マイナス水素イオン

堀口裕先生の講演を要約するために録音を聴きなおし「細胞内診療」を読むうちに、マイナス水素イオンのことが頭に浮かびました。私は物理学には疎いのですが、マイナス水素イオンは分子量1で電子を2つ持っています。非常に高い還元力を有する物質です。


堀口先生は、病気の治療とともに病気の根っこを改善することが健康にとってたいせつだとお話されていました。病気治療3割、病気の根っこの改善7割。根本的にどこを改善すべきかというと、個々の細胞である。その細胞を不健康にしているのが、「酸化」と「酸性」。そして細胞に異常を生じさせるきっかけは「酸化」であるが、病態を勧めるのは「酸性」の体内環境だと説かれています。なぜなら、酸性状態では酵素活性が抑制されてしまうから。食品やサプリメントに含まれる抗酸化物質を摂取することはいいが、酸性をスピーディに改善するならダイレクトに電子を補充するほうが早い。それは、食品に含まれる抗酸化物質と大気中の電子の性質の差にあるということです。


そこで、日ごろ摂取できるもので酸化や酸性の改善により有用なものはないかなぁ〜、と思い出したのがあるマイナス水素イオン食品です。電子供給能力に優れたHマイナスを安定化させるために、食用サンゴカルシウムと水素を結合させたのが「水酸化カルシウム:C6H2)」。これが体内に入ると水分と反応して、マイナス水素イオンとイオン化カルシウムを長時間供給することができます。


カルシウムイオンは酸性を中和する働きがあるので、このマイナス水素イオン食品は酸化と酸性の改善が期待できるのではないか。そこでこの商品を販売している東京の会社(リブレライフ 町田建治社長)を訪ねました。

マイナス水素イオンマイナス水素イオン
地下鉄有楽町線で新富駅へ            (株)リブレライフの町田社長



この商品は、サプリメントですがドクターの方も使用していて大きな手応えを掴んでいるようです。今後、開発者の方や使用しているドクターに直接お話を伺って、フォローしていきたいと思います。すでにドクターが著した関連書籍が出版されていますので、ご参考まで記載しておきます。 




ガン克服テキスト
 

ガン克服レポート
ガン克服資料


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 ガンの辞典
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM