おしゃべりサロン 2018/04/16

ゲストスピーカーは、ご主人の膀胱ガン(2011年5月発症 当時53歳)を二人三脚で乗り切った奥様。ご本人は、人前で話すのは苦手なようで、奥様が語ってくださいました。

 

 

 

【経過】
ご主人は、主治医から勧められた膀胱全摘出を受ける腹づもりであったが、奥様は予後の不便さを考え強く反対。玄米菜食など日常の生活習慣見直しに、素早く着手。2ヶ月後にはガンは縮小しており、主治医も全摘を口にしなくなった。同年の暮れにBCG療法を受け、その後は健康法を続け現在に至る。


【実践された主な療法、健康法】
玄米菜食、ニンジンジュース、琵琶の葉温灸、笑う、感謝、睡眠、整膚


お話しを聴いて感心したのは、奥様のガンとの向き合い方。猛勉強されて、ご主人のガン治しをリードされてました。とりわけ、意識の持ち方、思考パターン、言葉の使い方(脳の使い方でもある)が、「これなら治るわ!」と思わず唸るほど! お見事です。以下、要約。

 

◆ガンを小さくするには、きれいで元気な血液をつくって全身を循環することだと考え、それを達成する療法を選び実践した。
→自らが考え出した「治るとは?(治癒観)、健康とは?(健康観)」に基づいて行動した。

 

◆身内からは手術をしないことを反対されつらかったが、自分たちの信じる治り方をやり遂げた。
→他者の基準ではなく、自分の基準を信じた。

 

◆ガンは悪者ではなく、体のごみ収集場所という考え方に賛同
→ガンは敵ではない。体を助けようとしている。

 

◆不安や恐怖は血管を縮める。「治る:治らない」を手放し、命に執着しない。
→脳が体に指令を出しているから、心を変えて不安、恐怖、ネガティブな感情を手放す

 

◆膀胱ガンには意味があった。胃ガンや大腸ガンなら手術していただろう。他の人のお役に立つように、ガンを切らずに治せる体験をさせるため、目に見えない力が働いたように思う。
→宇宙意識的感覚は、大いなるものと繋がっている安心感となり死の恐怖が薄らぐ。

 


しかし、患者はご主人であって奥様ではない。ご主人は、どんな意識だったのだろう? 奥様が用意して下さったプリントには、「心を変えてくれたお陰で、優しくなり、妻の私は楽になりました。今は癌様々です」と綴ってあります。

 

そこで、質問をしてみました。
「ご主人の心は、ガンになる前と後で、どう変わったのですか?」

 

すると、
「ガンになる前は、なにか怒っているようなブスッとした態度でした。私も何かとやることがあったので・・・俺はお前のこと思っているのに、お前は俺の方を向いていないと不満があったようです」

 

あ〜、そういうことでしたか! 奥さんに、もっと、かまって欲しかったんですね。その、欲しいことを手に入れるため、人は何かの手段を使う。手段の一つとして、病気を使うことがあるのです。

 

とくに「ガン」は、自分に目を向けさせるには絶大なツールです。ご主人がガンと診断されたことで、奥様は親身を超えて、全エネルギーをご主人のために使うようになった。ご主人の目的は達せられ、必然、ガンは役目を終える。

 

以前は口にすることなかった感謝の言葉を、ご主人、奥様に伝えるようになったそうです。

 

 

◆いずみの会 公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 


6月25日(月) 神戸セミナー「ガンの世界が軽くなった話」のお知らせ

がん体験の取材にご協力頂いた、塚本ふゆみさん、豊秀之さんと、神戸でセミナーを催します。

 

 

こんいろりぼんカフェ
「ガンの世界が軽くなった話」

 

日時:6月25日(月)13:00〜16:00
会場:海岸通り防災コミュニティプラザ
(神戸市垂水区海岸通5)
入場料:3,000円

 

【演者】
塚本ふゆみ(2010年 肺腺ガン・脳転移 ステージ4)
豊秀之(2008年 直腸ガン 医療美容師)
小澤康敏(ガンの辞典 編集長)

 

主催:こんいろりぼんの会 事務局
問い合わせ・申込み:090-1671-1073(豊)

メールはこちら!

 

 

 

 

 

塚本さんと豊さんの体験談記事は、こちらに掲載しています。

◆塚本ふゆみさん

 

◆豊秀之さん

 

是非、お二人に会いに来てください!

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 


ライフワーク!? 2018/03/30

初発のがんから30年。その方は今、あるドクターを頼って、家族と離れた地に居住している。


情報を検索が日課で、療法を受ける際にはドクターのお墨付きを所望する。

 

「幸いなことに時間とお金に恵まれているので、治療に専念できています」

 

日々是、がん治し。

 

だとしたら、一生、がんを持ち続けるかもしれないですね。

 

ライフワークなんだから。

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


エドガー・ケイシーを取り上げた映画「リーディング」 2018/03/28

 

 

 

エドガー・ケイシー(1877-1945 詳しい経歴はこちら!)は、アメリカの透視能力者で彼のリーディング(催眠状態で語った内容)は幅広い分野で多くの恩恵をもたらしています。14,306件のリーディングのうち9605件は病気治療や健康法に関するものです。さらにその中の約500件は、ガンについて語られています。これらのリーディングを精査、研究して導き出されたのが「エドガー・ケイシー療法」(以下、ケイシー療法と称す)です。

 

以前、ケイシー療法を取材したことがあり、また実際にお会いした日本エドガー・ケイシーセンター会長 光田秀さん、ドクター、患者さんご家族が出演されていて、たいへん興味深く観ることができました。

 

病気の対処方法だけではなく、肉体と心と魂の三位一体で人となり、この3つが調和することで完全なる健康体になれると述べたケイシーの生き方、考え方、心の持ち方なども紹介されています。


映画では、光田代表の解説、ドクターの見解、患者さんの治癒証言から、ひまし油湿布などケイシー療法の具体的メソッドに目が行きがちです。しかし私が着目したいのは、催眠状態のリーディングによってアクセスされた情報を自分宛てのメッセージとして受け入れた患者さんたちの心です。リーディングで導き出された情報は、「叡智」と考えられます。現代科学を超えたスピリチュアルなアプローチを受け入れ、信じた。

 

叡智は、同時に私たちの内にも存在している、と私は思います。そして私たちは本来、自ら叡智にアクセスできる存在です。必ずしも、ケイシーのような手順を踏む必要はありません。催眠状態にならなくてもいいのです。アクセスを阻害するものが解除されたとき、直感やひらめき、心の叫びとして表出します。

 

アクセスを阻害するのは、執着、囚われ、エゴ、不要な記憶、他人の価値観などです。それらがクリアになって導き出された情報は、ケイシー療法とは異なるかもしれません。でも、それでいいのです。

 

人類の代理として叡智にアクセスしてくださったエドガー・ケイシーの情報も、自分自身でアクセスした叡智も、いずれも尊いものなのです。結果、出て来た情報が標準治療であろうと、何もしないことであろうと、叡智なのです。

 

決して難しい修行を要するものではありません。ほら、清々しく開き直って治った人、いるでしょ。

 


◆リーディングの公式サイトはこちら!

 

◆ケイシー療法の記事はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


健康自然料理教室(名古屋) 2018/03/15

玄米おむすびの会(名古屋や東郷町で活動)が主催する自然食、穀物菜食の料理教室です。年4回ほど開催。

 

 

 

講師の伊藤先生(左)と玄米おむすびの会 共同代表の村田悦代さん(村田さんは乳ガン自然退縮経験者

 

 

この日のテーマは、「糀たっぷり健康美人」

 

料理の前に、講師の方がミニ健康講座として、味噌、糀、春のデトックス、ビタミンB群、酸化、糖化について解説してくださいました。

 

 

ソフトな語り口の伊藤先生

 

 

 

食事は、体内の物理的環境を改善する基本です。栄養学の観点からの栄養摂取は大切です。それに加味すべきは、この地に暮らす私たちの体は、この気候風土で生きる「生き物」であるということです。悠久の歴史の中で身体を適応させた生き物が、種を継続させることができます。

 

風土や民族特性からあまりにかけ離れた不自然な食がプログラムを乱すことは、狂牛病(牛海綿状脳症)で思い知らされました。草食動物の牛に、肉骨粉を食べさせました。成長促進と経済効率のため、共食いを強制されてしまったのです。

 

この日は少なかったですが、いつもは20名ほどが参加されるそうです

 

 

では、野生の動物のように、人にとって正しい食事はあるのか? (世間には様々な食育、健康食、食事療法がありますが)

 

人が動物とちがうのは、たとえ代謝能力が同じであっても、そこに個人の意識や記憶が介入することです。ですから、一律的に「正しい食事」はないと思います。

 

【民族的に健康な食生活+個人の健全な意識に基づく食事】なら、いいんじゃないでしょうか。病気が主役の食事は、あまりよいとは思えません。

 

かくいう私も、あまり褒められた食事はしていませんが、この日は思いがけず細胞が喜ぶ料理をいただきました。

 

 

【本日のメニュー】

 

玄米ごはん すりごま塩かけ

 

糀のスープ 具はさつまいも、しめじ、ワカメ、長ねぎ だしと醤油糀、大豆のペースト

 

焼き厚揚げのトマト糀ソース

 

人参のさっぱりサラダ 酢、塩糀、オリーブ油、白炒りごまで和える

 

青菜のくるみ糀和え

 

いちご甘酒寒天

 

ごちそうさまでした!!

 

 

 

玄米おむすびの会 共同代表の稲垣泉さん

 

 

 

健康自然料理教室、年内の開催は、6/14、9/13、11/15です。(詳細は下記ブログにてご確認ください)


◆玄米おむすびの会のブログはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


2018年6月9日「がん治っちゃったよ!全員集合!名古屋」キックオフミーティング 2018/03/13

通算15回目、イベント発祥の地 名古屋では4回目となる「がん治っちゃったよ!全員集合!」6月9日の開催に向けて、キックオフミーティングを行いました!

 

12名+エア1名の参加(笑) 地元イベント経験者がコアスタッフなので、心強いです。今回は、出演者全員が一般サバイバーさん。しかも医学的には、厳しい診断をされた方々。がんなおの原点回帰的キャスティングです。

 


あらためて、【「がん治っちゃったよ!」の趣旨】

 

特定の治療法を勧めるものではありません。また、治療しないことを勧めるものでもありません。

 

「治っちゃったよ!」と表現するのは、決してふざけているわけではありません。まず、治療中の方に「治っちゃったよ!」というイメージを作ってもらう目的。病を治すことではなく、治ったあとの未来の自分に焦点を合わせ、そのために今できることをする。

 

治療もないがしろにせず、自分らしく生き、やりたいことに夢中になっていて、気づいたら「治っちゃったよ!」という状態を目指します。がんと宣告されても終わりじゃない、できることはあるということを、社会に広めていきたい。

 


そうです。本来の自分に“リボーン”するきっかけになって頂ければという想いで、発起人、出演者、スタッフ一同、皆様をお迎えする所存です。

 

ミーティング参加スタッフ(ほぼ体験者)も、いろんなきっかけでリボーンしてます。

 

救急車リボーン!
笑っていいともリボーン!
ガンでも仕事あるぞリボーン!
リボーン洞戸でリボーン!

 

発起人の杉浦貴之さんのライブでリボーン。織田英嗣さんのめぐみ音でリボーン。則武謙太郎さんの己書でリボーン。

 

そして、「がん治っちゃったよ!全員集合!」でリボーン!

 

Yes! This is me!


来てね(^^)/

 

 

◆イベント詳細・お申込みはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 


【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


「あなたは「意識」で癒される」 ディーパック・チョプラ フォレスト出版

本書は、1989年刊行『Quantum Healing』の増補版です。(米で2015年に刊行) Quantum Healingは「量子的治癒」と訳されています。

 

「量子」は物理学用語ですが、量子的治癒とは目に見えないエネルギー、心身のつながりによる治癒を表しています。30年前のことですから、非科学的と懐疑的に扱われたことは、想像に難くありません。(日本では現在でもまだまだ肩身が狭いでしょう)

 

心がどのように病気の治癒に関与するのかを、従来の医学や生理学では十分解き明かせていません。量子力学を用いて考察することで、仮説ながらもかなり信憑性を高めているように感じました。(仮説の域を出ないのは、物質的測定ができない領域だからです。
しかし、この30年間に心と体の結びつきに関して行われた数々の研究結果が引用されています)

 

ただし、論理的に読むところと、感覚的に読むところを、整合させながら読み進める作業が求められます。

 

筆者は、最終的な「量子的治癒」のシンプルな定義とは「平和をもたらすもの」と論じています。気の利いた日本語にするなら、「安心立命」でしょうか。インド出身の医学博士だけに、量子的治癒を促すツールとしては、アーユルヴェーダの技法を提供しています。

 

治癒において「意識」がどれほどの関わりを持つかについては、想像以上に大きなスケール(と同時に無である)ことに、思いを馳せてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポートガン克服資料

 


【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


愛知県がんセンター公開講座 2018/02/17

今年度最後となる5回目の公開講座。

 

 

 

【がん免疫療法の新しい展開】

 

研究所の腫瘍免疫学部部長、中央病院から薬物療法部部長、頭頸部外科部医長が、講演されました。

 

主たるテーマは、「免疫チェックポイント解除療法」です。

 

がん患者体内には、がんを特異的に攻撃できるキラーT細胞が存在しますが、ブレーキ(チェックポイント作用)がかかって働くことができません。ブレーキとなるCTLA-4、PD-1などの作用をブロックする抗体を投与すると、悪性黒色腫、肺がん、胃がん、頭頸部がん、リンパ腫、尿路系に発生するがんなどの患者さんの一部において、著明な効果があることが確認されてい ます。(以上、配布資料より抜粋)


免疫は、体に害を及ぼす異物を排除してくれます。その際、味方と敵(自己:非自己)を識別し誤作動を起こしたり、過剰に攻撃しない仕組みを持っています。

 

・胸腺でのネガティブ選択(中枢性)
・制御性T細胞(末梢性)
・免疫チェックポイント(ブレーキ)
〈がんの破片→樹状細胞→キラーT細胞→がん殺傷→破片〉という「がん免疫サイクル」に、チェックポイント作用でブレーキがかかってしまうと、がんが増殖してしまいます。ブレーキを解除してがん免疫サイクルを正常に戻すのが、免疫チェックポイント解除療法です。

 


【特徴】
・多種類のがんに有効
・著効する人がいる
・長期に効果が持続する人がいる
・効かない人もいる
・副作用もある・・・甲状腺機能低下症、下痢、腸炎、肺炎、倦怠感、発疹(ステロイドで対応)
(効果発現は約20%=4人に1人 他剤との併用療法も研究中)

 


【効果を左右する因子】
・がん組織におけるPD-1量
・がんのDNA変異数・・・ミスマッチ修復異常のある人(Missmatch Repair Deficent) キラーT細胞はネオアンチゲン(変異したペプチド)に強く反応する
・腸内細菌叢(仏/米からの報告)・・・特定の善玉菌、悪玉菌の存在が効果に影響する。ただし、仏、米の研究機関が特定した菌はそれぞれ異なる。民族、食文化が背景にあるのか?

 


今までの免疫療法では得られなかったエビデンスが証明されたことで、一部のがんで保険適用が承認されています。

 

しかし、演者の方も再三話されていましたように、決して“魔法の薬”ではありません。加えて、まだまだ研究途上、臨床を積み重ねている段階であることも、ご理解願いたいと言われていました。

 

胃がんでは、2種の分子標的薬に次ぐ3次治療として位置づけられています。頭頸部がんは、再発・転移で従来の治療での根治が見込めない患者さんが対象です。

 

ゲノム医療の進歩で、今後もますますピンポイントでの治療薬が開発されるでしょう。これまでの薬物療法では得られなかった、大当たり的寛解(まるで手術で切り取ったような腫瘍消失)が出ているのも事実です。ただしその分、一つの薬剤が打ち込まれる的は、数もサイズも小さくなります。

 

トランプ大統領が、銃乱射事件のあった関係者との会談で、銃を規制するのではなく、学校に銃を保管し教員や警備員に応戦させれば被害を食い止められると発言していましたが、なんと破滅的な思考なのか!

 

次から次へと打ち込まれる矢をかわす強者がん細胞が出てきたら、そやつは恐ろしい魔物なのだろうか? それとも、ただ何かを必死に訴えたいだけなのだろうか?

 

 

 

◆愛知県がんセンター

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


聡哲鍼灸院 東京 2018/02/19

聡哲鍼灸院院長 遠藤聡哲先生は、15年のサラリーマン生活を経て鍼灸師・あん摩マッサージ師の資格を取得。勤務された医療機関が、西洋医学と東洋医学を融合したガン治療を提供していたため、多くのガン患者の臨床経験を積まれました。

 

現在は、目黒区自由が丘で開業。ガン専門の鍼灸院として植物による養生法を提供、指導されています。

 

 

お名前のとおり哲学者の雰囲気漂う遠藤聡哲先生

 

 

 

びわの葉温灸、生姜湿布、里芋パスタなどの自然療法。アロマテラピー。パッチフラワーレメディ。加えて、ここ数年はエドガー・ケイシー療法も導入されています。

 

遠藤先生をお訪ねし、独自の取り組みを伺ってきました。記事が出来上がりましたら、ガンの辞典に掲載します。

 


◆聡哲鍼灸院の公式サイトはこちら!

 

◆遠藤聡哲先生のブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料


【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)


六本木HATクリニック 福田智信院長 2018/02/19

開業されて2年。通常の保険診療を地道に行い、ついに満を持してクリニック名でもある「HAT」の提供が整いました。

 

 

福田智信院長(右)と編集長

 

 

HAT(Hyperthermia Aqua Therapy)=温水を用いた全身温熱療法。

 

温熱療法は様々ありますが、HATの特徴は、
「特殊な浴槽を用い、お湯に浸かり、体温そのものを上昇させます。お湯の温度を直腸温に対して一定温度(2〜3度)高めに設定し、直腸温が上がると、湯の温度も平行して上昇するよう温度制御し、効率的に体温上昇を図ります。目標とする体温設定は、治療開始時の直腸温からおよそ+2℃ほどの39〜39.5℃となります。治療時間は個人差はありますが60分から70分です。(同クリニックのリーフレットより)

 

前勤務先でHATに携わった経験から、福田院長はこの療法が全身循環、代謝改善、免疫力の増加、ホルモンや自律神経バランスの調整に有用とお考えです。

 

今後は治療を提供すると共に、データの裏付けをさらに積み重ね、HATを医療として普及したいという構想もお持ちです。

 

HATの詳細記事は、ガンの辞典に掲載予定です。

 


◆六本木HATクリニックの公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

ガン克服テキスト


ガン克服レポート
ガン克服資料

 

【ご注意!】ブログ提供会社の都合で下記広告が勝手に表示されますが、ガンの辞典とは一切関係ありません(↓×)

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
sponsored links
ガン克服シリーズ

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

ガン療法
image2 ガンの辞典
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM