代、聞いておいたらよいかなと思い。また、余命宣告を受け、そこから
生還された方々の体験談、どのようにして気持ちを上向きにしていったのか等、聞いてみたいと思って。

Q3.とても良かったです!! 自分が悩んでいることなんて、ちっぽけだなーと思いました。元気、勇気、
パワーをもらえました!

Q4.「心と病気は関係している」 感謝の気持ち、気にしない、ワクワク。治った万歳。「病気になったら
幸せになる」「情報は入れるより捨てる方が良い」 ♪ビンビンパワー♪ ♪ひねくれ者のうた♪
たくさん勉強になりました!!

Q5.ガン患者さんが増えている中、このような気持ちを上げれるイベントは貴重だと思います。参加できて
良かったです。周りにガン患者さんがいたら、ぜひ教えてあげたい情報満載でした。ありがとうございました。


M・Sさん ○
Q2.てんつくまんの映画を観て、杉浦さんにあってみたかったから。がん治っちゃった人達とそうでない方たち
と何が違ったのかが知りたくて参加しました。

Q3. がん治っちゃった方たちの元気な笑顔にびっくりしました。私が元気をもらいました。“闘うのをやめて
楽しもう“の歌詞が心に残ってます。参加してよかったです。ありがとうございました。

Q4.杉浦さんのホノルルマラソンに勇気づけられました。“大丈夫だよ”の言葉ひとつひとつに、たたかう自分が
ゆるんでいきました。

Q5.私が元気をいただきました。ありがとうございました。


A・Mさん ○
Q2.神戸で杉浦さんのイベントに参加して良かったから。

Q3.杉浦さんの話をもっと聞きたかったです。

Q4.杉浦さんのホノルルマラソンの動画。

Q5.四国にも来てもらいたいです。


T・Sさん ○
Q2.母を癌で亡くし、自分も癌になってしまいました。幸いステージ1で、手術で取りましたが、不安は常に
あります。今後の生活の参考になればと思い、参加させて頂きました。

Q3.とても勉強になりました。どんな気持ちを持って過ごせば良いのか、よくわかりました。

Q4.幸せにならないと癌は治らない。春名さんのステージは、自分の思いと重なるところがあって、自分の
考えは間違っていなかったと安心できました。

Q5.心のあり方、生きる力、信じる力、目標を持つなど、気づきがたくさんありました。ホノルルマラソン、
出たくなりました。ありがとうございました。


H・Kさん ○
Q2.メッセンジャーで感動しました。春名さんの講演も素晴らしかった。

Q3.勇気100倍。

Q4.ケンゾウのアピール、うれしかった。

Q5.感謝あるのみ。


I・Hさん ○
Q2.友達にこういうのがあるよって言われて。自分はがんではないのですが、どういう気持ちだったり、どう
いうふうに克服されたのか、とても興味があり参加させて頂きました。

Q3.生きているだけで価値がある。今、生きていることが奇跡なんだって思えて、自分も命を輝かせるように
生きていきたいと思いました。

Q4.がんを克服して生きていることが奇跡なんじゃなくて、今、こうやって生きていることが奇跡なんだって
言われたことです。

Q5.とてもきちょうな経験をさせて頂きありがとうございました。


M・Yさん ○
Q2.いい方向に行くきっかけをつかみたいと思いました。

Q3.不安に思うこともありましたが、気持ちが晴れました。楽しいことをたくさんやって元気になりたいです。

Q4.気がついたら元気になっていた。杉浦さんの明るさを見習いたい。竹本さん、松本さんの話も参考になり
ました。


A・Yさん ○
Q2.友人がガンで治療中なので、一緒に来ようと思いました。あと、姉と姉の夫も乳ガンと胃ガンで、家系的に
ガンが多いので、私もぜひ聞きたいと思いました。

Q3.本当に参加して良かったと思いました。杉浦さんの歌は魂にひびきました。あと、皆さんとても明るくて、
私の方がパワーをいただきました。ありがとうございました。

Q4.病気治しが目的ではなく、その先にある夢を持って、夢を見て生きるということ!!

Q5.本当に福山で企画して下さってありがとうございました。又、ぜひ来て下さい。今度はもっとたくさんの
友人と来たいと思います。


Y・Kさん ○
Q2.5年前に大腸ガンで父をなくしました。鍼灸師としてやっていますが、今後もそういった方の治療をしていく
にあたり、どのような気持ちで関わればいいかなど、何かヒントになればと思い参加しました。

Q3.自分の中にも同じような考えもあり、再確認することができました。

Q4.春名さんのお話が印象に残りました。


H・Kさん ○
Q2.ガン患者さんをお連れするため。

Q3.とても楽しかったです。

Q4.ビンビンだぜー。歌。


O・Kさん ○
Q2.家族が癌にかかり、わらにもすがる思いで。

Q3.すごく勉強になりました。また福山で開催して下さい。中川さんの話が聞けなかったのは残念。

Q4.春名さん、情報に流されず、信じた事をこつこつ継続し脳に伝わる空想を変えることで、現実を変える。

Q5.春名さんと杉浦さんの講演がわかりやすかったです。


N・Mさん ○
Q2.ヨーガ講師をしているので、より良い指導のヒントをいただけたらと思いました。

Q3.とてもよかったです。素直に信じること、などたくさんのヒントをいただけました。

Q4.春名氏の「心の中に柱が立ちにくい時代」というお話。

Q5.とても良く構成されたイベントだったと思います。最後の「大丈夫!」コール、いいですね。
少しうらやましいとすら思えました。


H・Kさん ○
Q2.自営業ですが、がんのお客様に何人かお会いする機会が増えてきて、その内のおひとりと来ようと思い
ました。

Q3.出演者が皆さん明るく、会場の雰囲気も思っていたよりずっと穏やかで良い空気で楽しめています。

Q4.春名さんの考え方、やり方がとても具体的で合理的で、誰にでも実践できそうな内容に目が開かれました。

Q5.中川さんのピンチヒッターで登場されたお二人のトークが、急なことなのに落ち着いて楽しくお話された
のに感心しました。


H・Hさん ○
Q2.医療ばかりに頼らず、家族が健康で過ごせる方法を知りたいと思ったから。

Q3.今までの生き方を見直す機会を頂けたと思います。ありがとうございました。

Q4.毎日、感謝すること。ストレスをもたない大切さ。

Q5.これからも活動応援しています。


M・Mさん ○
Q2.友人の誘い。自身の体験(癌)もあり。

Q3.自分の言葉で実際に余命を宣告されても、どう乗り越えてきたかが聞けてよかったです。1人1人の立場、
ガンの部位が違い、聞く者も幅広く参加できたと思う。実際に参加された人が、色々な立場で勇気づけられた
と思う。ガールズセッションも、リラックスして聞けたし、急な対応が素晴らしいと感じました。

Q4.信じる力。マイナス健康法。自分のガンは自分で治せると本に書いてあった。〜べきから解放。やるだけ。
出来る事を後悔のない様やりきる事により不安の軽減、自信につながる。覚悟。情報を収集する事が良い事
ではない、捨てる事が大事。ガンの治療はプロセスであり、ゴールではない。幸せだと感じる事。

Q5.今まで聞いた事のない様な気持ちのもち方、生き方等が聞けてよかったと感じました。医療を否定される
わけでもなく、自身の乗り越え方の方法を教えて頂き、とても心強いと感じました。これからもこのような
会を増やして下さい。私もガンを経験し、病気になった事をネタにして笑ったり、目標もてた事も乗り越え
られた勝因だと杉浦さんの話を聞いて共感できました。


M・Tさん ○
Q2.ガン専門の漢方薬局を母が経営しており、自分もガン患者さんとお話したり、鍼灸治療をすることがある
ため。

Q3.出演者の方の明るさに驚きました。ガン宣告を受けた時や手術などの治療を受けてみえる時は、悲しみや
苦しみや怒りなど色んな感情があったと思います。それを乗り越えて自分の人生を楽しく生きられている
パワーにこちらが元気をいただきました。

Q4.杉浦さんの歌とご自身の体験談から「今を楽しく生きること」。春名さんの「空想や想いを変えていくこと」。
長時間座っているため、体をうごかしたり、呼吸法でリラックスする時間があったのが良かったです。

Q5.毎回お話の中で新しい発見があり、ハッとさせられます。簡単にできることから、患者さんへ伝えていき
たいと思います。

 

 

出演者、スタッフ、お疲れ様!! ありがとうございました!!

 


第10回 がん治っちゃったよ!全員集合!in東京 2017/01/29

「がん治っちゃったよ!」の趣旨

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。

 

◆がん治っちゃったよブログ!

 

 

 

記念すべき第10回目は、首都東京。関東初開催です。会場は日暮里駅すぐの「日暮里サニーホール」。収容マックス400席に迫る、370超えのご参加でほぼ満席! 首都圏にとどまらず、北海道、岩手、新潟、静岡、名古屋、高知、長崎などなど、全国からご来場いただきました。皆さま、ありがとうございました。

 

宴会ではありませんが(笑)

 

開場前 コンパクトに見えるけど、この並びで400名収容

 

 

☆出演者☆
【余命数か月の腎臓がんから33年】
ホリスティック経営コンサルタント 寺山心一翁

 

【2年後生存率0%の腎臓がんから18年 メッセンジャー発行】
魂のシンガーソングランナー 杉浦貴之

 

【統合医療に取り組む医師・腎臓がんを体験】
船戸クリニック院長 船戸崇史

 

【5年生存率20%の食道がんから12年 めぐみの会代表】
コーディネーター&司会 織田英嗣

 

【ゲストコメンテーター】
金本栄子(がんサバイバー)、金本肇(ケアギバー)

 

 


◆杉浦貴之さんの歌でオープニング!!

 

冒頭からうるうるしちゃう人も・・・

 

 

 

◆織田英嗣さん(食道ガンから11年 めぐみの会 代表)の開会宣言

 

いまや、がんなおユニフォーム ピンクのジャケット

 

 


◆寺山心一翁さんの講演

 

自分の中に最高の医者がいる!

 

寺山さんの笑顔を見るだけで癒されちゃう人、続出!

 

 


◆杉浦貴之さんのトーク&ライブ

 

熱唱!

 

「頑張るには限界があるけど、楽しみには限界はない。闘うよりも楽しんだほうがいい」

「ガンを治す目的の人生ではなく、治った後のやりたい事を目的にする」

 

会場もノリノリ! えっ!?ガン患者さんのイベント!?

 

 

休憩明けは、滝口聖恵さんの「ありがとうワーク」でリフレッシュ!

 

 

 


◆船戸崇史先生の講演

 

 

とにかく船戸先生の語り口は、一般の方にわかりやすいです

 

「ガンは【死になさい】と言っていない【変えなさい】と言っている」

「人は治るようになっている」

 

 


◆寺山心一翁さんのチェロ演奏

 

お優しい音色です

 

 


◆トークセッション

 

 

ご来場者の質問に出演者がお答えしました

 

金本さんご夫妻 奥様がサバイバー 支えるご主人

 

お決まりの「自分の声を聞く!」(笑)

 

 


◆フィナーレ(決意表明者に会場全体で「大丈夫コール」でエールを送りました!!)

 

 

 

 

◆「がん治っちゃったよ!全員集合!」今後の開催予定

 

2月11日(土・祝)広島県福山市

 

5月21日(日)北海道札幌市

 

 

 


【第10回 がん治っちゃったよ!全員集合!in東京 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)

 

アンケートにご協力頂きありがとうございました! 過去最高 70枚を回収

 


Q2.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q3.参加された感想はいかがですか?
Q4.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q5.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。

 


武笠 隆さん ◎
Q2.母をがんで亡くしているので、昔からガンには関心がありました。

Q3.とてもよかったです。必要としているたくさんの人に教えてあげたいです。

Q4.貴さんのツボが面白かったです。

Q5.ガンは敵じゃない。自分で創ったものは自分でよくなる。楽しむ。ワクワクに従う。全部納得です。
ありがとうございました。


菅原 隆彦さん ◎
Q2.家族にがん患者が2人いるから。

Q3.次回の関東開催も参加したいので、ご案内ください。

Q4.杉浦氏・・・命はやわじゃない。ガンを治す目的の人生ではなく、治った後のやりたい事を目的にする。
船戸氏・・・卒煙、卒酒。リンパ球の1種類はガンを助長する。
寺山氏・・・チャクラ。

Q5.このセミナー、出演者の方々、それぞれの考え方、これらに今日出会えてとても良かったです!
もっと知りたいし、理解したいし、実践したいです!


松本 美智衛さん ◎
Q2.私も癌サバイバーです。2014年3月に乳癌が発覚しましたが、今にいたる3年間、西洋医学にたよらず
自然治癒力を信じて生活しています。

Q3.それぞれのすべてのステージがエネルギーいっぱいで元気になれました。ありがとうございました。

Q4.船戸先生のステージはとても聞きやすく、理解しやすかった。ありがとうございました。

Q5.今後も東京で数をふやしてください。


阿閉(あべ)研一郎さん ◎
Q2.スタッフの方に強くすすめて頂きました。

Q3.面白い!これまで自分なりに試練とは何か?と考えていたことが共鳴しました。

Q4.「治らないがんはない」本当にそう。私は畑をしてますが、自然は絶妙のバランスで成り立っており、
滞るという状態が不自然な状態を生み出します。流れていれば全てが活性化する。

Q5.楽しく生きることが最善の治療。それを笑いで伝えるみなさんが、とてもとても素敵。自分も
メッセンジャーであるならば、笑って伝えていきたい。


中村 健二さん ◎
Q2.生命のエネルギーに触れたかったので。

Q3.元気になりました。

Q4.集団の気。

Q5.素晴らしい活動です。ありがとうございました。


小形 健介さん ◎
Q2.自分も末期ガンで13才の時に、2年生存率0%と宣告されたので。

Q3.すごく落ち込んでいた気持ちが楽になりました。

Q4.タカさんの歌と船戸先生のプレゼン。

Q5.また参加したいです〜。


牛山 裕美さん ◎
Q2.友人や知人ががんになって、織田さんを知るキッカケとなりました。今までの大会も参加したかった
のですが遠方なので、今回東京で開催となったので。

Q3.著書を読んだり織田さんの話を聞いてきましたが、それとは、また沢山の気付きがありました。

Q4.「自分を抱きしめる」

Q5.関東方面で、また開催して下さい。春名さんのお話も聴きたいです。


福島 名奈子さん ◎
Q2.父を大腸がんで3年前に亡くし、今では病気の予防や体調改善、また、がん患者さんと家族のための食事
としてローフードの講師をしております。食事療法のみで治った方を知ったからです。がんの方のマインド、
食事、生活習慣を共に治す施設を将来作りたく、本日は勉強に参りました。西洋医学ではないところで治す
可能性がより広がるといいなと思いました。でも、知識ではなくマインドの大切さがしみました。

Q3.こうしたイベントを恐れずに東京でも開催して下さり、感謝致します。最初の力強い歌も歌詞も想いが
こもっているなと感動しました。チェロの演奏もとても澄んでいて美しく、魂の感動に溢れていて素晴らしく、
命の輝きを感じました。今、治られて感謝にも溢れる杉浦さんの「ひねくれ者の歌」は、今のがん患者さんに
とても説得力があり、他の歌もそうですが、沢山元気と愛を与えてらしたと思います。講師の方々それぞれの
想いが、がん克服へのアプローチが一度に聞けて、私ががんならこの先生のこれならできそうとか思えたかも
しれません。シェアをありがとうございます。

Q4.・命の主導権は自分にある。・フィンドホーン→私も連れていって欲しいです。どんな食事(調理法や味付け)
なのかも知りたいです。・病院の中での喜びリスト。・頑張ることには限界があった。楽しむことには限界が
なかった。・がんは死ねと言ってるんじゃない(リボーン洞戸)

Q5.豊かさの分配とは、こうしたことだと体感致しました。安保先生のこともあり、こうした活動には本当に
頭が下がります。私も恐れずに、ローフードを日本に広めて、食事とマインドの大切さを伝えていこうと
思います。がんを父が患っている時なら、一緒に来たかったです。父が闘病していた時から私も変わり、
病気になりやすい環境にいきやすい現状の選択をやめていきました。今日出会うまでに学んできたことと、
とても重なり答え合わせができたようで嬉しかったです。元気をありがとうございました。


篠崎 一朗さん ◎
Q2.杉浦氏のコンサートに前からいきたいと思っていた。

Q3.とても勇気と感動をいただけました。

Q4.3人ともとても印象に残ってます。

Q5.ぜひまた東京でもやってください。


石川 英人さん ◎
Q2.食道がんが直るために。

Q3.医者の船戸先生の話が聞けてとても良かったです。寺山先生の日の出を見て、太陽の光を眉間から入れる
ことを実践します。

Q4. 寺山先生の日の出を見て太陽の光を眉間から入れる。杉浦さんの病気は自然がくれたメッセージ。
船戸先生の人は治るようになっている。

Q5.杉浦さんの歌の音量がとても大きく、もう少し小さい音の方が聞きやすいと思いました。


野田 理香さん ◎
Q2.高知でこのイベントをできたらと思いまいりました。

Q3.初めて参加しましたが、とても素晴らしいものでした。

Q4. 全て良かったです! Reborn!

Q5.是非、高知でしていただきたいと思いました。


神薗 美香子さん ◎
Q2.自分も乳がんになり、話を聞いてみたかったから。

Q3.とても元気になりました。

Q4. 「がんは自分へのプレゼント」だったという事。


飯塚 友子さん ◎
Q2.近くだったので。そして、ガンになるには、ガンになる意味があると思い参加しました。

Q4. 自分を愛すること、大丈夫が印象に残りました。

Q5.船戸先生の言葉が残りました。かたみのせまいガンの方を見て、心が痛くなりました。


市吉 修さん ◎
Q2.友人にがんの人がいる。

Q3.おもしろかった。安保―福田理論に納得がいった。

Q4. 最後の決意表明の人の生の声。


橋本 広美さん ◎
Q2.癌の看取りの仕事をしているので、勉強に参加しました。10代の頃に家族を癌で亡くしました。1年間で
3人いってしまいました。その思いを役立てたいと思い、今は在宅医療にかかわっています。

Q3.日頃思っていることが、これでいいのだと再確認できたこと。明日から、スタッフ、患者さんに活かして
いけると思いました。


K・Sさん ○
Q2.親友がガンになり、ガンをこくふくされた方々のお話を聞いて、少しでも良いアドバイスができないかと
思い参加しました。

Q3.スゴク良かったです。色んな治療がありますが、大事なのは心だと思いました。がんばりすぎてストレスに
なるのも治りにくくなるんだと。

Q4.皆よかったですが、杉浦さんの「今を楽しく生きること」のメッセージがよかった。

Q5.本日はありがとうございました。次回も参加したいです。


K・Yさん ○
Q2.乳がんが大きく育っています。痛くて辛いけど、命が生きたいとうったえているように思います。
病気をやめる決意がしたくて。

Q3.来てよかったです。頭ではいろいろわかっているつもりだけど、体中にひびきわたってきた何かを
感じます。生きたい。1人でかかえこんでました。

Q4.うたがすごく感動して、たくさん泣くことができました。さいごの全員での声かけもよかったです。

Q5.「がん」だけを見て、みはってる毎日をすごしていたようです。私を見て、私を生きることが、命を
輝かせて生きることなのだと、ストンと腹の奥に落としこむことができた気がします。


Y・Iさん ○
Q2.浜松に続き2回目の参加です。今回もぎりぎり決断の、朝起きて「今日行こう!」って決めて来ました。
やっぱり来てよかった。元気、パワー、気づきをもらえます。

Q3.来てよかったー。何度聴いても、そのつど気づかせてもらえる話しです。

Q4.たかさんの歌は最高です。今日もありがとうございました。船戸先生のお話がとてもわかりやすくて大変
よかったです。「ガンは治るようになっている」は、とても心強い言葉でした。

Q5.このイベントを企画、開催してくださりありがとうございます。このイベントに参加することが目標の一つ
になっています。寺山さんにハグしてもらうと涙が出ます。ありがとうございます。チェロもすてきですね。


T・Sさん ○
Q2.自分で治るしかないと思ったから。

Q3.元気になった。泣けなかったのに泣けた。

Q4.歌。お医者さんの立場からのお話。寺山先生の日の出のお話。

Q5.ありがとうございました。すばらしい企画です。


Y・Yさん ○
Q2.自分が現在治療中の為

Q3.ガンは治るという考えを持てた。ガンを治した方の話を聞くいい機会になりました。

Q4.船戸先生のどちらの立場も知った方の話が聞けて良かった。

Q5.回数が増えたらうれしいです。


S・Yさん ○
Q2.「命はそんなにやわじゃない」の本を読んで、杉浦さんの講演を実際に聞いてみたいと思ったこと、そして
主人が癌になって、癌が治った方の体験談を実際に聞ける良い機会になるなと思った為です。

Q3.いろんな参考になるお話が聞けてよかったし、とても勇気を頂きました。

Q4.すべて良かったです。「ありがとう」のワークの人の自己紹介とか体験談が、もう少し聞けたらよかったなと
思いました。

Q5.参加できてよかったです。ありがとうございました。


K・Nさん ○
Q2.題名に興味を持った。

Q3.こんなに沢山の癌の治療をされている事を目で確認した。医療現場でも疑問を抱いていた事に確信がもてた。

Q4.杉浦さんの歌。私は癌患者さんではありませんが、感動して泣きました。

Q5.癌患者さんたちの可能性を見つける舞台の様な気がしました。皆さん、自分の治療で頑張っている事も
他者に知って欲しいと思っているんだなぁと再確認しました。素晴らしい時間をありがとうございました。


M・Hさん ○
Q2.寺山さんのチェロをもう一度聞きたかった(出来れば、さくらさくら)

Q3.バランスよく、すばらしかったです。

Q4.いっぱい。

Q5.本当にありがとうございます。素晴らしい活動です!


J・Yさん ○
Q2.かねてよりガンは特に精神的なものが深く関わっていると考えていたので。

Q3.とても良かったです。3名の方、それぞれ別の立場、視点からお話をされていたので、ガンについて立体的に
理解することができました。

Q4.船戸先生のガンの原因が、全く私の生活そのものだったので、この会に参加することになったご縁は、
もしかしたら自分への警告だったのでは・・・!!と感じました。私も自分は絶対ガンにならないという自信が
あったので。

Q5.非常に素晴らしい会でした。とてもこい内容で来てよかったです。皆さん、本音トークがよかったです。
歌も良い曲ばかりでよかったです。ありがとうございました。スタッフとしても参加させて頂き感謝です。


T・Nさん ○
Q2.寺山さんにお会いしたかったから。自分のガンについて考えたかったから。

Q3.元気をいただきました。

Q4.杉浦貴之さん、パワーを感じました。

Q5.ありがとうございました。こういう形ではげまされる世界があるのだなと思いました。


C・Uさん ○
Q2.サイモントン療法を勉強しているので。

Q3.とても楽しく、感動しました。

Q4.杉浦さんのライブ、よかったです。

Q5.どうぞいろんなところで続けて下さい。


M・Nさん ○
Q2.前回のがん治(名古屋)に参加して、たくさんの大丈夫パワーをもらい元気になった。この大丈夫パワーを
充電するために参加した。

Q4.寺山さんの癌になる前と後の写真が印象的だった。

Q5.船戸先生へ。私は船戸先生のお話を聞くのは3回目になります。私は愛知県春日井市で看護師をしていて、
乳がんステージ4の1年目です。がん患者の気持ちは、がんになった人にしかわからない。医療関係者で
がんになった人はラッキーだと言うことですが、ホントにそうなのか、もっともっと先生のお話をきいて、
私がこれからも看護師として生きていけるようにしたいと思っています。今度、2/11のお話を聞きにいきます。


J・Fさん ○
Q2.知人からの勧誘。父が肺ガンで亡くなり、母は8年前に大腸ガンが見つかりましたが、無事切除、現在
元気に過ごしておりますが、いつか自分もなるのでは、なった時にどうするかという不安の払拭になればと
思い、参加しました。

Q3.元気・希望の湧く講演だけでなく、チェロの演奏や歌があり、心身共に元気が出て来ました。ガンになって
も、自分を見直す機会と受け止め、治るものだと思えるような講演でした。ありがとうございました。

Q4.寺山さん・・・自分の中に医者(自己治癒力)がいる。自分が心地良いと思えることを何回か唱える。
杉浦さん・・・脳のブレーキを緩める=意識の変化=自分の可能性を広げる
船戸さん・・・本来の自分からのメッセージと思う。本当に自分のしたい事に気付く。何が原因か突き止め、
生活を変える。

Q5.これからも全国で苦しんでいる、悩んでいる方達の希望の灯、励みとなりますように。健康に気を付けて
活動を続けて下さい。


S・Oさん ○
Q2.義母のガンの事が心配できました。

Q3.とても楽しく、きっと母も良くなると思います。特に歌がよかった。

Q5.歌に感動しました。CD買いました。


M・Kさん ○
Q2.妹ががんになり、色々頑張っているので、勇気と元気をもらいたくて。

Q3.とてもよかったです。妹のやっていること、自信ができたし、勇気とパワーをもらいました。

Q4.船戸先生の医学的視点からの講演が印象的。「がんは何も言ってない」という言葉が心に残った。


H・Iさん ○
Q2.せっかく生まれてきた命なので、何か役に立つことが出来ればと思い参加しました。

Q3.かたいイメージがありましたが、ユーモアたっぷり交えてでしたので、とても楽しめました。

Q4.がんを涙に例えていたのが、インパクトでした。

Q5.全国民へ、みなさんの体験を伝えてほしいです。少しでも日本が良くなるように。


T・Tさん ○
Q2.肺がんと診断された。パンフレットを見て、すぐ参加を決断した。

Q3.「すばらしかった」の一語につきます。


T・Hさん ○
Q2.昨年12月に腎癌の手術を受け、クリニックのチラシを見て興味を持ちました。

Q3.3名の講演はとても参考になりました。がんは治る病気であることがわかった。

Q4.杉浦さんの講演は元気をいただけました。やめることを考える。治すことを目的としない、人生の目標を
持つ。がんは治ること。

Q5.「がん治っちゃったよ」の人の症例をデータベース化して情報発信してほしい。


H・Iさん ○
Q2.ずっと名古屋など関西地区で開催されているのを知っていたが、今回は近所で、しかも仕事が休みで
タイミングが合い、運命を感じたから。

Q3.杉浦さんのうたを聞いて涙が出てきました。誰かのうたを聞いて涙が出たのは、生まれて初めてです。
きっと魂がゆさぶられ、喜んだんだと思います。病気された経緯を自己肯定感の低さとか親との葛藤とか、
自分自身と共感する部分が多く、興味を持ちました。CDと本も購入したので、自宅でゆっくり拝見したいと
思います。

Q4.頑張るには限界があるけど、楽しみには限界はない。闘うよりも楽しんだほうがいい。Caは本来で本当の
自分に気付くための手段。ハグが無条件の愛であり、心地良いパワーを与える。自分に心地良い言葉を与える。
自分に今あるものに目を向ける。

Q5.10年間、東京タワーのよく見える大学病院で看護師をしておりました。救命救急センターや腫瘍内科、
婦人科などで沢山のがんサバイバーと向き合い、闘ってきました。しかし西洋医学の限界を感じ、おのれの
未熟さ、無力さを実感し、アロマセラピーやサイモントン療法を知り学んでいる最中です。父や大切な人が、
がんサバイバーとして生きています。私自身も心身共に疲弊しており、自分を見つめ直すたけに仕事をやめ、
旅に出ます。本当の意味で、自分らしく生きていたいです。全てのものが本来のあるべきところへ、あるべき
姿に戻りますように。


A・Nさん ○
Q2.一昨年(9月)に大腸ガンの手術をしたので。

Q3.楽しかった。沢山笑えてすごく良かった。講演の3名の方達がみなさん明るく、元気をもらえた。
ありがとうございました。

Q4.全て心に残っている。ガンは「死になさい」と言っていない「変えなさい」と言っている。
「ガンを治す為の人生ではなく、何の為生きるか、ガンを治した先の事を考える」

Q5.東京で開催していただきありがとうございました。元気をもらいました。明るく元気に過ごしていけば
良いのかと思います。


T・Yさん ○
Q2.杉浦さんの言葉が聞きたかった。

Q3.とても良かった。

Q4.やめるのは覚悟が必要。

Q5.今日はありがとうございました。これから歩く勇気をもらいました。


N・Nさん ○
Q2.とても面白そうだったから。主旨がとても自分に合っていると感じ、ぜひ参加したいと思ったから。

Q3.とても楽しかったし、学ぶところ、気付きがありました。

Q4.杉浦さんのトーク、歌には沢山笑わせてもらいました。楽観力を見せつけられました。船戸先生のお話は、
楽しみながら深く学べました。拝聴できて良かったです。今日きたかいがあると思いました。

Q5.寺山先生の笑顔がとてもステキですね。お腹の顔がサイコーでした!1番笑いました!!!
沢山パワーとエネルギーを頂きました。ありがとうございました!



Q2.私はめちゃめちゃ健康ですが、周りで悩んだり苦しんでいる人に出会ったときに今回のイベントで学んだ
ことを伝えたいと思い、参加させていただきました。

Q3.仕事を休んで参加したかいがありました! 今日学んだこと、多くの人達に伝えたいです!!

Q4.生きてるだけでいいじゃない!

Q5.すばらしい講演をありがとうございました。


A・Hさん ○
Q2.身体に優しく安心安全な食品を扱っているナチュラルハーモニーのお店からの情報にて。オーナーの河名
さんの考え方、生き方を共感、尊敬し、影響を受けたので、共有させて頂きたいと思いました。

Q3.皆さん、絶望的な壁にぶつかっても諦めずに自身と闘う強さを持って、克服されている姿をみて元気、
希望をもらったので、苦しんでいる人にもっと知って頂きたいと思います。乗り越えた方たちの笑顔は
最高でした。

Q4.杉浦さんの歌、詩には、辛いとき、嬉しいとき、さまざまな気持ちが込めてあり、心に響く力が大きかった。

Q5.皆さんも言葉にはたくさん元気、希望を与えてくれる魂がこもっているので、もっと多くの人に届けて
ほしいです。


K・Oさん ○
Q2.友人、知人、父とまわりの人がガンで、手術をする人がいたため。父は、このセミナーを申し込んでから、
ガンがわかり手術することになりました。

Q3.ガンに対しての考えが変わりました。

Q4.「ガンは治っちゃう」「大丈夫!」「気づいて」もう一人の自分、お腹の顔 「夢はかなうよ」

Q5.このようなセミナーを開いてくださってありがとうございました。涙が止まりませんでした。


M・Sさん ○
Q2.貴さんのステージで元気をもらいたかった。

Q3.元気をもらいました。

Q4.貴さんの歌。

Q5.自分を大事にする。腑に落とすことができました。


A・Sさん ○
Q2.妻にさそわれてきました。

Q3.膵臓ガンの妻が10年以上元気でいます。その時の自分の感情が想い出しました。妻の大切さを更に感じ
ました。

Q4.歌がすてきでした。

Q5.今後もこのような会を多くやって下さい。


S・Mさん ○
Q2.自身が乳がん、再発転移したため。西洋、東洋医療のいいとこどりできないか。どうにかして治っちゃった
と言えたらいいなと思って参加しました。

Q3.何事も「自分」次第なのだなーと思いました。生きるエネルギーを分けて頂きました。
ありがとうございました。

Q4.人の真似をしないこと。自分なりの免疫力upをみつけること。生かされていることに気づくこと。
今ここに在ることが奇跡なのでは。

Q5.治った体験、治っちゃうかもよと思わせてくれる話が、スッと入ってきました。自分を許すこと、大事
だなと思いました。


M・Sさん ○
Q2.母ががんで闘病中のため。何をしてあげられるのか?残りの時間をどう過ごしていくのか?治療法は今の
ままで良いのか?何が母にとって良いのか?そんなことを毎日考えてばかりなので。

Q3.楽しかったです。眠ってしまうかもと思っていましたが、あっという間に時間が過ぎました。Reborn

Q4.「ありがとう」の歌に自然に涙しました。ぐちを言っても良い→はき出す→笑顔になる

Q5.これからも活動を広げていって下さい。苦しんでいる人が沢山いると思います。がんでも、がんじゃなく
ても、“どのように生きる?”をみんな知りたがっています。


A・Kさん ○
Q2.父がステージ4bの膵臓ガンになり、家族として娘として、どう向きあうかヒントがいただければなと
思い参加しました。

Q3.たくさんのパワーをいただきました。

Q4.自分らしく生きること。癌がなおったとしても、みんないずれは死ぬということに立って生きる。

Q5.今すぐに言葉にならない思いがあふれています。今日の体験を父に家族に周囲の人に、なにより自分自身に
しっかりしみ込ませていきます。ありがとうございました。


K・Yさん ○
Q2.術後10年たった。自分の姿を術後10年のビジョンとして体現していく。20年後の自分に向かっていく
ために「10年たったら10年前より元気に美しくなれる」その姿を見せ、その方法を伝える。

Q3.体験のお話されることが、「私もやっていた」という確認ができた。

Q4.自分で立ちあがる。

Q5.乳ガン術後、または他のオペのひきつれ、拘縮ケアをしています。


M・Kさん ○
Q2.去年の1月、胃ガンが見つかり、肺、脳にもガンがみつかり治療中です。治った方の話をききたいと思い、
エネルギーをいただきたいと思い参加しました。

Q3.みなさまの実際の経験したことが聞くことができ、とても良かったです。

Q4.自分の生き方を変える。意識を変える。

Q5.杉浦さんの歌に感動しました。私もあきらめずに前に進んでいきたいと思います。感謝です。

 

 

出演者、スタッフのみなさん、ありがとねー!!

 

 

 

 

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


第9回 がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松 2016/12/25

楽器の街 浜松での「第9回がん治っちゃったよ!全員集合!」。クリスマスの12月25日(2016年)に、開催されました。

 

楽器博物館内の音楽工房ホールは設備も音響も素晴らしく、杉浦貴之さんの歌、寺山心一翁さんのチェロが一段と響きました。

浜松市の後援をいただき、地元のスタッフさんのがんばりもあって、160名の満席となりました!

 

 

JR浜松駅から直結 アクトシティに併設されている楽器博物館

 

こじんまりとしていますが、清らかな雰囲気が漂う音楽工房ホール

 

160名のご参加 満員御礼!!

 

 

 

 

杉浦貴之さんの歌でオープニング!!

 

織田英嗣さん(食道ガンから11年 めぐみの会 代表)の開会宣言。

 

立っているだけで“クリスマス”の織田さん(笑)

 


開催に尽力された山中圭子さんがご挨拶。

 

自分と同じ咽頭ガンを患った同窓生との再会。生きる気力を失くしていた彼が、紹介した書籍『『命はそんなにやわじゃない』を読んで、「この人に会いたい!」と渇望した。それが、杉浦貴之さんだった。彼のステージを見るためなら、名古屋でも、大阪でも、東京でも出かけよう!そう意気込んでいたところ、なんと地元浜松でのイベントがあった。会場は、楽器博物館 音楽工房ホール。それから彼は激変し、ガンから逃げることなく、生き抜きました。だから、何としても「がん治っちゃったよ!全員集合!」を、この会場でやりたかった!!

 

万感の思いで挨拶される山中圭子さん

 

 

 

◆精神科医 宮島賢也先生の講話

 

サンタクロース姿で、人の意識の三層構造や満月の法則を語る宮島先生

 

 

 

◆杉浦貴之さん(腎臓ガン体験者)のトーク&ライブ

 

軽妙なトークが笑いをさそいます

 

 

1971年愛知県生まれ。28歳にしてがん宣告、手術。進行が著しく、余命は「早くて半年、2年後の生存率0%」。2005年、がん克服者の思いを載せた命のマガジン『メッセンジャー』を創刊。同年12月、ホノルルマラソン出場、2010年〜2014年、がんサバイバーホノルルマラソンを主宰し、全員完走・完笑! 「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験アンビリーバボー!」などにも出演。トークライブ、学校での講演と全国を駆けまわっている。(杉浦さんの体験談記事はこちら!)

 

*杉浦貴之さんの公式サイトはこちら!

 

まじめな話もできます(笑)

 

ビンビンパワー!

 

 

*杉浦さんの著書

 

 

 

 

 

◆休憩を挟んで笑いヨガ

 

 

 

 

◆寺山心一翁さん(腎臓ガン体験者)講話とチェロ演奏

 

貴重な寺山さんのサンタクロース姿 お宝画像です(笑)

 


1936年東京生まれ。1984年に腎臓がんを患う。手術、抗がん剤、放射線による治療を続けたが、がんが肺など他部位への転移で末期状態になる。「数か月の命」と言われながら、多くの気づきから、ホリスティックな癒しの中でがんが自然治癒。その後、世界各地で、自らの体験発表や自然治癒に関する講演、愛と癒しのワークショップを行っている。現在、(有)寺山心一翁オフィス代表取締役、日本ウェラー・ザン・ウェル学会副理事長。フィンドホーン財団評議員(スコットランド)、ISSSEEM理事(米国)

 

「ガンは自分の子供です。愛してあげてください」

 

 

 

◆トークセッション

 

ご来場者の質問に、出演者がお答えしました。

 

 

自分の体との対話は大切!(笑)

 

 

 

◆フィナーレ(決意表明者に会場全体で「大丈夫コール」でエールを送りました!!)

 

 

 

壇上から、参加者全員から、治るエネルギーをプレゼント!!

 

 

ご来場の皆様、出演者、スタッフの方々、ありがとうございました!!!

 

 

 

スタッフは午前9時に集合しミーティング

 

イベント終了後、出演者・スタッフで記念撮影

 

 

今後の開催予定

 

◆2017年1月29日 東京 日暮里
 

◆2017年2月11日 広島県福山市
 

◆2017年5月21日 札幌

*詳細→がん治っちゃったよブログ

 

 

 

 

【第9回 がん治っちゃったよ!全員集合!in浜松 参加者アンケート】
(*許可いただいたもののみ掲載)

 

Q1.なぜこのイベントに参加されようと思いましたか?
Q2.参加された感想はいかがですか?
Q3.特に印象に残ったステージや言葉があれば教えてください。
Q4.出演者や主催者へメッセージがあれば何でもお書きください。


Y・Iさん ◎
Q1.がんを治した人に会いたかった。希望をもらいたかった。パワーをもらいたかった。そして、楽しい時間に身を置きたかった。

 

Q2.とても充実した楽しい4時間でした。ありがとうございました。また参加します。

 

Q3.治す力は己の中にある。100人いたら100通りの治し方がある。ガンになった原因をしっかり見つけようと思います。

 

Q4.貴さんの歌、大好きです。勇気をありがとう。

 


M・Mさん ◎
Q1.がんの知り合いに誘われて、初めてこのイベントに参加させて頂きました。私は去年末、大腸がんになって手術をし、がん治っちゃった・・・って、どうしてか?ほんとなのか?知りたかったから。

 

Q2.お話された方の笑顔がとても素晴らしかった。そして、お話もひき込まれてしまいそうでした。今日、参加させて頂いてほんと良かったです。最高のクリスマスでした。皆さん、ありがとうございました。

 

Q3.杉浦さん、若いのに考え方が素晴らしいです。帰りに本を買って、もっともっと杉浦さんを知りたいです。歌声も素晴らしい。元気が出ました。

 

Q4.ホノルルマラソン、出ようかと思いました。ありがとう!

 


T・Mさん ◎
Q1.過去に、今回講演される宮島賢也先生の本を購読したことがあり、たいへん興味がわきました。先月(11月)、友人をすい臓がんで亡くしました。がんは人ごとではなく、身近なものだと強く感じています。

 

Q2.15年前から「うつ病による不眠症」と診断され、現在も通院服薬を続けています。もう一度、病気を見つめなおし、薬なしにしていきたいと思います。杉浦さんのトーク、歌はとても楽しく盛り上がった。ビデオもよかった。笑いヨガも楽しくできた。寺山心一翁先生の「日の出(太陽)」の話は、とても勉強になった。

 

Q3. 命はそんなにやわじゃない! LOVE SONG ありがとう。ビンビンパワー。三日月・満月。潜在意識イメージ。治る力(生きる力)は己のなかにある。寺山流直るヒント「がんになって良かったですね。おめでとう」

 

Q4.貴重な講演会に参加させていただきありがとうございました。日の出が見れるような生活をしたいと思う。

 


H・Mさん ◎
Q1.夫より教えてもらい、夫と一緒に参加しました。(病気ではありませんが)

 

Q2.とても良かったです。生きてゆく方向性を教えて頂けました。

 

Q3.杉浦さんの歌。歌詞の言葉がとても入ってきました。ほんとうの自分につながる大切さを、さらに確認させて頂きました。寺山さんのチェロの音が響いて入ってきました。

 

Q4.人間の一番大切にしなければいけないことを、教えて頂けました。実践して生きられるようになりたいし、生きてゆきます。

 


K・Sさん ◎
Q1.私も1999年、乳がんになり左乳房を切除しました。そんな中で、一人で生きていけない自分を知っています。

 

Q2.とても考え方が大切なんだ!と痛感しました。

 

Q3.今の自分は今までの自分よりも楽だ。

 

Q4.とても自然でありがとう。良かったですね。

 


A・Mさん ◎
Q1.ガンの治療をする上で、心に力をつけたかった。

 

Q2.いろいろよいお話が聞けてよかったです。歌もよかったです。

 

Q3.「幸せ」に向かって夢をイメージすることが大事だというお話。

 

Q4. 「生きる力」をありがとうございました。

 


A・Sさん ◎
Q1.妻の友人に誘われて。私もがんが治ったから。(ステージ3b)

 

Q2.体を使う話は楽しいですね。

 

Q3.笑いヨガ。寺山さんの話で神社の気の使い方に通じる話は、合致しました。

 

Q4.各地域で反応は違うでしょうが、精力的にがんばって下さい。

 


Y・Sさん ◎
Q1.前々から寺山心一翁氏の話を聞きたいと思っていたから。

 

Q2.やはり本当に楽しかった。大笑いでした。

 

Q3.寺山先生の笑顔。

 


Y・Mさん ◎
Q1.現在、母親治療中。「メッセンジャー」にとても勇気づけられてます。また力をわけてもらいたい。

 

Q2.貴さんはやっぱり色々うまい。楽しかったです。

 

Q3.家族の間でも、満月の前提で接してみる。

 

Q4.また力をもらったと思います。ありがとうございました。また機会が合えば参加したいと思います。また両親と参加できたら良いな。

 


Mさん ◎
Q1.友人の勧めで。寺山さん、宮島さん、杉浦さんのお話を是非お聞きしたいと思いました。

 

Q2.とても良かったです。内臓から元気になった気がします。胃腸の動きも良くなった気がします。

 

Q3.自分の幸せな未来を描きたいと思います。病気でなくても、トキメキを持っていない人達が大勢います。妄想でもいいからトキメキたいです。寺山さんの笑顔とチェロのひびきが心の中にしみわたりました。

 


Y・Eさん ◎
Q1.ガン患者の患者会に出席すると、なぜか気分が落ちてしまいます。明るい希望の会があればと・・・そう思いこちらに出席してみようと考えました。

 

Q3.寺山先生はサンタクロースみたいでした。

 

Q4.宮島先生、寺山先生、大変きょうみ深く聞きました。もっとお話を聞きたかったです。貴さんの言葉を大切にしながらの歌、とても良かったです。織田さん、司会ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 

 


がんなお(日本がん治っちゃったよ協会)発起人ミーティング 2016/12/06

それぞれの活動がビジー状態ということもあり、久々に4人で集まり話し合いました。

 

 

 

◆がんなお趣旨の確認、協会の在り方と今後の活動(含 各発起人の関わり方)

◆がんなお協会のパンフレット作成

◆他団体とのコラボ

 

各地で「がん治っちゃったよ!全員集合!」の開催要望があり、スケジュールをこなすのに追われてる。そこで、このへんでもう一回整理しようよ!というミーティングでした。

 

いろいろ再確認できて、よかったですよ。

 

さて、今後は、
12月25日(日)浜松

 

年が明けて、
1月29日(日)東京

2月11日(土・祝)広島県福山市

5月21日(日)札幌

 


「がん治っちゃったよ!」の趣旨

 

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。

 

◆がん治っちゃったよブログ!

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 image2
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM