プレシジョン・メディシン(精密医療) 2016/11/20

今月20日(2016年11月)、NHKスペシャル「“がん治療革命”が始まった〜プレシジョン・メディシンの衝撃」

 

反響が大きかったようです。ガンの辞典関連サイトに、昨年5月、プレシジョン・メディシン(精密医療)の記事を掲載していたのを、私自身もすっかり忘れていました。皆さん、検索されたんですね。普段に増して、メール、お電話でお問合せがありました。私のとこでは、治療してないのにね。

 

あらためて、番組の感想を記してみます。

 

 

まず、「プレシジョン・メディシン(精密医療)」とは?

 

従来は、ガン種別、臓器別の臨床試験で有効性を認められたものが、抗ガン剤として認可されてきました。ところが、ガンの増殖に関与する遺伝子解析技術の進歩によって、遺伝子変異のタイプを見極め、それに対応する分子標的薬を投与することで治療成績が向上することが明らかになってきました。しかも、ガン種、臓器が異なっても同じ遺伝子が変異していれば、同一の薬剤が奏功することがあるのです。例えば、乳ガンに適用が認められていた分子標的薬が、Aという遺伝子変異に対応する薬剤だとします。それが、やはりA遺伝子が変異した子宮のガンにも、使えるということです。遺伝子変異のタイプごとに薬剤を選択し、治療が奏効する確率を高める狙いがあります。すでに実施された治験(肺ガン)では、従来の抗ガン剤の奏効率30%に対し、プレシジョン・メディシンでの治療は70%と報告されています。(SCRUM-Japanプロジェクト)


プレシジョン・メディシンは、今までの抗ガン剤治療から大きくパラダイムシフトしたガンへのアプローチです。それは、前述のように遺伝子解析技術と変異分子をターゲットにした製薬開発の進歩がもたらしたものです。

 

ただ、課題もあります。遺伝子変異を特定するのは簡単ではないこと。ガンの増殖に複数の遺伝子変異が関与する場合、どの変異を治療するのが有効なのか? 変異を特定できても、対応する薬剤があるか? また、現状治験以外で治療を受ける場合、遺伝子検査および薬剤を適応症以外のガンに使用すると、いずれも自費になります。検査費用は40〜100万。番組で紹介された患者さんの場合、毎月の薬剤費が90万でした。

 

アメリカではAI(人工知能)による薬剤選択も試みられているようで、プレシジョン・メディシンはアメリカ、日本では国策として推進されています。

 


番組を見て気になったことは、コメンテイターが「遺伝子変異を闘うべき敵」と発言していたこと。登場された治療中の患者さんが、再発された際、次の臨床試験に参加し「これがやっつけてくれる」と期待をこめていたこと。

 

ガン化の遺伝子変異は、どうにもならない運命でしかも邪悪なものという捉え方には、違和感を覚えます。だって、一生を共にする自分の体のプログラムですから。

 


◆先端医療開発センター(SCRUM-Japanプロジェクト)の公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


「癌の最新遺伝子診断〜治療」 15/05/28 船戸クリニック(岐阜養老)にて

岐阜養老の船戸クリニック主催講演会「癌の最新遺伝子診断から治療まで」に参加してきました。

愛知医科大学 先制・統合医療包括センター
福沢嘉孝教授(右)と船戸崇史院長(左)

愛知医科大学 先制・統合医療包括センター


講師は愛知医科大学大学院医学研究科教授で「先制・統合医療包括センター」センター長に就任された福沢嘉孝先生。同センターは、この5月14日にオープンした遺伝子検査専門外来。(がん遺伝子、長寿遺伝子をmRNA発現解析)

癌に関しては、発症に関わる男性10種、女性9種のがん遺伝子を5段階でリスク評価します。がん遺伝子の異常は先天的な要因が約5%。残り95%は後天的な要因・・・日常の生活因子・・・が反映されます。mRNA発現解析は、後天的な要因による遺伝子の状態を検知します。評価をもとに必要に応じて生活習慣の改善(食事、運動、睡眠、嗜好など)、漢方・サプリメントの利用などでリスクの改善を図ります。

愛知医科大学 先制・統合医療包括センター


従って、「先制・統合医療包括センター」の目的は東洋医学でいう未病(病気が現れる前段階)で病気のリスクを察知し、発症を回避することです。ゲノム解析というツールを使うことでリスクを調べ、取り組む療法や健康法が有効なのかどうかを客観的に判定できます。センターの名称にある「先制」は病気発症の前に先制して防ぐ、ことを意味しているのです。


がん遺伝子検査は次のような方に役立ちます。

・健常者でがんリスクを知りたい
・がん患者さん、がん経験者で再発や転移のリスクを調べたい
・実践している予防法、健康法の効果を確認したい

なお、現在検査費は保険適用外で自費となります。

(*追加取材をして詳細記事をガンの辞典に掲載予定です)


愛知医科大学 先制・統合医療包括センター


◆愛知医科大学 先制・統合医療包括センターはこちら!

◆船戸クリニック 公式サイトはこちら!









ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

村上和雄ドキュメント『SWITCH(スイッチ)』上映会

日本ホリスティック医学協会中部支部主催の新年感謝祭に参加してきました。

SWITCH(スイッチ)
名古屋市東区のウイルあいちが会場


遺伝子研究の第一人者 村上和雄先生のドキュメント映画『SWITCH(スイッチ)〜遺伝子が目覚める瞬間〜』が上映されました。

SWITCH(スイッチ)
参加者、ぞくぞく入場。観賞2回目、3回目という方も。

SWITCH(スイッチ)
大ホールの客席はかなり埋まっていました!


最初に手にした村上先生の著書は「生命のバカ力」。火事場のバカ力は潜在能力が発揮されたもので、潜在されている能力や意識が人体という実体をを起動させるにあたっては遺伝子にスイッチが入るからだというお話。

村上先生は、心と体のつながり、思いや笑い、環境、栄養素が人体に何らかの変化をもたらすとしたら、遺伝子をONにしたりOFFにしたりするからであるという、人間の可能性についてたいへん勇気を持てる遺伝子論を展開しています。映画には次のエピソードも挿入されています。

――2005年JR福知山線脱線事故で最悪の2両目に乗り合わせ、重い障害は残ったものの奇跡的に助かった順子さんと、愛と笑いで順子
さんの回復を支え続けた母親のもも子さん。
――絶望の窮地から「感謝の量を増やす」というメッセージを受けて映画制作に挑んだ入江富美子さん。

村上先生の著書はたくさんありますが、映画もいいですね。

私たちの遺伝子の97%はOFFになっているそうです。
まだ眠っているガン治しの遺伝子だってスイッチONにできる可能性はあります!!


◆映画『SWITCH(スイッチ)』の公式サイトはこちら!

◆村上和雄先生の著書(一部)ご紹介











ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

「がんと遺伝子」

地元の国立大学主催のイベントに参加する機会があったので行ってきました。(抽選に当たりました)

がんと遺伝子
カフェでドリンク片手に、研究者や専門家と気軽に交流を楽しむライブイベント 
という趣旨なので、会場はカフェを貸切にしてありました。



担当の先生方、ありがとうございました。
(腫瘍生物学・腫瘍生化学・細胞生物学が専門の医学博士と分子遺伝学が専門の理学博士のお二人の先生)


お話のほんの一部をご紹介。


まず、ガンは遺伝子の病気であるが、遺伝病ではない。(一部の特殊な遺伝性ガンを除いて) 遺伝病というのは生殖遺伝子の変異であり、生殖細胞(精子・卵子)を通じて子孫に遺伝する。私たちが遭遇する多くのガンは、体細胞の遺伝子が変異することによって発生する。


現在主流となっている発ガンのメカニズムは、《原がん遺伝子》と《がん抑制遺伝子》の突然変異である。《原がん遺伝子》は、名前こそ「がん」が付いているが、元来は必要に応じて細胞を増やす遺伝子。正常な細胞分裂や傷口を治すために細胞を増やす際に関与する。原がん遺伝子が突然変異を起こして、際限なく細胞増殖を促進するようになってしまうと「がん遺伝子」と呼ばれるものに変わる。《がん抑制遺伝子》は、細胞が無規律に増殖することを抑制する遺伝子。ガンの増殖のブレーキ役だが、突然変異で機能しなくなればガン化が進む。


では、原がん遺伝子やがん抑制遺伝子に突然変異をもたらすものは何かというと、私たちの日常にある。化学物質、紫外線・放射線、ウイルス、細菌、食事・栄養・喫煙・飲酒・労働環境などの生活習慣、加齢などである。また、体内で発生する活性酸素やフリーラジカルも一因といわれている。


ガン細胞の二大特性は、「無規律的増殖:足場非依存増殖」と「浸潤と転移:細胞間接着低下、運動性亢進、マトリックスの破壊、血行性、リンパ性」である。足場非依存増殖というのは、細胞が隣接していないのに増殖できる能力のことである。一般に、正常細胞にはこのような能力はない。文部科学省のホームページには次のような記載がある。(一部引用)


「繊維芽細胞や上皮細胞などの付着細胞が、細胞外基質(足場)に接着しなくても生存し増殖できるようになることを、足場非依存性増殖能の獲得と呼ぶ。この能力は、がん細胞が持つ一般的な特質として古くから知られ、正常細胞とがん細胞とを区別する指標としても広く用いられてきた。さらにがんの浸潤、転移にも深く関与しており、その分子機構の解明は極めて重要と考えられる。・・・」



この他、遺伝子検査やガン告知の倫理的問題などにも触れていました。参加者がアンケートに答える形式(参加者全員が端末機器のボタンを押す。クイズ番組みたいで面白かった)も採用されていましたが、各問いの回答が二択に限定されていたので、デジタル的な回答に偏っていた感は否めません。


遺伝子の突然変異に関しては後天的な要因が作用するということで、「ガンは生活習慣病である」ことを裏付けました。ただ個人的には、物質的な原因だけでなく、心理的要因が大いに関係すると思っています。その相関を同定することは難しいでしょうが、祈り、感情、心の持ち方と遺伝子の研究に取り組んでいる専門家もいます。


ガンに関与する遺伝子は現在わかっているだけでも100以上、今後研究が進むにつれて更に増えることが予想されています。遺伝子レベルでのアプローチがこれからのガン治療の主流になるのは間違いないでしょう。


人間の多様性という色彩は遺伝子が描いている。ガンもその人体表現の一つなのかもしれません。

【関連サイト】
がん遺伝子治療 情報


ガン克服テキスト

ガン克服レポート
ガン克服資料


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 ガンの辞典
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM