笑ってガンを笑い飛ばそう! ココフェスタin北海道 岩見沢・旭川

ラフターヨガでがん患者さんとご家族のサポート活動をするココピトの会が主催。
第3回目は真夏の北海道。8月3日(土)4日(日)、岩見沢と旭川で開催されました。


ココフェスタin北海道
初日は岩見沢 会場に行く前にバラ園に寄って英気を養う(笑)


主催者の松川さん、野島さんお二人ともガン体験者。ご自身の経験を活かして活動に取り組んでおられます。

ココフェスタin北海道
右が野島さん(旭川)、左が松川さん(岩見沢) 真ん中編集長は両手に花(^^)


私は縁あって同会を発足時より応援しております。(会長で乳ガン体験者の山口考子さんの取材がきっかけ) この度の「ココフェスタin北海道」では“ガンの辞典 編集長”という立場で講演させて頂く機会を頂戴しました。ということで一路、北海道へ飛んだのです!

ココフェスタin北海道
松川さん(左)とココピトの会会長 山口考子さん(日本のラフターヨガ指導では第一人者)



笑うことの効用にエクササイズとしてのヨガ呼吸法を組み合わせたラフターヨガ。手軽な健康法としてインドの内科医、ドクター・カタリアが考案されました。

ラフターヨガは健康法としてもさることながら、患者さんが意識をガンから自分自身に向かせることに役立つと思います。ガンから目を背けるのではなく、自分の体を愛おしみ、信頼、感謝を感じる。それは取りも直さず、無条件の生きる喜び、幸せを感じられることです。

だって、笑いながら生きるのがツライと思う人、いないでしょ。

あなたの人生の主役はガンではなく、あなた自身です。ラフターヨガはその感覚を呼び戻してくれる。そんな風に感じるのです。

ココフェスタin北海道
岩見沢会場

ココフェスタin北海道
ラフターヨガ体験

ココフェスタin北海道
こちらは旭川

ココフェスタin北海道
会終了後、有志で懇親会


初日の岩見沢で講演を聴かれた女性が、翌日1時間以上かけて旭川にご主人連れで参加してくださった。「本気で自分を変えようと思った!」と主催者に決意を表明された方がいた・・・なにか生命力の琴線に触れたのでしょうか。嬉しいですね。

ご参加くださった皆さん、主催者の方々、どうもありがとうございました。

◆ココピトの会 公式サイトはこちら!

◆松川敦子さん(岩見沢)の乳ガン体験談記事はこちら!

◆野島ますみさん(旭川)の卵巣ガン体験談記事はこちら!










ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

ココフェスタ in 愛知

「笑いでがんを笑い飛ばそう!」をテーマに活動しているココピトの会。ラフターヨガでガン患者さんやご家族を元気にしています。昨日2月26日には愛知県尾張旭市で同会主催「ココフェスタ in 愛知 」が開催されました。

ラフターヨガ ココピトの会
尾張旭市 北本地ケ原ふれあい会館 毎週火曜日の午前にラフターヨガやってます(ガン体験者さんの参加が多い)



地元愛知以外にも三重、岐阜、京都から20名以上が参加。山形県鶴岡市からはココピトの会会長 山口考子さん(乳ガン体験記事はこちら!)も駆け付けられました。

ラフターヨガ ココピトの会
中央が 山口考子さん ガンの辞典で体験談も掲載しています



まずは30分、ラフターヨガで大笑いしてからゲストの講演・・・そのゲストは私です(笑) 題して「ガン克服のための3つの物差し」 このところずっと物差しネタです(笑)

参加者はほぼ、ガン体験者およびご家族。去年の5月から活動を始められた主催者の鈴木明美さんも乳ガン体験者。ラフターヨガと出会って180度生き方が変わったそうです。治療真っ最中の方もいれば、発病から20年以上経っている方まで様々。皆さん笑って、笑って、また笑う(笑)

ラフターヨガ ココピトの会
主催者の鈴木明美さん(ラフターネーム:松風らむ)



ラフターヨガを取り入れたガン患者会はとてもよいアイディアですよね。ヨガ自体が呼吸法をベースにした健康法であること。笑うことの効用(免疫作用)。そして何よりガンのことを忘れる時間を持てること。ガンの不安や恐怖から解放してくれるし、「そうだっ!ガンという病気を持っていてもこんなに笑うことができる!」・・・本来の自分の人生に目を向ける切り換えスイッチにもなってくれると思います。

「病気になっても、病人になるな!」には、ラフターヨガはうってつけ!!ですね。

ラフターヨガ ココピトの会
フェスタ後の交流会にてパチリ


ラフターヨガ ココピトの会
参加者全員で記念撮影!


◆愛知県尾張旭市でラフターヨガ活動する鈴木明美さん(乳ガン体験者:ラフターネーム「松風らむ」)のブログ「らむの笑っていぇ〜い」はこちら!

◆鈴木明美さんは岐阜市の感動カフェ・ディアスでも毎月2回(原則第2・4水曜)ラフターヨガクラブを開催しています!

◆ココピトの会の公式サイトはこちら!





ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料






【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

「笑い学(LAUGHOLOGY)」DVD

日本におけるラフターヨガの第一人者(一般社団法人 ラフターヨガ・ネット 所属)から紹介されたDVD。

笑い学 ラフターヨガ


「笑い学」というタイトルだが、学術的なDVDではない。「人はなぜ笑うのだろう?」「なぜ赤ちゃんは誰にも教わることなく笑うのだろう?」「なぜ大人になると笑うことが少なくなるのだろう?」という疑問を解くべくジャーナリストのアルバート氏が世界各地へ探求に出かける。

ラフターヨガの創始者であるカタリア医師もインタヴューに応えている。(笑いの合間に語っている) 

「私は医者をやめました。なぜなら医療より笑いのほうが人を癒す力があるからです」
「仕事や人生に真剣になるのはいいが、深刻になってはいけない。深刻さから解放するには笑うことがいい」
 

確かにいくら深刻になっても物事は解決しない。(笑)


70分の本編はやや中だるみ感も否めない。欧米では大ヒットしたようだが、字幕のためニュアンスが伝わりにくい部分もある。しかし、そういえば「笑いって・・・?」と幸か不幸か(笑)、笑いのことが気になってしまった方には見逃せないDVDだ。

それにしても登場人物のひとり コリンズおじさんの笑いには参った! コリンズおじさんが笑うだけで周囲の人は引きつられて笑っちゃう! コリンズおじさんのDVD出したら売れるかも!(笑)


◆「笑い学」DVDは一般社団法人 ラフターヨガ・ネットより購入できます。(こちら!)






ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

『がんの呪縛を解くには〜ラフターヨガに期待します!〜』

一般社団法人 ラフターヨガ・ネットは、「ラフターヨガ(笑いヨガ)プロフェッショナルへの道 講座(略称:笑プロ道)」というプログラムを実施しています。ラフターヨガのリーダーさん達のスキルアップ講座です。講座はいくつかのテーマごとにプログラムが組まれています。この度、その中の「医療分野アプローチ講座」の講師としてお声を掛けて頂き11月4日、会場の東京 東府中へ行ってまいりました。

ラフターヨガ ココピトの会ラフターヨガ ココピトの会
京王線 東府中駅            会場のむさし府中商工会議所


ラフターヨガ ココピトの会
講座の実技風景



【講演テーマ】
『がんの呪縛を解くには〜ラフターヨガに期待します!〜』

【骨子】
・患者さんやご家族が「治る:治らない」の二極化思考に陥りやすい背景
・ガン克服のための3つの物差し
・体験者に学ぶ克服の鍵
・ラフターヨガに期待すること

ラフターヨガ ココピトの会
自分が写ってる写真だけ大きくてすみません(笑)



この内容でまとまったお話をするのは初めて(新ネタ初披露!)なので、滑らかな語りとはいかず時間もオーバーしてしまい、ご迷惑お掛けしちゃったかな。この場を借りて、ごめんなさいね。ちょっとでもお役に立てたのなら、うれしいです。


なお、笑プロ道講座で研鑽を積まれた方がメンバーの「ココピトの会」はラフターヨガでガン患者さんやご家族を支援する活動をしています。出張ラフターヨガもしてくださるそうです。
詳しくはこちらにお問い合わせください!

*ココピトの会についての詳細記事は、今後ガンの辞典にて掲載を予定しています。









ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 


ココピトの会

ガン体験者であり、またラフターヨガ(笑いヨガ)愛好者でもある4名が、ガン患者を支援する会「ココピトの会」を立ち上げました。

2011年11月、インドでラフターヨガの創始者 Dr.カタリア主宰のティーチャー講座で出会った4人。一人は先に山形鶴岡でご自身の乳ガン体験を語ってくださった山口孝子さん。お一人は北海道在住、残りのお二人が愛知県にお住まいです。

昨日、愛知県在住で「笑いコンサルタント」「ラフターヨガ・ティーチャー」をされ、ご自身もガン体験者の吉見さんにお会いしてきました。

ココピトの会
吉見さんと名古屋駅で面談


組織的な活動やガン患者対象のラフターヨガ・プログラムの開発など、船出したばかりの「ココピトの会」は体制づくりの最中です。

ココピトの会
ココピトの会が制作したDVD。一人でも笑えるように!


『笑ってガンを笑い飛ばそう!』をキャッチフレーズにガン患者支援を目指しています。追加取材をして「ココピトの会」に関する記事を掲載したいと思っています。

なお、来月11月2日(金)に東京府中で「ココフェスタ」が開催されます。


東京体験会「ココフェスタ」
内容:ガン体験者の体験談、ラフターヨガ(笑いヨガ)の体験、情報交換など
日時:平成24年11月2日(金曜日) 14:00〜16:00
対象:.ン患者とその家族、▲灰灰團箸硫餡餔
   (当活動に関心がある^奮阿琉貳未諒は、ココピトの会へ入会の上ご参加ください。
     ココフェスタ参加申し込みと同時に受け付けします)
 会場:むさし府中商工会議所 大ホール
   (京王線東府中駅徒歩1分、新宿から約30分)
会費:1,500円(申し込み受け付け後、振込先をお知らせします)
 申し込み:往復ハガキ、ファックス(0561-58-6523)
     およびメールにてお申し込みください。
代表者、氏名、郵便番号、住所、電話番号および代表者以外の参加者の氏名を明記の上お送りください。
その際、それぞれのお名前の後ろに、ガン患者の方は本人の(本)、その家族の方は(家)、ココピトの会員の方は(会)と明記ください。

*詳細はこちら!





ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料


【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 


ラフターヨガ(笑いヨガ)体験!

【ラフターヨガ(笑いヨガ)とは?】
笑いヨガは、1995年インドの医師 マダン・カタリア先生と妻のヨガインストラクター マデュリ先生によって考案された、笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせた健康法です。この方法を使い、冗談やユーモアなどに頼らず「理由なく」笑う状態を作っていきます。最初はなかなか笑えない人も多いようですので、作り笑いでも大丈夫です。


まずは皆さんで目と目を合わせたり、子どものような遊び心を使ってポーズをとったりすることによって、笑いが伝染し本物の自然な笑いへと変わっていきます。笑うと腹式呼吸となり、たくさんの酸素が脳をはじめ身体にくまなく取り入れられ、多くの健康効果が期待できます。人間の身体は作り笑いと本物の笑いを区別できません。作り笑いであっても健康効果は本物の笑いとまったく同じであることが科学的に証明されています。


当初はインドのムンバイ公園でたった5人からスタートした笑いヨガ。現在では世界70カ国にまで広がり、たくさんの笑いヨガクラブができています。
(会場で配布されたパンフレットより)



「笑い」は医学的な実験なども実施され、免疫力が上がるなどその効用は広く知られるようになりました。笑うことは、手軽にできるガン患者さんの養生法にもなっています。


ラフターヨガは、その笑いにヨガの呼吸法をミックスさせたエクササイズ。老若男女、だれでも楽しく参加できるラフターヨガ・クラブは日本国内にすでに150以上あるそうです。


◆お近くのラフターヨガ・クラブはこちらで検索できます!(ラフターヨガ ジャパンのサイト)



昨日(10/23)愛知県刈谷市で開催されたラフターヨガ教室。笑いヨガ・ティーチャーの南川広幸さん(ラフターヨガクラブ ラブ&ピースあいち)が主催し、ゲストに山口考子(やまぐち なすこ)さんが来られました。


◆ラフターヨガクラブ ラブ&ピースあいちのホームページはこちら!



山口さん(ラフターネーム:アマゾンなすこ)は、乳ガン療養中にラフターヨガと出会います。手術後の病院内で英字新聞(山口さんは英語の教師もされていた)を読んでいたところ、ラフターヨガ創設者のカタリア先生が来日する記事を目にしたのです。そして翌月に東京都内で開かれる講習会に参加することにしました。なぜなら、笑うことで健康になる、と記事には書いてあったからです。

ラフターヨガ(笑いヨガ)
ハロウイーン衣装で登場のアマゾンなすこ さん


ラフターヨガに魅了された山口さんは、半年後オーストラリアで開催されたセミナーに参加。海外の参加者と1週間大笑いしたそうです。帰国後の検査では残存していたガンが消えていた。医学的に因果関係を特定できるわけではありませんが、山口さんは笑いがよい影響を及ぼしたと確信されています。


この情報を耳にし、私も取材を兼ねてラフターヨガを体験してきました。45分ほど、山口さんがご自身の乳ガン体験や震災(山口さんは東北在住)のお話をされ、その後1時間30分、50名以上の参加者とともに大笑いしました。エクササイズをリードするティーチャーやリーダーの方々の愉快な誘導によって、始まる前は「そんなに笑えるのかなぁ〜」と疑心暗鬼の編集長も、ばか笑いの連続(笑)(笑)(笑)  人間、こんなに素直に笑えるんだ〜、と感心しきりです。

ラフターヨガ(笑いヨガ)ラフターヨガ(笑いヨガ)
みんさん元気いっぱい笑ってます!!


「楽しいから笑う、うれしいから笑う・・・そうじゃないんです。笑うから楽しくなる。笑うからうれしくなるの」と語るアマゾンなすこ さん、主催してくださった南川広幸さん、どうもありがとうございました。取材そっちのけで、笑っちゃいました!(笑)

ラフターヨガ(笑いヨガ)
左から2番目が山口考子(アマゾンなすこ)さん。その右隣が主催者の南川宏幸さん。
山口さんの隣が編集長。



【追記】
ガンの方も笑うこと、とってもいいと思います。ただ一般向けのエクササイズなので、参加にあたっては事前に主催者の方にご相談なさってください。




ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 ガンの辞典
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM