ガン生還者に学ぶ会 長崎 15/04/26

発足から5年になる長崎の「ガン生還者に学ぶ会」に参加してきました。


ガン生還者に学ぶ会  長崎
会場の目の前が長崎港の一角をなす「水辺の森公園」 当日は帆船祭りで賑わっていました。


ガン生還者に学ぶ会  長崎
会場の出島交流会館



通常は毎月第2木曜日のお昼間に勉強会をされています。この日は年2回、春と秋に催される講演会。ゲストの松尾倶子さん(福岡市在住 NPO法人 がんを学ぶ青葉の会 代表:スキルス胃ガン 余命5ヶ月宣告)と、主宰者の福浦さゆりさん(卵巣ガン3期)が体験をお話されました。


ガン生還者に学ぶ会  長崎
会場

ガン生還者に学ぶ会  長崎
30人ほどが参加

ガン生還者に学ぶ会  長崎
松尾倶子さん

ガン生還者に学ぶ会  長崎
主宰者の福浦さゆりさん


福浦さんが同会を立ち上げたのは、あるガン仲間の存在があったからです。卵巣ガン4期のKさんは、同じ病室のガン友。いつも笑顔を絶やさず、重ぐるしい病室の中で明るく光のような存在でした。亡くなる前に「天国に行ったら、空の上から同じ病気で苦しんでいる人を励ましたい」と語っていたそうです。福浦さんは、そのKさんの思いを引き継ぐことを決意。「上から彼女がいろいろ段取りして、私はその通りに動いているのです」 Kさんと二人三脚なんですね。


ガン生還者に学ぶ会  長崎
3人でパチリ!


会員制を採用せず毎回フリー参加というスタイルで会の運営をするのは大変なことです。コツコツと地道に継続する福浦さん、ありがとうございます。

*主宰者 福浦さゆりさんのガン体験記事を掲載しました(こちらから!)


◆「ガン生還者に学ぶ会」のホームページはこちら!












 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」 14/09/02

NPO法人 がんを治す情報サロン 患者会「憩いの森」  代表 西垣内康行(にしがいと やすゆき)さんを訪ねました。

大阪難波から南海電車 りんくうタウン駅は関西空港の一つ手前。まだ開発の余地を残した出島に、ひときわ高くりんくうゲートタワービルがそびえています。タワーには、血管内治療で名を馳せるIGTゲートタワークリニック、そして関連施設のりんくう出島クリニックが居を構えています。

NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」
南海電車 お隣は関西空港

NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」
駅直結 ひときわ高くそびえるゲートタワービル

NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」
りんくう公園では散歩も楽しめます


待ち合わせは場所は、りんくう出島クリニック内。セミナールームでもあるのかしらと伺うと、通されたのは第3診察室。そこから、ヒョイっと顔を出された西垣内さん。見ると、診察机の上にはパソコンが2台と資料や備品が・・・あれれ、西垣内さんってドクターだった?

いえいえ、元は設計のお仕事が本職です。なんとクリニックのご厚意で、空いている診察室を患者会用に使用させてもらっている。週2回、そこで個別相談や自然療法の実習をされているのです。クリニック内に患者会のサロンが併設されているのは、全国でもここだけじゃないかな。

NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」
りんくう出島クリニック受付前で 西垣内さん(左)と編集長

NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」
ご自身の大腸ガン体験を語る西垣内さん

NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」
書の先生が寄贈された「治る」 心強くなります


この取り組みは、りんくう出島プロジェクトの一環で、代替治療、自助自然療法、治った人達との交流が所を変えず一ヶ所でできる場を提供しようというもの。その中にセルフケアをテーマにしている患者会が組み入れられているのは、たいへん意義のあることです。

「憩いの森お手当サロン」と称して、毎週火曜・水曜にりんくう出島クリニックにて、また毎週木曜は新大阪にて自助療法を体験、習得することができます。(有料) 毎月第3土曜日は「憩いの森セミナー」を開催。治った人の体験談、医師・療法家の講演、患者会、自然療法の紹介が催されています。個別の相談は、西垣内さんが応じてくださいます。

*西垣内さんのガン体験、憩いの森の詳細記事は、後日ガンの辞典にて掲載予定です。


NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」
毎週火曜と水曜に実施されている自然療法体験。ご自身やご家族が修得すれば、自宅でもできます。


◆NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」の公式サイトはこちら!

◆りんくう出島クリニックの公式サイトはこちら!


NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」
りんくう出島クリニックの待合室 サロンみたい

NPO法人 がんを治す情報サロン「憩いの森」
ハイパーサーミアは2台備えています。

他にも、高濃度ビタミンC療法、免疫治療、低容量抗がん剤療法、リンパ浮腫外来をされています。治療を受けていない人でも、憩いの森を利用することはできます。











 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

ほあ〜がんサポートネットワーク 2月講演会 14/02/10

横浜で開催された「ほあ〜がんサポートネットワーク 2月講演会」に講師として参加してきました。二日前、40数年ぶりの大雪に見舞われた首都圏。まだ日陰に沿って白い影が縁取りをしています。

ほあ〜がんサポートネットワーク
桜木町駅近く、みなとみらい地区にある会場にて開催

ほあ〜がんサポートネットワーク
写真撮ってもらいました

ほあ〜がんサポートネットワーク
後半のワークの様子


プログラム3時間のうち、前半を講演「ガン克服のための3つの物差し」、後半を「物差し作り」というワークに充てました。



ところで参加されたある女性患者さんが、傾倒した患者会・・・現代医学に否定的・・・に感化され、初期段階に手術する機会を失い3年半・・・リンパに転移し身動きが取れなくなった経緯を語ってくださいました。

病を治すにあたって、科学的な手法より、自然な手法の方が上位にあるという考えは、時として危険を伴うことがあります。なにもこの女性一人だけの話ではありません。自己の治癒力を発揮させるよう心身を養うことは根本的に間違ってはいません。しかしそれだけですべて解決しないのは、手術・抗ガン剤・放射線治療だけですべて解決しないのとなんら変わりはない。

標準治療で治った人たちは標準治療を崇め標準治療の医療機関とつき合う、標準治療で治らなかった人は、そこから離れてゆく。
代替治療で治った人たちは代替治療を崇め代替治療の医療機関とつき合う、代替治療で治らなかった人は、そこから離れてゆく。
自然療法で治った人たちは自然療法を崇め自然療法のグループとつき合う、自然療法で治らなかった人は、そこから離れてゆく。

それだけのことです。

医療機関だろうが、特定の療法を推奨信奉する団体だろうが、そこに残って声高に叫ぶ人は何らかの成功体験を得た人達だけである。しかし、ドロップアウトした人達のことには言及しない。

だから自分にとってどうかの見極めは、自分で感じるしかない。

体は様々な形態でメッセージを発するのです。
これだ!という閃き、ご神託、天の声、GOサイン。
それは偽装だという内部告発。
それは危険だという警告。
もう止めて、という悲鳴。

外部からの知識やインスパイアで、正しく思えたこと、やらなければならないと思えたこと、よかれと継続習慣化してきたことに対しても、発せらたメッセージに耳を閉ざしてはいけない。よくなった人にならって取り組んだ自助療法や自然療法でさえ、内部告発や警告や悲鳴の対象です。

人体の危機管理能力からすると、論理の脳で考えているポジティブなことに対して感性が発したネガティブ・メッセージにも、ちゃんと耳を傾けてあげるべきだと思うのです。

あなたを救う貴重なメッセージは、肯定形で表現されるとは限りません。むしろ危機を回避するためなら否定形で表れるかもしれません。

ほあ〜がんサポートネットワーク
終了後、チョー穴場のカフェで茶話会


◆ほあ〜がんサポートネットワークの公式サイトはこちら!

◆主宰のイーハトーヴクリニックの公式サイトはこちら!













ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 

いずみの会 12月定例会DVD


昨年12月7日に開催された、がん患者会「いずみの会」12月度定例会のDVDが届きました。当定例会には講師として招聘頂き、「ガン克服のための3つの物差し」というテーマでお話しをしてまいりました。小松さんの体験発表とともに、私の講話も収録されています。

がん患者会 いずみの会
おもったよりおっさんだなぁ(笑)


このDVDは販売されているようです。ご関心のある方は、「いずみの会」事務局までお問い合わせください。

なお、2月の定例会は2月1日(土)です。
会場は愛知県一宮市 尾張一宮駅iビル大会議室。
「がんのセルフコントロール」樋田和彦医師
「体験者発表」神崎勝彦さん
*詳細はこちら!








 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

がん患者会 いずみの会 定例会

「いずみの会」(名古屋市 1990年発足)は、老舗のがん患者会です。創設者で前会長の中山武さん(胃がん)が手塩にかけて育て上げて来られました。

がん患者会 いずみの会
創設から25年。がん患者会の老舗です。


【中山武さんのプロフィール】(中山さんとのガン対談記事はこちら!)
1981年、49歳で早期の胃ガンが見つかり手術を勧められる。内臓を切られるのがイヤで手術を拒否。主治医や副院長には怒られるも、自己流の食事改善や代替療法で対処する。その後しばらくガンの姿は見えなかったが、3年経ったころ1円玉ほどの胃ガンが再発した。さすがに今回は摘出手術を受けたが、手術後に「有転移進行性胃ガン(スキルス性胃ガン)で、半年後に転移するのは必至。助かる確率は1万人に一人から3万人に一人」と告げられる。医者から「ほとんど絶望」と言われたものの、元来の負けず嫌いの性格から宣告を受け入れる気はまったくなかった。現代医学から見放されたので、東洋医学に活路を見出すことにする。免疫力や自然治癒力でガンをなおそう。そのためには、健康な体に戻ること。ガンを生んだ体質から、免疫力や自然治癒力が本来の力を発揮する健康な体質に変えることに主眼を置き実践する。また健康のためには心のあり方が大いに関係することも学ぶ。不安や焦りを伴うストレスを減らし、前向きに生きることの重要性を実感する。2011年80歳で天寿を全うされた。

がん患者会 いずみの会
この日は各地より80名弱のご参加


いずみの会は隔月で定例会を開催しており、東海3県はもとより、関東や関西からも会員さんが参加されます。この度の例会(2013年12月7日)には、同会より講演を依頼され参加してきました。

冒頭、「手のひらに太陽を」を参加者全員で合唱。

開会にあたり、いずみの会顧問医の岡田恒良先生がご挨拶。ついで体験者発表がありました。小松真紀さんは、33歳の時に胃がんを経験。実は小松さん、いずみの会会員ナンバー1番です。第一号会員なのです。ご自身の胃がん体験を語られ、参加者には「いずみの会には元気ながん患者がいっぱいいますから励みになります。そういう方々と交流してください」とメッセージを送られました。

がん患者会 いずみの会
講演後は各地域別に集まって交流


私の講話はタイトルこそ同じなれ、ちょっと趣向を変えました。いずみの会のテーマ「がんは治る!」に沿った内容を、というリクエストを頂いたからです。

がん患者会 いずみの会
当日の資料と講演原稿。今年の流行語大賞も二つばかり流用(笑)


《がんが治る最低条件=あなたにとっての最良の生存をすること》

「がんが治ったら生存するのではなく、最良の生存をするとがんは治る」という主題でお話しを展開させました。うまく伝わっていたら、嬉しいです。


◆いずみの会の公式サイトはこちら!

◆いずみの会 関連著書













 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

NPO法人 緑の風ヘルスサポートジャパン訪問&つくばがんサロン視察

2013年6月28日、上野から常磐線で茨城県土浦市にある「NPO法人 緑の風ヘルスサポートジャパン」を訪問。

NPO法人 緑の風ヘルスサポートジャパン
常磐線 荒川沖駅下車

緑の風ヘルスサポートジャパン
駅前のビルに法人の事務所があります。がん患者さんの個別相談などもこちらで引き受けています。



NPO法人 緑の風ヘルスサポートジャパン理事長は野本篤志さん。薬学博士で薬剤師。大手製薬会社の開発部門で新薬開発に携わっていました。当然のことながら、薬で病気は治る、と信じていた。

緑の風ヘルスサポートジャパン
理事長の野本篤志さん(右)と編集長


ところが、お母様の4度にわたるガンを経験して医療観が変わったのだそうです。
長年勤めた製薬会社を平成19年に退職。同法人、および「ラポールの会」(がん体験者とその家族の会)を立ち上げ、サポート活動を行っています。

自分の中の『治る力』に気づくお手伝いのため、「くぬぎ野ふぁーむ」と呼ぶ農場まで運営されています。森林療法や園芸療法も体験できちゃいます。

緑の風ヘルスサポートジャパン
5000坪の敷地内にはブルーベリー、プラムを栽培。周囲は雑木林

NPO法人 緑の風ヘルスサポートジャパン
会員さんによるブルーベリー摘みは園芸療法的イベントでもあります

緑の風ヘルスサポートジャパン
ここも敷地内

NPO法人 緑の風ヘルスサポートジャパン
このスペースで青空ヨガ教室も開かれます

緑の風ヘルスサポートジャパン
もうすぐ完成! 北欧風の建屋はがんサロン会場にもなります



毎月開催されている「つくばがんサロン」にも同席させて頂きました。サイモントン療法創始者 サイモントン博士のDVDを観た後、参加者各人が近況を報告、語りあいます。

Tsukuba Casa
つくばがんサロン会場のTsukuba Casa  マクロビ・カフェレストラン

つくばがんサロン
カフェ内のレンタルルームがサロン会場

Tsukuba Casa
サロンの前にカフェでランチを食す。お茶はアーユルヴェーダ&ハーブ

Tsukuba Casa
安心安全なお野菜の販売も


Tsukuba Casa
こだわりの食材


NPO法人 緑の風ヘルスサポートジャパンの活動についての記事は、ガンの辞典にて掲載を予定しています。お楽しみに!



◆NPO法人 緑の風ヘルスサポートジャパンの公式サイトはこちら!

◆野本篤志さんの著書「がんが自然に消えていくセルフケア」














ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

「ガン患者の会ASUKA」(京都)の定例会(13/04/13)に参加

かねてからお願いしていた同会会員で膵臓ガン体験者さんの取材を敢行。取材終了後は定例会に同席し、大阪府茨木市のクリニック訪問のため中途にて退席。

ガン患者の会ASUKA 京都
二条城を横目に会場へ向かう

ガン患者の会ASUKA 京都
せっかくだから堀川沿いの遊歩道を歩いてみました


ご存知のように同日早朝、淡路島を震源とする地震が発生。交通機関の乱れもあって数名が欠席となり、参加者は10名でした。それでも、近畿圏からだけでなく神奈川県藤沢市や岐阜県から駆け付けた方もいらっしゃいました。(ガンの辞典に相談いただいた際に同会をご紹介した方と初顔合わせできました)

ガン患者の会ASUKA 京都
こちらです



ASUKAの特徴は、意識の持ち方に重点を置いていること。言い換えると、ガン治しも、生きるのも、イキイキ・ワクワク感を持てるようにするには?というのがテーマかな。そりゃ、口で言うほど簡単ではない。しかし、自分自身という生命体へリスペクトができなければ、生命力の光を失することになる。

代表の山口さんは「素直な自分軸、無理強いでない自分軸」という表現を用いていました。


◆ガン患者の会ASUKAの紹介記事はこちら!








ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島) 再訪


広島のがん患者支援サロン「ひまわりの会」の茶話会にお招き頂きました。

がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)
そうそう、これが目印!



およそ2年振りの訪問。今年1月には名古屋の患者会「語りあい」に同会の代表とスタッフの方が参加され、交流が続いています。


がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)
茶話会会場 常設のサロンですから、患者さんやご家族はサロンオープン中ならいつでも気軽に訪れることができます。料理教室ができるスペースもあります。



20名ほどが集まられた茶話会(代表と私以外はすべて女性)で、90分ほどお話してきました。

「ガン克服のための3つの物差し&自分でできる再発予防」

がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)
奥で立っているのが私です。参加者のプライバシーに配慮したので誰だかわかりませんが(笑)



この日の茶話会は時間配分に余裕があって、お話の後に質問を受けたり、ご意見ご感想を伺う時間もありました。こういう機会はとてもありがたい。患者さんの生の声を聞けるんですから。

主治医に「抗ガン剤をしないと死にますよ」と脅され、自分はやらないと思ったが、ご主人は抗ガン剤治療をすることを願った。「主人が納得するほうが私には幸せだった」と抗ガン剤を受けた。

ひまわりの会を友人に勧められ参加を即決した女性。どうして疑いもなく参加してみようと思ったの?「その時の友達の顔に一点の曇りもなかったからです」

ふむふむ。ご主人の穏やかな顔、友人の晴れやかな顔・・・理屈よりその顔の表情が決め手になったとしても、うん、いいじゃない。


がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)
左は宝石岩盤浴 右が岩盤浴ベッド 1回500円で使用できます。ご案内嬢はスタッフの西城さん。患者会(正式には支援組織ですが)で、このような温熱設備があるのは驚き!


さらに・・・
がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)
遠赤外線サウナ

さらにさらに・・・
がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)
なんと、低圧室(けあふ)まである!



会終了後は膀胱ガン体験者さんの取材。ご協力ありがとうございました。

がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)
ひまわりの会 スタッフさんが気を利かせて写真撮ってくださいました。ありがとね。



◆がん患者支援サロン「ひまわりの会」(広島)の公式サイトはこちら!

◆ひまわりの会 紹介記事はこちら!





ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

ガン患者会 NPO法人 WAHAHAの会(兵庫県姫路市)


姫路のガン患者会 NPO法人 WAHAHAの会(代表:国際中医師 木元聖花さん)の2月定例会に参加してきました。同会は毎月(8月と12月を除く)第3土曜日に開催されます。「がん予防大学講座」と銘打っての講演と「患者の集い」の二部構成です。

WAHAHAの会
主宰者の国際中医師 木元聖花さん



講演はガン体験者とゲストの2名が各1時間を担当します。実は今回、私がガンの辞典 編集長という立場で1時間受け持ちました。


WAHAHAの会
会場は姫路市勤労市民会館



【タイトル】
『がん克服に役立つ情報の活用法〜健康と病気の三つの物差し〜』


講演のベースになっているのは、昨年5月に作成した「三つの物差し」です。(ガンの辞典 無料レポート)すでに2回ほどこのテーマでお話しましたが、いずれも1時間の持ち時間だとちょっと窮屈。当日参加者にお配りする資料は、1週間前に主催者の方にメールで添付して送ってあります。う〜ん・・・前日もずっと思案していたのです・・・「そうだッ! 表にまとめてみよう!」 自分としてもすっきり話しやすくなり、聴講していただいた参加者の方にも好評でホッとしました。よかった(笑顔)


WAHAHAの会
ホワイトボードに前日閃いた表を書きながらお話しました



さて、前座の私のお話に続いては本日のメイン講師 春名伸司さん(中咽頭ガン4期を克服)の登壇。ガンの辞典には体験談も掲載させて頂いている春名さんの講演を拝聴するのは2回目。春名さんのガン体験・・・というより春名さんの人生は聴く者の細胞を奮わせます。
(春名さんは、ガン患者さんやご家族向けのワークショップも開催されています)


WAHAHAの会
体験談をお話しする春名伸司さん



そうそう、会終了後には当会会員で大腸ガン・肝臓転移体験者の塩本邦夫さんにインタヴューご協力頂きました。ありがとうございました。
→塩本邦生さんの記事掲載しました(2013年3月)こちらから!


WAHAHAの会
左から塩本邦生さん、編集長、木元聖花先生、春名伸司さん



◆NPO法人 WAHAHAの会の公式サイトはこちら!

◆国際中医師 木元聖花先生との対談記事はこちら!

◆春名伸司さんのブログはこちら!

◆春名伸司さんの体験談記事はこちら!

【春名伸司さんの著書↓】









ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料



【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 

笑いでガンを笑い飛ばそう! 山口考子さん 山形県鶴岡市

ラフターヨガ ココピトの会 山口考子
山形鶴岡み車で向かう途中、曇りながらあまりに稲穂が美しかったので・・・


ラフターヨガ ココピトの会 山口考子
山口さんとの待ち合わせ場所は出羽庄内国際村という施設

ラフターヨガ ココピトの会 山口考子
国際村の中にある「アマゾン民族館」 実は山口さんのご主人がアマゾン民族学の研究者。ここに展示収蔵されている3万点はすべて山口さんの所有。


ラフターヨガの創始者 Dr.カタリナの初来日記事が目に留まったのは乳ガンの手術後、入院中のベッドの上でした。“Laugh yourself healthy” 笑いで健康になれる?・・・そんなバカなと訝りながらも、退院予定の翌日に開かれるラフターヨガ・リーダー養成講座に申し込んでいました。

ラフターヨガ ココピトの会 山口考子
はじける笑顔の山口孝子さん

ラフターヨガ ココピトの会 山口考子
バックヤードも見せてもらいました


左の乳房にできた8cmのガンはステージ3b。化学療法と手術と放射線で治療しましたが、多数のリンパ転移、さらに肺に影が映り、医師の予想では肝臓への転移も懸念されるということでした。


初参加で笑いの力を体感した山口さんは、ラフターヨガにのめり込み海外のセッションにも参加します。ラフターヨガに出会って7ヶ月後、オーストラリアで5日間笑いまくって帰国し定期検査を受けました。すると、あるはずのガンがなくなっている。


この体験談については、山口さんの20代に遡って語らねばなりません。ということで、記事が出来上がるまでにはかなり時間がかかるでしょう(笑) 辛抱強くお待ちください(笑)


ラフターヨガ ココピトの会 山口考子
山口さんとパチリ



【お知らせ】

山口考子さんらガン体験者であり、ラフターヨガ愛好家の4人が立ち上げた「ココピトの会」 11月2日に【笑いでガンを笑い飛ばそう ココフェスタ】を開催します。東京 むさし府中商工会議所にて。


詳細はこちら!






ガン克服テキスト 

ガン克服レポート
ガン克服資料


【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×) 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 ガンの辞典
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM